見直しと復習 | 中学受験父さん

中学受験父さん

学もお金もないダブルワーカーのお父さんが初の中学受験を兄と経験し、兄は中高一貫校へ。その影響から妹も中学受験塾に行きたいと言い出す。二度目の中学受験に…2023年の受験に挑戦したいブログです


今、我が家の勉強スタイルは基本的に復習をメインにやってます。

そしてその復習をしてみると色んな事が見えてきました。




その中で一番感じたのが





見直しは復習ではないと言うこと

皆さんもテスト後に見直しをしますよね。

不正解だったもの、ケアレスミスをしたもの、正解しておきたい正答率のものなど

でも何気に

その見直しだけで終わっていたりしませんか?

言葉的に適切ではないかもしれませんが、

見直しだけで復習した気分になってませんか?

正直に言うとお父さんは兄の時結構そんな感じなところがありました。

そして今、妹との勉強は基本的に復習タイプでやっているなかで、【あ〜前のやり方はダメだったなぁ〜】と感じてます。


見直しはあくまで見直しなだけだったと…

というより冷静に考えれば当たり前ですよね
(^◇^;)

間違えた問題を一回見直したくらいで完璧(ほぼ)になるくらいなら、普段の勉強がどれだけ楽か!

塾で授業受けて、家でテキストやって間違えたところだけもう一度やったからと言って納得いく点数なんて取れてませんよね?

それなのにテスト後は見直ししただけで、どこか復習した気になってました。

そして今
基本的に復習タイプでやっていくと色んな事が見えてきました。



復習の難しさもよ〜〜くわかりました(T . T)

五年生になり授業日数も増え、毎週のようになんらかのテスト、勉強ばかりもさせれないので遊びに行かせたり…

復習する時間って本当になかなか取れない

でもそこを上手くやっていかなくては我が家にこの先はないのではないか?なんて感じてます。





お父さんの勝手なイメージですが

優秀な子は皆先取りを上手くやっていると思ってましたが、実は(先取りしながらも)復習を上手くやってるのではないか?なんて最近思えます。