サザンハイブッシュブルーベリー総括1 | ブルーベリーでまったり

ブルーベリーでまったり

岡山のとある田舎で、はまっているブルーベリー栽培や、最近気になったことをとりとめもなく呟いています。

まだまだ素人の域を脱せません。色々なご意見をお待ちしておりますm(__)m

こんばんわ~(^_^)



















ノーザンハイブッシュに引き続いて、サザンハイブッシュブルーベリーの総括です。












今年のサザンハイブッシュ系の中でも一番の目玉は大関ナーセリーから鳴り物入り(笑)で導入したユーリカを制限なしで結実、収穫することでした。その他、ファーシングやプリマドンナなどこれまた大関ナーセリー専売の貴重品種をいかにして確実に収穫するかにも注力しました。






結果は、、、






以下の行で述べていきます(笑)











1,ユーリカ
















今年度より、本格的にフルボリュームでの生産を目指したサザンハイブッシュブルーベリーのユーリカ。



一番の懸念材料は受粉作業でした。人工受粉でも受粉しにくい上に、開花時期が他のサザンハイブッシュと重ならないので、収穫量がなかなか増えません。
昨年は数粒しか収穫できませんでした。

さて今年は??








、、、とりあえず、サザンハイブッシュ系の鉢のレイアウトを変更したり、昨年と違う品種で人工受粉をがんばったりしてみました。







結果は、、、、???











ーーーーーーーーーーーーーーーー








なんと、

トータルたったの約300g( ノД`)…

しかも5本もあってですからね~(-_-;)








結論としては、(個人的な意見ですが)温室栽培等で密閉空間で、しかも受粉用にみつばちの一群を放つなどしない限りは、なかなか結実する確率がアップしないような気がします。






しかも結実させたからかどうかはわかりませんが、収穫終了後ポロポロと成長不良が散見され、現在までに5本のうち2本が枯死してしまいましたえーん


無理させたつもりはないのですが、少々デリケートですね。






味の方は、甘酸とてもバランスがよく極大粒なので、生産拡大は必須課題なのですが、、、。






来年以降の扱いに悩みます(笑)











品種評価               S(S~E評価)

2019年シーズン前期待値         S

2019年実績評価                   D

2020年目標                  残り3株で1kg以上収穫する&根の育成の優先順位を上げる。














2,フリッカー






















ユーリカと同期で、ケストラルとともに我が家の大関ナーセリー産サザンハイブッシュ三羽ガラスと呼ばれていたのですが(誰も言っていない(嫁談))、ユーリカと同じく、今年から本格的に収穫を想定して育成している品種です。





強健で上に上に伸びる品種で順調に成長していたので、昨年秋に60L鉢に鉢増ししたのですが、、、。少し早かったのかな?そこからの成長が鈍くなってしまいました(;´д`)




オマケに収穫後に、根が少し不調になったのか、黄色い葉っぱがちらほらと、、、滝汗早いとこ根域の環境改善しないと~(-_-;)






実の方はというと、ユーリカ程ではありませんが大粒で食べ堪えのある丸めの実が付きました。味の方はというと若干酸味系になりますが、濃厚でブルーベリーらしいシャープな味が特徴です。






今年は500gの収穫を目指しましたが、最終的には半分の250g程度の収穫となりました。








来年度ですが、今年の実績並みの収穫量を確保しつつ上下の体幹を充実させたいと思います。









品種評価               A(S~E評価)

2019年シーズン前期待値         B

2019年実績評価                   C

2020年目標                  木の成長の充実











3,オニール





















オニール自身は一般的に昔から多くの人に育てられている品種ですが、我が家ではブルーベリー初心者の段階で一度枯死させてしまったことがあったので、それ以来育てていませんでした。




それから10年近く経過し、技術も経験もある程度蓄積できてかたということで、改めてオニール育成にチャレンジしてみました。







この子は今年4年生苗になります。







今年初めて結実させてみました。大粒品種なのですが、この子の実は思ってたほど実太りせず。






味の方のですが、オニール美味しいですね~(^_^)甘く青リンゴ🍏のような香りがします。以前育てたときにはほとんど味見できなかったので、オニールの良さを再確認出来ましたウインク

そしてオニールが安定して育ったことで自分の栽培技術が少しは向上したのかな~と再確認爆笑






来年度は結実にも力を入れますが、木の体幹をしっかりと成長させたいですね。











品種評価               C(S~E評価)

2019年シーズン前期待値         C

2019年実績評価                   B

2020年目標                  木の体幹の強化&500g収穫












4,サンプソン

























もともと、我が家ではサンプソンはあまり目立つ存在ではありませんでした。
元々予備知識のある品種ではありませんでしたし、ブログ等でアップしている方もほぼいませんし。








現在4年生苗のサンプソン。観察をしていると、成長が早く強い成長力を持っているな?という印象です。






今年は元々味見程度の結実予定だったので、予定通り200g位収穫。










そこで見たのは、「意外性のサンプソン」でした。




ユーリカ程ではありませんが、結実させた実が大きい❗500円玉と10円玉の中間位はあったでしょうか?しかも味の方も甘酸バランスがとても良くとれていて、とても美味しい🎵





サンプソン、侮れないですね~てへぺろてへぺろてへぺろ
このような品種なら2本、3本あってもウェルカムですね~(*^^*)





来年春は、サンプソンの挿し木を作ってみようかな~??









品種評価               A(S~E評価)

2019年シーズン前期待値         D

2019年実績評価                   B

2020年目標                  木の体幹を大きくし、結実量を増やす。挿し木で株数を増やす。
















サザンハイブッシュブルーベリーの総括は次へ続きますニコニコ