天職起業で「人生は逆転できる!」講演家・作家

創業・起業・小さな会社やお店の成功事例
ベストセラー16万部


テーマ:
◇大阪6/9栢野セミナーhttp://goo.gl/7L2qy

◆無我夢中は10年しかない。

「命短し恋せよ乙女」

黒沢明監督の名作「生きる」のなかで、志村喬扮する一市役所の市民課長が、この歌を幸せそうに歌うシーンがありました。彼、渡辺勘治は30年間無欠勤という模範的な役人だったのですが、ある日、自分が胃ガンで余命幾ばくもないことを知らされます。早くに死に別れた妻との間にできた息子にも冷たくされ、絶望と孤独に陥った彼は、街へさまよい出て、飲みなれない酒を飲むのです。ああ、自分の人生はいったい何だったのか?・・・。 

かれは生きることの意味を考えはじめ、人生の最後の時間に、ほんの少しでも市民の役に立つことをしようと考えはじめます。住民の要望を死にものぐるいで実現し、かれの努力により児童公園が完成します。そして小雪の舞う夜、完成したばかりの公園のブランコに揺られながら、彼はこの『ゴンドラの唄』を楽しげに歌うのです。http://bit.ly/JrfuSX より抜粋

◆人生で本気になれる時期は短い。夢の実現へ向け、一心不乱で100%の一所懸命のパワーが出せる時期は。30代(人によっては40代)までは戦術と体力と明るさ元気だけ。ある意味で人間ではない。知識や経験も積み重ね、戦略知識も付き、自分の強みや弱みもわかり、己を知り、敵を知り、貢献すべき顧客も知り、本当の夢というか天職の自己実現を謳歌出来るのは44歳(関係ないが厄明け・あるかも)からだ。平均すると。が、人生には上り坂、下り坂のほかに、「まさか」がある。まずは自分の体にまさかの病気や怪我がある。家族が病気に倒れ、その看病に時間をとられる。さらに、40代以降は親が倒れる。その介護やケアに・・。そして60代~。知的労働者なら、特に経営者や自営業・職人系は、まさに本領発揮の円熟の頃だが、今度は自分が倒れるリスクが高まる。以上のマサカを考慮すると、何の障害も邪魔もなく、仕事一筋で一心不乱にうち込める時期は10年~15年しかない。何かをやりたいのに、夢はあるのに、人生でまだ何も成してないのに、明日のばし、3日のばし、1週間、1ヶ月、1年3年10年はあっという間に過ぎる。それでいいのか?人生は一度。今30代なら、平均余命は50年。ほぼ確実に死ぬ。40代なら40年、50代ならあと30年。仮に精神的肉体的にも現役バリバリ年齢は65歳とすると、30代はあと30年、40代は20年、50代は10年しかない。その何割かも、自分や家族や親の病気や介護で時間をとられる。それも充実した人生かもだが、「人間の使命は、可能な限り自分自身になること」という自己実現研究家マズロー<完全なる経営>の日本人解説者が正しいとすると、人生を無駄に過ごしてはならない。1分1秒も。明日、バス事故で、震災で、竜巻で死ぬかもしれない。前向きに「まさか」を捉え、悔いのない人生を刻みたい。

以上は竹田陽一の何かの文章を思い出しながら、ドラッカーとマズローも入り混じった栢野克己による自動書記。私もこんなフェイスブックで遊んでる暇はないのだが・・。サボりぐせは治らないのか。いや、ここも一生残る?本になる前に残しておきたい。限りないもの、それは自己顕示欲。早く自己超越せねば。

◆大阪6/9栢野セミナーhttp://goo.gl/7L2qy

◆福岡7/1九州ベンチャー大学http://bit.ly/JsBwdF
「口コミ広がるプロフィールとブランドの作り方」

◆仙台5/31栢野克己セミナー「成功事例100連発」
公開セミナー・http://bit.ly/KEePAE

◆石川6/8宝達志水町商工会http://bit.ly/LLHC60
◆福岡7/1九州ベンチャー大学http://bit.ly/JsBwdF
◆全国でのセミナー予定http://amba.to/wwkxxI 

◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ
◆人生は逆転できる!http://bit.ly/KPlg0f
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn
写真: ◇大阪6/9栢野セミナーhttp://goo.gl/7L2qy<br /><br />◆無我夢中は10年しかない。<br /><br />「命短し恋せよ乙女」<br /><br />黒沢明監督の名作「生きる」のなかで、志村喬扮する一市役所の市民課長が、この歌を幸せそうに歌うシーンがありました。彼、渡辺勘治は30年間無欠勤という模範的な役人だったのですが、ある日、自分が胃ガンで余命幾ばくもないことを知らされます。早くに死に別れた妻との間にできた息子にも冷たくされ、絶望と孤独に陥った彼は、街へさまよい出て、飲みなれない酒を飲むのです。ああ、自分の人生はいったい何だったのか?・・・。 <br /><br />かれは生きることの意味を考えはじめ、人生の最後の時間に、ほんの少しでも市民の役に立つことをしようと考えはじめます。住民の要望を死にものぐるいで実現し、かれの努力により児童公園が完成します。そして小雪の舞う夜、完成したばかりの公園のブランコに揺られながら、彼はこの『ゴンドラの唄』を楽しげに歌うのです。http://bit.ly/JrfuSX より抜粋<br /><br />◆人生で本気になれる時期は短い。夢の実現へ向け、一心不乱で100%の一所懸命のパワーが出せる時期は。30代(人によっては40代)までは戦術と体力と明るさ元気だけ。ある意味で人間ではない。知識や経験も積み重ね、戦略知識も付き、自分の強みや弱みもわかり、己を知り、敵を知り、貢献すべき顧客も知り、本当の夢というか天職の自己実現を謳歌出来るのは44歳(関係ないが厄明け・あるかも)からだ。平均すると。が、人生には上り坂、下り坂のほかに、「まさか」がある。まずは自分の体にまさかの病気や怪我がある。家族が病気に倒れ、その看病に時間をとられる。さらに、40代以降は親が倒れる。その介護やケアに・・。そして60代~。知的労働者なら、特に経営者や自営業・職人系は、まさに本領発揮の円熟の頃だが、今度は自分が倒れるリスクが高まる。以上のマサカを考慮すると、何の障害も邪魔もなく、仕事一筋で一心不乱にうち込める時期は10年~15年しかない。何かをやりたいのに、夢はあるのに、人生でまだ何も成してないのに、明日のばし、3日のばし、1週間、1ヶ月、1年3年10年はあっという間に過ぎる。それでいいのか?人生は一度。今30代なら、平均余命は50年。ほぼ確実に死ぬ。40代なら40年、50代ならあと30年。仮に精神的肉体的にも現役バリバリ年齢は65歳とすると、30代はあと30年、40代は20年、50代は10年しかない。その何割かも、自分や家族や親の病気や介護で時間をとられる。それも充実した人生かもだが、「人間の使命は、可能な限り自分自身になること」という自己実現研究家マズロー<完全なる経営>の日本人解説者が正しいとすると、人生を無駄に過ごしてはならない。1分1秒も。明日、バス事故で、震災で、竜巻で死ぬかもしれない。前向きに「まさか」を捉え、悔いのない人生を刻みたい。<br /><br />以上は竹田陽一の何かの文章を思い出しながら、ドラッカーとマズローも入り混じった栢野克己による自動書記。私もこんなフェイスブックで遊んでる暇はないのだが・・。サボりぐせは治らないのか。いや、ここも一生残る?本になる前に残しておきたい。限りないもの、それは自己顕示欲。早く自己超越せねば。<br /><br />◆大阪6/9栢野セミナーhttp://goo.gl/7L2qy<br /><br />◆福岡7/1九州ベンチャー大学http://bit.ly/JsBwdF<br />「口コミ広がるプロフィールとブランドの作り方」<br /><br />◆仙台5/31栢野克己セミナー「成功事例100連発」<br />公開セミナー・http://bit.ly/KEePAE<br /><br />◆石川6/8宝達志水町商工会http://bit.ly/LLHC60<br />◆福岡7/1九州ベンチャー大学http://bit.ly/JsBwdF<br />◆全国でのセミナー予定http://amba.to/wwkxxI <br /><br />◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ<br />◆人生は逆転できる!http://bit.ly/KPlg0f<br />◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆豊川5/24豊川市倫理法人会http://bit.ly/JPt9Xz
◆豊橋5/25豊橋ベンチャー大学http://bit.ly/KWhQJT
◆仙台5/31公開セミナー・http://bit.ly/KEePAE
◆仙台6/1特定企業研修
◆東京6/2お客様(教材・セミナー参加者)限定の無料雑談会?
◆石川6/8宝達志水町商工会http://bit.ly/LLHC60
◆大阪6/17人生逆転講師7人セミナーhttp://bit.ly/IXb2AW
◆福岡7/1九州ベンチャー大学http://bit.ly/JsBwdF
◆全国でのセミナー予定http://amba.to/wwkxxI 
◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ
◆人生は逆転できる!http://bit.ly/KPlg0f
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆「人生を逆転する最強の法則」竹田陽一 の意訳

自己啓発セミナーで必ず出て来るのは、「人生で成功したければ、まず、はっきりとした夢や目標を書き、それを貼り付け、毎日見て、できるできるとアファーメーションすること」。

以前、NHKで定年間近の100人を集め、第二の人生をどうするかの特番が組まれました。その中で多くの人から出てきたのは「会社は何もしてくれない」でした。つまり、あと2,3年で次の選択を考えねばならぬのに、大半の人は目標設定できない。これが現実でしょう。

 若いうちから人生目標がはっきり立てられるのは2、3%程度で、残り97%の人は人生の目標もわからず、目先に追われてその日暮らしに人生を過ごしているのです。

5歳の時にソナタを作曲したモーツァルトは、将来は音楽家になるという人生目標が見えたでしょう。10歳で1から100までの1万通りの九九を覚えて暗算したパスカルは、将来は数学者か物理学とはっきりとした目標が見えたでしょう。

