理想の結婚 ~海老蔵×麻央の場合~ | 愛される女になりなさい

愛される女になりなさい

『婚外恋愛』に悩んでいるあなたへ。


テーマ:

結婚相手に求める具体的な人物像はどのようなものか。

前回 、独身男性は「癒し系」と呼ばれるような、「従順で素直で笑顔がかわいい人」を理想とする人が多いのでは・・・・ということを書きましたが、それを象徴するニュースとして記憶に残っているのが、市川海老蔵氏と小林麻央氏の結婚です。


芸能人同士の結婚、それも、歌舞伎という伝統芸能を支える家柄の話ですから、私たち一般人の感覚では計れない部分もあるとは思いますが、この二人の結婚報道を聞いて、日本中が少なからず感じたであろうことを、私自身も感じていました。


海老蔵氏といえば、数々の浮名を流したプレイボーイです。

数年前には、「隠し子騒動」もありました。

歌舞伎界を背負って立つ若きプリンスであり、その実力と人気を知らない者はいないでしょう。

精悍な顔立ちで二枚目だと思いますし、キャラクター的にも、恐らく、「肉食系」の人です。

女性との噂が絶えないのは、当然のことだと思えます。


一方の麻央氏は、お天気キャスター出身の、「清純派」の女性だと思います。

先に紹介した形容で言えば、「従順で素直で笑顔がかわいい人」というイメージそのもの、と言ってもいいのではないでしょうか。(あくまでイメージの話です)

恋愛の報道も、海老蔵氏が初めてだったようですし、早朝のお天気ニュースから深夜の報道番組を伝えるにふさわしい、さわやかで真っ直ぐな印象を与える人だと思います。


二人がそれぞれに生きてきた世界、身にまとう雰囲気は、驚くほど対照的です。

「芸の肥やし」という言葉があるように、女性と関係を持つことが仕事の一環とも言える海老蔵氏が、数々の経験を経て、「一生愛し続ける」と結婚相手に選んだのは、いかにも育ちの良さそうな麻央氏でした。

美しい女性と自由に恋愛してきた海老蔵氏でさえ、結婚相手に求める理想は、オーソドックスでストレートであった……という、妙な驚きがありました。


ひとつには、「梨園の妻」として迎えるにあたっての、海老蔵氏の家柄ならではの事情も無視できないでしょう。

麻央氏が、「梨園の妻」に向いているのかはわかりませんが、自己主張や自己表現が求められる「女優」という仕事をやってきた人よりも、適応力が望めるようにも思います。

中には、扇千景氏のようなタイプの人もいますが、いずれにしても、「梨園の妻」という仕事は、大変な苦労を強いられるものだというのは想像がつきます。

誰もが務まる仕事ではないとすれば、その点でも、麻央氏の放つ雰囲気は、結婚相手としてふさわしいものだったということになります。


また、結婚会見の一部を見ましたが、海老蔵氏がさかんに「彼女を守りたい」と言っていたのも印象的でした。

彼なりの愛情表現なのかもしれませんが、私には、「女は男が守るもの」というような、古風な男らしさがそう言わせているようにも見えました。

海老蔵氏が理想とする家庭像は、一家の長を中心とした、亭主関白とか夫唱婦随とか言われるようなものなのかなと思いました。

海老蔵氏と噂のあった女性たちと比べると、麻央氏は控えめでおとなしい印象です。

庇護の対象として、独占欲をかきたてられ、それが結婚の意欲へと繋がったのでしょうか。



婚約の報道があって以来、海老蔵氏に対して何度も「もう浮気はしないか?」というような質問が飛んでいました。

個人的な意見では(余計なお世話ですが)、浮気をしない海老蔵氏を想像できません。

日本中が同じような目で見ているからこそ、結婚前からこのような質問が出るのだと思いますが。

きっと海老蔵氏は、これからも、美しい女性と「婚外恋愛」をして、歌舞伎役者としての色気を磨いていくのでしょう。

海老蔵氏が、これまでも、そしてこれからも、多くの女性と関わり続けていく中で、妻に迎えた麻央氏の存在感は、清潔すぎるような気もします。

名うてのプレイボーイには不釣合いのようにも見えますが、海老蔵氏は「一生彼女を守りたい」と、力強く宣言しました。

(結婚したばかりの若い夫婦に対して、少々無粋な発想かもしれませんが)家には清楚な妻、外には刺激的な愛人を持つ・・・・・男が結婚に抱く、ある種の理想を見るような思いもします。




恭一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス