不動産価格だけを念頭に置いていると大変なことに

土地を買って新築戸建て住宅を建てる、分譲住宅を買う、新築マンションや中古住宅を買うなど、マイホームなどの不動産を買う場合、販売価格だけを払えば良いと勘違いしていませんか。
新築でも中古でも、販売価格以外にさまざまな諸費用がかかります。
販売価格の金額にもよりますが、諸費用だけでも数百万円単位のお金が必要になってくるので注意しなくてはなりません。

契約時にかかる諸費用

不動産の売買契約時には、以下の諸費用が発生します。

仲介手数料

土地の購入や中古住宅の購入など、売主から直接買うのではなく不動産仲介会社を通じて購入した場合には仲介手数料の支払いが必要です。
売買価格の3%+6万円 (別途消費税)とかなりの高額になるので注意が必要です。

印紙代

売買契約書に貼り付けなくてはなりません。

登記費用

土地、建物それぞれ登録免許税として法務局に支払います。
不動産会社やマンション売主に手続きを依頼すると、通常、提携の司法書士に登記を依頼するため、司法書士報酬として10万円ほどが発生します。

住宅ローンを借りる際にかかる諸費用

マイホーム購入時は住宅ローンを利用する人がほとんどです。
ローン100%でも買えるから自己資金は少なくても大丈夫と思っていると、ローン契約時点でつまずきます。

事務手数料・契約書に貼る印紙代

住宅ローンを借りる金融機関などに支払います。

ローン保証料

ローン保証会社に支払う費用です。

抵当権設定登記の登録免許税

住宅ローンを借りると金融機関が対象となるマイホームなどに対し、第一順位の抵当権を設定するため、その登録免許税の支払いも購入者負担となります。

団体信用生命保険の保険料

ローン返済中に万が一のことがあった場合に備え、生命保険への加入が求められるときに必要な費用です。

火災保険料

ローン返済中に建物が火災などの災害で滅失するような事態に備えて、長期での火災保険の加入も求められます。

購入時にかかる税金

購入時には土地の価格だけでなく税金もかかってきます。

不動産取得税

不動産を取得した際に宅地、建物それぞれにかかる1回限りの税金です。

固定資産税・都市計画税

建物、土地それぞれにかかり、購入後も毎年支払いが必要になります。
また、中古住宅や土地を購入した際、売買契約時に売主に対して日割り金額を支払うことがあります。

新居への移転費用

購入して新居への移転に伴い、多くの費用が発生するので資金準備をしておきましょう。

引越し費用

荷物が多く、移動距離が長くなるほど高額になります。

不用品処分費用

新居に入るために不用品を処分するにも、地域での粗大ごみ回収費用や、民間業者に払う費用が発生します。

家具や家電製品、カーテンなどの購入費用

新居に合うカーテンの制作や購入、家具や家電製品、照明器具などの新調費用も必要です。