いつも、いつもブログを見ていただきありがとうございます音譜
このご縁に心より感謝いたしますラブラブ
 
行ってきました!大ちゃん(高橋大輔)に会いに…音符
場所は、大阪市中央公会堂です。
 
「8Kで蘇る!高橋大輔選手感動のNHK杯」パチパチぱちぱちパチパチぱちぱちパチパチぱちぱち
いつも一緒にフィギュア観戦に行っているお友だちが、応募してくれましたpin
近畿選手権にずこぉ~んっと漏れて失意のどん底にいた私を救い上げてくれたぁ~っありがとう
それも、4500通の応募があった中、18倍の競争率の中…見事に当選するなんて…あ~はーと神やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっお願いお願いお願い
そんな彼女に御礼をすべく…私はこの日、嗅覚を研ぎ澄まし…ある事をした…sao☆ ←おっと、これは後でお話しすることとしますぅ。
 
さてさて、私たちの整理番号はかなり後ろ…
自由席となっていて、整理番号順に呼ばれ席に着くわけですが、なんと!ここでも強運を発揮音符
たまたま空いてた2列目の席…おおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっあたふたあたふた
8Kの大画面が見えにくいかと思ったけどそんなことはなかった!
目の悪い私には調度ええわにこ
まずは、大画面で8K画像で2013年だっかしら?blueのNHK杯画像を50分近く楽しみました。
懐かしかったあ~。無良くん、織田くん、フェルナンデスさん、大ちゃんのショート・フリープログラム、どこの誰?blueと最初分からなかったリッポンちゃん音符←ごめんなさぁ~い汗
皆、若い~泣 懐かしい~泣 素敵すぎるぅ~泣
この8K画像は音良し、画像良しで迫力ありすぎ、臨場感ありすぎ…アリーナ席の一番前よりも前の特等席で競技を見ている感覚…
思わず、拍手してしまうし…叫び声上げそうになるし…スタンディングオベーションしそうになるし…
私はいったい今どこぉ~状態でしたわら
チケット取れなかったら…こんな大画面の8K映像でライブビューイングしてくれないかなぁ。と思ってたらどうやら…今度のフィギュアNHK杯は一部地域で行うそうです。
がっ!大阪がないっ!
なんでぇ~っ!!!! NHKさん、お願いしますお願い大阪で行ってください~お願いお願いお願い ←これマジやで!
 
と…話がずれてしまいましたためいき
こうやって、映像を観た後、いよいよ大ちゃん登場ですっ音符
皆の「おかえりなさぁ~い」の言葉とともに。
近いんですけど…とっても近いんですけどぉ~はーとはーとはーと大ちゃん、近い~っ!
もう、この時点で私は…舞い上がってしまって…目もはーとはーと
 
大ちゃんのトークの場はとてもたっぷりペロン 
大ちゃんの2002年の映像が出たとき…そう、これは大ちゃんが初めてNHK杯に出場した時。
まだまだ、前髪もまっすぐの田舎の真面目な高校生スタイル…
そんな映像を観て、大ちゃん自ら「田舎の少年」「眉毛太い」みたいな事をお話しされ大爆笑。
いやいや、大ちゃん…私も岡山県出身…
田舎だといわんでぇ~と心の中で叫んだわら←けど、ほんまに田舎の少年だった汗けど…
また、大ちゃん20歳くらいの時の映像が流れたときは、ちょっと、ちょっとぉ~っていうくらい眉毛が細く髪の毛も襟足が長いスタイル。
そうそう、そんな時代があったなぁ~ペロン
それと、大ちゃんのくどい? いや、色っぽい演技のきっかけは、どうやらニコライらしい。
顔を撫でる動作はニコライの振り付けで、これからどうやらそれらの動作が濃くなったらしいです笑 私は好きですけどね音符
 
そうやって、今に至るまでの演技をおいかけながら、大ちゃんトークは楽しかったですよ。知らなかった色々なお話をたっぷりお聞きすることができました。
衣装の話から引退までの話などなど…
 
そして、私が知りたかった、今回の近畿選手権の話。
現役復帰して良かったとの事。この言葉、とにかく私は嬉しかったpin
大ちゃんが何故、今ここに復帰してきたのか?blue奥の奥にある考えも知る事が出来ました。
今の最終目標は全日本の最終グループに残ることだそうです。
現役不在の間に後輩たちがかなり成長していて、もちろん不安なんだそうですが、
「若い子には負けない。でも負けるのは嫌じゃない。負けたくない気持ちはあるけど、もし負けても嬉しい」
と言う大ちゃんの言葉。これ…凄いと思いません?blue愛がたっぷりやなキラキラ
フィギュア界をよりもっと多く後輩たちに盛り上げてもらいたいと思っての今回の復帰なんだなって…私は勝手に解釈しました。
正直、今の男子フィギュアは…上と下のレベルが開きすぎている
思います。きっと、それは絶対的な男子のフィギュア人口が少ないのかも知れないです。
女子においては、レベルの高い子たちが男子に比べて多いのは…それなりにフィギュアをしている子たちもある程度(まだまだ少ないけど)男子よりは多いこともあると思うんですよね。
 
