自分のこと誉めてもらった時

「私なんてまだまだです~」

とか

「自信ないんですが....」

とか


謙遜する感じでショボーン
長年無意識に、プログラムのように、発してきた。

が、
ヨガを学んでいたら


嘘をついていたニヤニヤ


と気が付いた


4月に
はてなブログに書いた記事


このときは、自分がずっと
「できない私」
を演じて、全てから逃げていきたのだと気が付いたばかり。

私には無理、とか
子どもがなんとかで、とか
もう少し勉強してから、とか
体がやわらかくなったら、とか

そういうことをえーいっ!とすっとばして

主婦から、インストラクターになり、週に一度のレッスンをしていた頃。


そこからまた、色んなものを捨てた。

理想の、お母さん
理想の、妻
望まれる、娘
好かれる、友人
素敵な、インストラクター

ないものを求めたり、
頭の中で考えて作り出した、
想像の世界で過ごすのを少しずつやめた

私なんてまだまだ、とか
自信がない、という
「だから批判しないでねぐすん
っていう都合のいい言い訳もやめた
(癖でぱっと出ちゃうことはあるけど、気が付くようになった)


目の前のことをただ一生懸命やっていったら
週2時間のレッスンが、週8時間に増えた

そして今は
めちゃめっちゃ楽しい!

苦しいこともあるけど
楽しい!

今もこれからも
やりたい事がたくさんある

まさに、生まれ変わったような気持ち。



まだまだ、捨てきれないものはたくさんある。
捨てたつもりが、拾ってきちゃったり
同じようなものがまだたくさんあったり
持っていることにまだ気が付かないものもきっとある


弱くてもいい。
やってみてできなくてもいい。
ただ
やりたいことのためには努力が必要ではあるし
結果にとらわれないというなら
逃げ道を作る必用もない。
ただただ、やっていくだけなのだ。











  にほんブログ村 健康ブログ ヨガ教室・ヨガインストラクターへ  にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