図からの手順が珍しい手筋でおもしろい。

▲4四歩△同歩▲4五歩△同歩▲4四歩△4六歩▲2六飛△4七歩成▲同金△4三歩▲同歩成△同銀▲4四歩△5四銀▲4五銀△同銀▲同桂△4二歩▲3四歩△同歩▲4三銀。

▲4四歩から継ぎ歩はちょっと感動。相掛かりでもこういう手筋発生するんですね。手はこうやって作るものなのかと勉強になりました。

また、後手の羽生さんが最強の手で応じるからおもしろい。