誰も書けない第6条「失敗しない中古マイホームの買い方!7か条」 | かごしま ホームインスペクション 新築 リフォーム 耐震診断
2018年04月18日

誰も書けない第6条「失敗しない中古マイホームの買い方!7か条」

テーマ:住まいのこと

第6条 中古住宅は義務じゃない!任意のかし保険で安心感を倍増すべし!

 

新築住宅は、10年のかし保険付保がほぼ義務です。

今どき、保険かけないと安心できない新築があるの?って感じですが、

まだまだ怪しい施工の工務店は、たくさんあります!

 

屋根や外壁の、施工納まりを見ればすぐわかるのですが、

正しく雨仕舞いできてない物件は、新築でも結構あります。

なぜか?

かし保険の検査では、雨仕舞いはチェックしないからです(任意)。

もちろん設計・施工基準はありますが、検査は必須ではないのです。

 

不思議ですね。

 

 

中古物件になると、かし保険自体が任意ですから注意!

保険の存在自体や内容を、知らない仲介業者も多い。

 

期間は1年または5年、保険金額は500万または1000万の中古かし保険。

国が、中古物件の売買時に、ホームインスペクションの告知義務化に動いたのは、

この、中古かし保険の普及を急ぎたいからだと思われます。

 

わかりやすく、車の車検制度に例えると

ホームインスペクションは、車検時の点検

中古かし保険は、任意保険にあたると言えます。

 

 

 

「中立なホームインスペクション+かし保険」で、

安心できるマイホームを手に入れて下さいね!

 

 

 

 

かごしま長持ち住宅ぷらすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス