誰も書けない第4条「失敗しない中古マイホームの買い方!7か条」 | かごしま ホームインスペクション 新築 リフォーム 耐震診断
2018年04月12日

誰も書けない第4条「失敗しない中古マイホームの買い方!7か条」

テーマ:住まいのこと

第4条 仲介業者のペースで進むな!

 

住宅ローンの事前審査が通れば、次は契約に向けて進みます。

 

もっとも重要なのは、「売買契約」と「決済引渡し」

 

なにより一番大切なのは、あなたのライフスタイル。

いつまでに名義を変更して、その後のリフォームがどの位かかるのか?

引越しのタイミングはいつなのか? よく検討しましょうね。

 

 

気が変わらないうちに、売買契約を結びたい、

売買契約が終われば、早く決済したいのが仲介業者。

 

決済時に報酬が手に入ることが多いので、急がせたいのです。

買主の都合より、自分か売主に都合のいいスケジュールを優先します。

 

もう一度言いますが、大切なのはあなたのライフスタイルとスケジュール。

しっかりと検討して、契約~決済へ進みましょう。

 

あ、最後にもうひとつだけ。

売買契約書に印鑑押すと、「義務」が発生します。

 

それまでは、無条件に「やっぱ止めます」と言えたのですが、

契約した途端に、お金がからみます。

手付け流しでも済まないこともあるのです。

 

 

ここを十分に理解して、印鑑押してくださいね!

 

 

 

 

かごしま長持ち住宅ぷらすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス