子どもがいないと、妻が全部相続するんじゃないんですか? | 福山で相続が起きて何をしていいか分からない人に相続専門行政書士が円満相続となるように相続手続をお手伝いします

福山で相続が起きて何をしていいか分からない人に相続専門行政書士が円満相続となるように相続手続をお手伝いします

広島県福山市の相続専門の行政書士 西田和志です!
相続は誰もが一度は経験するもの。
しかし何回も経験するものではありません。
はじめての相続でお困りの方もいらっしゃる
と思います。
相続でお困りの皆様のお役に立てれば
幸いです。

「円満相続で家族を紡ぐ」

円満相続アドバイザー

相続専門行政書士の

 

 

西田です。 

 

 

 

ブログにおこしいただき

ありがとうございます。

 

No.949

 

今日は、お子さんがいない

ご夫婦のケースです。

 

 

よく、夫が亡くなったら

全部妻が相続するんじゃ

ないんですか?

 

 

 

という話を聞きます。

 

 

もちろん、奥さんは必ず

相続人になります。

 

 

実は他にも相続人はいます。

 

 

順番からいうと、親がきて、

次は兄弟姉妹が相続人に

なります。

 

 

親は亡くなっているケースの

方が多いですよね?

 

 

 

妻と兄弟での相続になります。

 

 

兄弟には、実子と違って遺留分が

ありません。

 

 

 

なので、夫婦で築いた財産は

奥さんが相続する。

 

 

先祖から受け継いだ財産は

兄弟の誰かが相続する。

 

 

っていう遺言書があると

 

 

兄弟と奥さんの仲を保ちながら

相続ができると思います。

 

 

一概には言い切れませんが、

全てを奥さんにとするよりは

円満に相続できますよね。

 

 

 

円満相続の一助に

なれば幸いです。

 

 

 

 

このブログを見られてる方

はお判りでしょうが、

相続法が変わります。

何時から変わるか

知ってますか?

 
相続法の施工スケジュール

   2019年1月13日~   

自筆証書遺言の方式緩和
下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印
  2019年7月13日までに 
遺言執行者の明確化
 
遺産分割等に関する見直し
 
遺留分制度に関する見直し
 
相続の効力等に関する見直し
 
相続人以外の者の貢献を
考慮するための方策
下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印
  2020年7月13日までに 
自筆証書遺言の保管制度
の創設
 
配偶者の居住権を保護する
ための方策
ーーーーーーーーーーーー
 
と、こんな感じで段階的に施行
されていくんです。
 
 
既に始まってるものもあれば、
まだまだこれからってのもあり
ます。
 
 
 

本日もお読みいただき

ありがとうございました!
 
 

円満相続で『家族を紡ぐ』

 円満相続コーディネーター
 相続専門行政書士の

 西田でした。

 

 

 

ブログランキングに参加中!

クリックしてやってください!!

 励みになります!元気が出ます!!!

下矢印下矢印下矢印


相続手続きランキング

 ついでにこっちもお願いします!



遺言・エンディングノートランキング

 

 
■お問い合わせはコチラ■
相続ふくまち相談室
行政書士にしだ法務事務所
〒721-0972
広島県福山市日吉台1-14-8-102
(日吉台小学校南側すぐ)
 ☏  084-971-4561
fax 084-971-6719
お問い合わせはこちらから
ホームページはこちら