何かしら、盛り上げの意味も多少含まれているのかなと…まぁ、これは私の個人的意見なので…何とも言えませんけどね。
 
話は変わって、近畿選手権のフリー演技の時、スタートの振り付けを間違えてテンパったそうですが…
何がどう間違えたのか、たぶん誰も分からなかったはず、
その事を振り付けしながら説明してくれました。
何でも、後ろに延ばした腕を前に出した後、もう一度肘を曲げて後ろに構えるはずだったそう。
そこを少し間違えたことによってテンパったんだって。
その後、ジャンプの失敗が続き、ループで転倒したら笑えてきたそう。←おっと!しょーまも出来なさ過ぎて笑えて来たって言ってたぞぉ~にこ
後、大ちゃんは、点数が出てもあまりよくわからないそう。何点とれば良いかなどなど今でもよく分からないって…
ま、まっ、まじかっあたふたあたふた ←大ちゃん、それ今言ったらあかん汗しょーまは分かってるみたいだぞ…なんか、同じ匂いがするぞ。
 
そう、芸術性のある感動する演技をする人ってのは…感覚で生きているんですよね。
頭であれこれ難しいことは考えて無いんです。ある意味、「無」なんです。
身体の動きと音と感性が一体となって「無」の境地であの感動的な演技が生まれていると思うんです。
感覚が優れているんだと思うんですよ。
だから、しょーまといい、大ちゃんといい、そんな感覚であるところに大きな魅力があるんでしょうね。
 
今回の近畿の大ちゃんの演技を観て、それは益々感じました。
ジャンプで転んでも…感動を与える演技だったことがそれを証明していると思います。
 
東京まで「氷艶」を観に行った時も、とにかく大ちゃんの表現力に感動しました。
 
益々、そんな表現力などなどを一段と増して復帰して下さったことに本当に感謝です笑顔
 
とにかく、まだまだ沢山の秘話や思いを話してくださいましたが…あまりに盛りだくさんだったのでブログで紹介しきれません。
 
これは、個人的な話ですが、大ちゃんはやはり岡山県人ですね。今でも。なにかしら同じ香りがします(笑)懐かしい~、きっと、同郷の人にしか分からない言葉の発音や県民性というのか…?blueまだ、しっかり残ってました。
 
そんなこんなで…かなり割愛しましたが2時間の楽しい時間も終わりました。
 
と…ここでブログの最初に記していた
彼女に御礼をすべく…私はこの日、嗅覚を研ぎ澄まし…ある事をした…
という話。
 
それは、
私は中央公会堂に着いてすぐに、大ちゃんの車を見つけていたんです。あえて探したのではないです。
偶然目に入ってきたんです。
それも声が聞こえてきた~みたいな…そんな感覚。
ひとつ言っておきます。私は大ちゃんの車が何なのか全く知りませんでした。
けど、そうだと分かっていたというのか…とにかく、呼ばれた…
 
イベント終了後、帰り際にその車を見て帰ろうとそちらの方に行くと、係の方がわざわざ私たちに声をかけて下さり、こちらでお待ちくださいと…
なんと!、中に出待ち用の場所が設定されていました。
NHKさんの計らいに感謝しました。
 
まっ、まじかっ…そんな汗そんな話があるのかぁぁぁぁぁぁぁぁっ汗
 
その場にいたのはほんの数人…10人もいなかったんだけど…
自ら車を運転する大ちゃんにバイバイすることが出来ました。
なんと、大ちゃん、窓を全開に開けて笑顔でカッコよく去って行かれました。
と言いたいところだけど、そのすぐ先の赤信号で止まってたけど(笑)
 
私の人生初の「出待ち」体験が大ちゃんだったということ…これ、最高ラブラブ ←この事を大切にしたいので今後も出待ちはきっと誰であろうと私はしないと思います。人生一度っきりの出待ちは大ちゃん!
と私の中で完結させようと思います音符←そもそも、そんな勇気は持ち合わせてません~ひよざえもん がーん 今回はたまたま…の出来事でしたのよにこ
 
しかし…あの出待ち…誰もいなかったらどうなってたんだろ(笑)
きっと、これは大阪ならではの設定だったんでしょうね。
普通はたぶん、車でイベントに行くななんて事は無いでしょう。
 
次は、全日本…で必ず会えるはずです はーと完はーと
 

友だち追加

矢印LINEでお得情報発信中ビックリマーククリックドキドキ

 

※お問合せは下こちらへ※

曼荼羅講座常時受付中  こちらをクリック

曼荼羅リィーディング ←こちらをクリック

霊視・霊感タロット  ←こちらをクリック 

糸かけ曼荼羅作成 ←こちらをクリック

レイキお申込み  ←こちらをクリック

 

好やじるし 詳細・お問い合わせは  「曼荼羅アーティスト・ヒーラー花山」HP 

をクリックしてご覧くださいねはあと

 

いつもブログの応援どうもありがとうございますドキドキ下記の にほんブログ村・人気ブログランキング・blogramもご覧くださいね。


にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

ブログランキングならblogram

 

読者登録してね