歯磨き粉やうがい薬(マウスウォッシュ)には殺菌作用のあるものがありますが手洗いのブログでも書いた通り殺菌しないものの方が断然良いのです。その理由を3つ紹介します。今回も栄養環境コーディネーターの内容に関連したブログです。

 

虫歯の予防

歯や歯茎の健康は唾液と口腔内に住む常在菌のバランスで守られています。例えば、口の中には砂糖を食べて乳酸を出して歯を溶かす菌がいる一方、酸性に傾いた環境を元に戻す菌もいます。さらに、唾液には歯を修復する機能が備わっているので、唾液がたっぷりあって常在菌の構成がよければ虫歯になりにくいのです。

 

ところが、殺菌剤は良い菌も悪い菌も全部殺してしまいます。しかし磨き残しがあると、隠れている菌が耐性をつけて大繁殖して虫歯の原因になります。

 

歯周病の予防

みなさんが気になる歯周病の原因は歯の磨き残しから歯に付着するプラーク(プラークバイオフィルム)と呼ばれるものなので、普通の歯磨きと歯間ブラシやデンタルフロスを使って磨き残しを除去することが最も効果的な予防法です。

 

高血圧の予防

野菜、特に葉物野菜には血管を柔軟にする一酸化炭素(NO)の素になる 硝酸エステル(NO)が豊富に含まれています。NOは舌の上に住む細菌によって亜硝酸エステル(NO)に、NOは胃液や野菜に含まれるビタミンCの働きでNOに変換されて血圧を下げ、血管表皮細胞の機能を高め、血栓形成を阻止します(文献)。実際に抗菌作用のあるマウスウォッシュを3日間使った高血圧気味の人々の血圧がさらに上がったという報告もあります。

 

もしあなたが野菜大好きなのに高血圧気味だったら、お使いのうがい薬や歯磨き粉の成分を今一度確かめてください。