SARAKI'S 1.618 BLOG

SARAKI'S 1.618 BLOG

画家/エッセイスト※かやおりさらきの日常



小4辺り。平安神宮横のソイツん家が遊び場で。ミニカー、スーパーカー消しゴム、相撲消しゴムが定番の遊びだった。極めつけは〈ビーズ造形〉。ソイツのママりんを師匠に、無言のビーズ通し。指先から、トンボやカブトムシが産まれる快感。最近100均で、そん時まンまのビーズ発見!懐かし過ぎるー!







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


時代逆行のタバコ吸い。銘柄にゃ、さほどこだわりナシ。指で挟め、火が着き、日常に3分ほどの真空時間がもたらされれば余は満足。思考促進、或いは切り替えのガジェットがタバコなだけ──。ダブル・ハピネス。紙巻より葉巻寄りのスリム・シガー。20本290円!コスパよきかな、あっさり乗り替え。







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


友を夕食に。いつもの窓際。覗けば、壁面ガーゴイル。いつもの誂えが厨房から。“ん、新しい給仕氏?”──テーブルからテーブルへ舞う華麗な蝶…とはいかぬ、甲虫系。“がつッ”──え!? 友座す椅子脚にけつまずき!? 友のヒト皿、わが眼前にあわやの空中配膳!? コレ、慣性の法則と申し候。







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


コーモリ。開けた窓からの闖入者で、過去一等ドギマギした。2日前。玄関開けたら1秒でピョン入──カエル君。風水では吉兆だ。さらに昨夜、ベランダ開けたら2秒でバタ入──トンボ君。コヤツも吉兆か?で、今日。玄関開けたら男女の笑顔──加入保険の内容確認行脚。初々しい新人ペアで、実に吉兆!







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


ヒト肌。骨格&内臓を包む着ぐるみ、或いは肉襦袢。 ありそでない肌の切れ目。マクロとミクロのコスモス分かつ、1枚モノ。外は内なる肌鏡。お通じ、心の有り様で、赤ポツ警告。さて最近、わが肌質に変化アリ。肩こり薬ですぐかぶれる。刺激成分との相性変化?…で見つけたコレ、0の刺激でコリ瞬滅!







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


夕食後、記憶のヒダがひだひだ蠕動(ぜんどう)し始めた。“…そぃや、何かあったっぽくね…?”──早速検索、スイカとウナギ。したらば、いの一番のリスト・イン。[避けるべき危険な食い合わせ]-[・スイカとウナギ]。わぉ、ビンゴ!だがしかーし!すでに完食、されどしかーし!…ウマかったよ?







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


直観と肌感が告げる〈列島気温の平均化〉。「夏はまだアツなるでー」とゆー予言的扇情警句好きな輩に、わが一節──[夏はMAX@35℃。冬は暖冬@雪知らず]。35℃超えの熱気は来る冬に、雪降らす冷気は次の夏に先送られ──そのうち気温は中和し、総量は平均化。遂に待望の春秋二季制となる!?







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


今、なぜか"タピオカ"が熱い!いや、モノは冷たかろーが。購入待ちの行列が──あっついのす!初見は1ヶ月前、“ん!? ココ《辻利》ケ?”──新興タピオカ屋を頭に、1区画長の渋滞が今も!? 生態は、買ってまず写メのインスタ系。みなで発信、みなで観客。ま、この行列から偉人は出まい。







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


“日本銀行の通帳とか欲しいなぁ!”──ん?もっぺん社会の仕組みを勉強し直せ、と?あは、ごもっとも。今、日本銀行京都支店はオークラとリッツのほぼ同距離に佇み、まるで倉庫みたくひっそり。翻り、近世京都のソレは今の文化博物館。キャッツアイに出会いそな漆喰煉瓦の元金庫室で、珈琲が飲める。







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd


グラつく差し歯を騙し騙し。半世紀も生きていると、あちゃこちゃの生体部品がねぇ…とはしながらも他は健康優良体。比べて脆弱な歯だけが遺伝である。イカ、タコ、キャベツなどなど、危険な食べ物が増え続けている。なぜヒトの永久歯は生え代わらないのか?元からセラミックなら虫歯にもならぬのに。







via Atelier SARAKI
Your own website,
Ameba Ownd