投資物件の購入時期は常に訪れている

不動産投資を始めようとしていたときに、誰もが想像しなかったような感染症の拡大によって世界的に経済情勢が悪化するのを目の当たりにすれば、今は購入時期ではないと考える人が多いのではないでしょうか。
ですが、不動産価格の一部値下がりや、企業倒産や失業などで売りに出される物件も増えている中で、物件が割安で買える買いやすい時期でもあります。
買いやすい時期である以上、購入時期は常に訪れていると言えるのではないでしょうか。

資金さえあればいつでも購入時期

物件価格が下がって購入時期であるとはいえ、ハイリスクでの投資は勧められる時期ではありません。
たとえば、事業がうまくいなかいから、収入が減ったから不動産投資で挽回しようなどと考え、十分な自己資金もなく、ローンで購入するのはおすすめできません。
購入してすぐに値下がりして塩漬けになる場合や会社の倒産や失業の増加で借り手が減り、家賃収入も思うように得られないリスクがあります。
家賃収入が入らなければ、ローンの返済ができず、借金地獄へとまっしぐらです。
一方、資金的な余裕があり、全額キャッシュで購入しても、生活に十分なゆとりがある方なら、不動産価格が下がっている物件はまさに買い時です。

キャピタルゲイン狙いなら

コロナ禍の中でも資金力のある投資家や中国など海外投資家においては、日本の都心部にあるオフィスビルやマンションなどの短期売買が盛んです。
企業の倒産や飲食店や夜のお店の閉店などで賃料収入が減って、ローンが返済できなくなったビルのオーナーなどが続々と物件を手放すことや売り急いでいるため、物件価格が下がっています。
安く買って、わずかでも値上がりしたら売ることで、キャピタルゲインを稼いでいる投資家も少なくありません。
都心部のもともとは魅力のある物件なので、値下がりしてもすぐに回復が見込めます。
1棟あたりの価格が大きいので、わずかな値上がりでも利益が出るのがポイントです。

インカムゲイン狙いなら

短期売買ではなく、中長期的で家賃収入を得たいなら、今後の収益見込みをじっくり検討しての投資物件選びが大切です。
たとえば、都心部のオフィスビルや飲食店などが入る雑居ビルなどは、企業業績の悪化や飲食店の閉店で空き室が目立ち、収入が思うように入らなくなっています。
一方で、田舎の一戸建てにテレワーク移住の需要が出ることや賃料の安い地方都市のオフィスビルに本社を移転する企業なども増えているため、Withコロナ時代に借り手の需要が見込める物件を検討していきましょう。