内覧時の注意点を事前に知っておく

マイホームの引き渡し前には内覧会が行われます。
室内の状態を確認するため、納得できる形でマイホームを購入することができます。
しかし、内覧時にどんな点に注意して室内の状態を確認すれば良いのかわからないという方も少なくないようです。
マイホームに住み始めてから「こんなはずではなかった」と後悔してしまうことがないように事前に内覧時にどんな点に注意すれ良いいのかを確認しておくと安心です。

傷や汚れはないか?

床や壁に傷や汚れがないかを確認しましょう。
隅々までチェックすることは大変ですが、きちんと傷や汚れがないかを見ておくと住んでから後悔することがありません。
また、傷や汚れは、床や壁だけでなく柱や窓枠などに見られることもあるので、細かな部分まで見落とさないようにしましょう。

水の流れ

キッチンやお風呂、トイレなどの水周りのチェックも欠かせない部分です。
実際に水を流してきちんと流れるかを確認しておくと安心です。
また、水だけでなくお湯も出るか、さらに排水に異常がないかもチェックしておきましょう。
キッチンカウンターでは、コーキングのはみだしが見られるときもあります。
壁とつなぎ目の隙間などを確認してみることをおすすめします。

設計図と同じ間取りになっているか?

設計図と見比べて間違いがないかを確認することも忘れてはいけない点です。
間取りはもちろん、コンセントの位置もしっかり確認しておきましょう。
また、扉や収納のほか、設置されている設備も指定したものであるかを見ておくことが大切です。
ドアや引き戸を確認するときには、開閉に違和感がないかを確かめておきましょう。
さらに細かな部分にはなりますが、網戸がほつれていないか、照明の位置やスイッチの位置まで設計図との照合をきちんと行うことが大切です。

室内だけでなく外壁や外構、屋根も確認する

多くの方が内覧時に室内の状態だけを確認して終わりにしてしまいます。
しかし、内覧するときには、屋外部分もチェックすることが重要です。
外壁に傷や汚れはないかといった点のほかのも外構や屋根にも目を向けておきましょう。
さらに、タイルなどを使用している場合、ひび割れしていないかという点もしっかり見ておきたい部分です。
万が一、タイルが欠けてしまっているときには、担当者に相談し再度工事をしてもらうことをおすすめします。
また、インターホンや郵便ポストの位置に間違いはないかもチェックしておくと安心です。
外回りの確認は見落としがちなので、じっくりとチェックすべき部分と言えます。