まとまったお金が必要

一戸建てやマンションを購入したいものの、頭金になるくらいのまとまったお金がない場合もあるでしょう。
今は頭金0円でも家を購入できる時代ですので問題ありませんが、実は別途かかる費用があります。
まったく貯金がない場合は支払いが難しくなってしまうため、貯金は最低5,100万円は貯めておきましょう。

住宅購入に関わる諸費用について

実は頭金が0円であっても、住宅購入に関わる諸費用がいくつもあります。
この存在を知らないと貯金0円で家が建てられそうなイメージを持ってしまいますが、残念ながらさまざまな費用がかってきてしまいます。

手付金

売主からして、購入すると約束してくれたにもかかわらず、急にいらないと言われたら計画が狂ってしまいます。
そのため、万が一契約を破棄するようなことになってもお金を得られるように、手付金というものを支払います。
購入代金の5%から10%が目安になりますが、売主との交渉で決まるため増減するものと思っておきましょう。
破棄しない限りは最終的に購入代金の一部に充てられますが、万が一取りやめするときにはお金は返還されません。

申込証拠金

こちらは売主ではなく、購入するときに申し込む不動産会社に支払うお金になります。
手付金程は高くなく、2万円から10万円の支払いとなります。
家をそのまま購入するとなれば手付金の一部となり、万が一取りやめる場合は返金されますのでこちらは万が一購入をやめる場合も安心です。

印紙税や不動産税

税金関係の費用も最初に取られてしまうため、ある程度準備しておいたほうが良いでしょう。
購入する住宅によってその金額は変わってきますので、貯金は少しでも多めにあったほうが安心です。

登記費用

不動産登記というものを行わなければならず、司法書士に頼むのが一般的です。
どのように依頼するのかは不動産屋が教えてくれますが、こちらにも別途費用がかかってきます。

仲介業者を利用する場合の費用

直接不動産会社から購入する場合はかかりませんが、別の仲介業者を利用して紹介してもらったという場合には、物件価格の3.3%+66,000円が上限となりかかってきます。
この上限額よりも遥かに安くなることは珍しく、ほとんどの仲介業者は上限まで手数料が欲しいためこの金額がかかってくると思っていたほうが良いでしょう。

まとめ

初期の段階でもさまざまな費用がかかってきますが、さらにローンを組むときや水道負担金、引っ越し費用などさまざまお金がかかってしまいます。
貯金0円では難しいため、購入前に少しでも貯金額を増やしておきましょう。