節句と聞くと思い出すのは 3月3日の桃の節句と5月5日の端午の節句ですよね。

でも実は節句というのは1年に5日あるのをご存知でしたか?。

 

  • 1月7日 人日の節句(七草がゆ)
  • 3月3日 上巳の節句(桃の節句)
  • 5月5日 端午の節句
  • 7月7日 七夕の節句
  • そして9月9日の重陽の節句

 

以上五節句といって江戸時代に定められた祝日なのだそうです。

日本では奇数は縁起の良い陽数と考えられていたので、奇数が重なる日をお祝いの日と定めたと言われています。中でも一番大きな陽数である〝9〟が重なる9月9日は、陽の日が重なる日として

「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願って昔は広くお祝いをしていたといいます。

 

 

 

五節句の中でも、1番最後を飾る重要な祝日だった「重陽の節句」。今はその存在さえも知っている人が少ないと思います。今回は、こよみから知る日本の食文化として、重陽の節句と食べ物を紐解いてみたいと思います。

 

節句と植物

五節句にはすべて植物が関係しています。

  • 1月7日は 七草
  • 3月3日は 桃
  • 5月5日は 菖蒲
  • 7月7日は 笹
  • 9月9日は 菊

 

五節句の植物を並べてみると、どれも身体によく厄を祓うという植物ばかり。

季節の節目節目に、厄を祓い 健康長寿を願うという風習が祝日となったのがわかります。

※それにしても日本人は1年中厄払いしていますよね。

 

重陽の節句のはじまりは古く平安時代

重陽の節句の習慣は中国から伝わったとも言われ、平安朝の貴族たちが中国から伝来した珍しい菊を眺めながら宴をし、菊を使って厄払いや長寿祈願を行ったのが始まりと言われています。この習慣がやがて民衆にも広まり、江戸時代ごろには五節句の1つとして祝われるようになりました。

 

 

重陽の節句の過ごし方

旧暦の9月9日は今ですと10月の中旬。まさに菊が美しい季節ですよね。

古来、菊は薬草としても用いられていて、長寿のパワーをもつと言われていたそうです。

また、皇室の紋章にも使われているように、日本の国を象徴する花でもあります。

菊の節句では、菊をつかった様々な風習がありました。代表的なものに「被せ綿」があります。

節句の前日に菊の花に綿を被せておき、翌朝に菊の露や香りを含んだその綿で身体を清めると長生きできる、というものです。なんとも雅で、平安時代の貴族が行っていそうですよね。

 

それ以外でも、菊湯、菊枕、菊合わせなどがあり、菊合わせは今でも菊人形展という形で行われています。日本にとっては神秘で高貴な菊を使い、当時は様々な形で厄を祓い 健康長寿をお祈りしていたようです。

 

重陽の節句の食べ物

では、重陽の節句を祝う食べ物はどんなものがあったのでしょう?

 

栗ご飯

江戸時代から重陽の節句には栗ご飯を食べる習わしがあったそうで、重陽の節句は別名「栗の節句」と呼ばれています。

 

 

・秋茄子

重陽の節句は庶民の間では「お九日 くんち」と呼ばれ「長崎くんち」や「唐津くんち」のお祭りはその名残りだそう。おくんちに秋茄子を食べると中風にならない。という言い伝えもあるのだそうですよ。

 

・食用菊

山形などのでは菊を食べる習慣が今でもありますよね。食材として栽培された食用の菊は、おひたしやサラダ、お吸い物などにして食べる事が出来ます。群馬でも10月くらいになると時々販売されているようです。

 

 

農耕民族の日本人にとって、天候などの自然の驚異は大きな問題でした。

日照りが続けば水不足となり、雨が続けば農作物は腐ってしまいます。そして人もまた同じ。八百万の神々に祈りを捧げ、常に魔や厄を祓い 健康に健やかにと願うことで自然と共存してきた民族なんだと思います。

旧暦の9月9日は10月になりますので、その頃に古来の風習を行ってみるのも素敵なことかもしれません。こよみの暮らしを取り戻してみると色んな発見がありそうです。

 

キッチン風の穂も重陽の節句をお祝いしてみました。

 

ランチタイム限定で、栗ご飯と雑穀米をお選びできるようにしました。

スーパーのお花コーナーで買ったお花でなんとか生け花も・・・。

あ~ちゃんとお花屋さんでお花を選びたかった!。

旧暦の9月は9日は来月の中旬くらいなので、その時はもう少しちゃんとお節句をお祝いできたらと思っています。

 

 

西企画のゆうきこよみ2021

ゆうきこよみ2021とカレンダーを当店でもお取り扱いいたします。

9月9日から一般発売開始。

当店では14日から販売いたします。