文学も芸術もスポーツも、その手のやつは10代になる前からスゴい人は自分も周囲も気づく。その道で行こうと思う。

ところが、勉強もスポーツも文学も人並み以下。100M18秒の人が、短距離ランナーになる人生目標を立てることはありません。たとえ年々か努力して15秒で走れても、誰も評価しないし、社会的な価値がないことも知ってるから。

つまり、他人と比較して著しく優れている才能に焦点をあて、その才能を伸ばそうとするプロセスが人生目標になるのです。他人と比べて抜きん出たものがない人は、何を目標にすればいいのかわからないので、結果として人生の目標が立てられないのです。

さらに、普通の人が人生目標を立てられない2つ目の理由は、人生の長期プランを立てるという作業そのものが、特別難しいからです。普通の人は、何事も体験しないと本当のことはわかりません。人生の長期プランを立てるとは、まだ体験してない将来を事前に予測し、その実行計画を立てるということになりますから、特別に難しくなるのです。

◆栢野のコラム

あとでまた加筆訂正。するかもしないかも。このへんは永遠の課題だな。ドラッカーもぼかしてる。もっとわかりやすくするぞ。栢野が。騙し系でなく。事例も山ほど出しながら。刹那的かもだが・笑

(栢野メモ・が、人並みなら、何かで抜きん出ようと思えば、皆も人並だから、ライバルの少ない分野に絞り、人並み以上の努力をすれば人並み以上になれる)

(今、これを写経しながら気づいた。この本は1994年発行。実は今もそうだろうが、日本の場合、定年後もサラリーマンはなんとか食えるのだ。蓄えもある。ある程度。親の遺産もある。つまり、働かなくても生きてはいける。定年後の10年20年とか。また、学生も卒業の3月には9割以上の学生は就職する。大企業は就職氷河期だが、中小企業にバーを下げればいくらでも就職先はある。一般の失業率も5%以下。95%は仕事している。好き嫌いに関係なく、夢や自己実現とかも関係なく、働かないと生きていけないから。アジアの劣悪な労働条件でも。仕事はある。いくらでも。今でも新聞配達は即日採用ではないか。悪徳商法の訪販も。歩合ならなおさら。ネットワークビジネスや歩合セールスや代理店はいつでも職がある。実力主義で1割続かないが。それはなんでもそうか。自営もね。社会的人生的生活的に強制が働くのだ。自殺やウツも仕方ない。生活保護も。それは誤差の範囲。気にして騒いでもいいが、周囲やお客や他人や世間には関係ない。というか、成功も失敗も関係ない。周囲には。本人もそうかも。どうでもいい。なんとかなる。どうせ死ぬ。すべては本人次第。周囲が助けることもある。それも周囲の自己満足。右も左もどうでもいい。天の摂理では。そう。自分次第。顧客次第。ライバル次第。環境次第。素質次第。運次第。生存次第。死ねば終わり。生きてるうちが花なのさ。病気や寝たきりはツライ。ボケたらわからんからいい。無意識も。そうなったら意味が無い。人生の。の前に意識がなくなるさ。生きてるだけなら死ぬね。俺なら。いや、意識はある。他は全身麻痺なら、それはものすごい強制環境だから、ものすごい文章や思考や発見が出てくるかも。徳田虎雄みたいに、目で文章書くか。そうなってみないとわからんが。栢野メモ)

つづきはhttp://bit.ly/JMPnXI 

と売り込みするつもりはなかったが・・笑

◆福岡5/21「缶ビール会」
・ゲスト講師は日本政策投資銀行の女性起業家ビジネスプラン900人中最終選考に残ったソーシャルアントレプレナー光岡真理
http://bit.ly/IN4XkD 

◆岡山5/18 日本初!<あなたは何で憶えられたいか?>
「天職と自己実現に活かすドラッカーとランチェスター」
※小さな会社と個人向け。起業目指す人もぜひ!
http://bit.ly/J4F6nN

◆「人生は逆転できる!」http://bit.ly/KPlg0f
◆山口5/17日本初の日報コンサル+栢野http://bit.ly/JePN8h
◆岡山5/18あなたの天職を極めるhttp://bit.ly/J4F6nN
◆福岡5/21これぞ社会起業!198http://bit.ly/IN4XkD
◆豊川5/24早朝倫理法人会
◆仙台6/1特定企業研修
◆石川6/8宝達志水町商工会
◆大阪6/17人生逆転講師7人セミナーhttp://bit.ly/IXb2AW

◆全国でのセミナー予定http://amba.to/wwkxxI 
◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn

自己啓発セミナーで必ず出て来るのは、「人生で成功したければ、まず、はっきりとした夢や目標を書き、それを貼り付け、毎日見て、できるできるとアファーメーションすること」。

以前、NHKで定年間近の100人を集め、第二の人生をどうするかの特番が組まれました。その中で多くの人から出てきたのは「会社は何もしてくれない」でした。つまり、あと2,3年で次の選択を考えねばならぬのに、大半の人は目標設定できない。これが現実でしょう。

 若いうちから人生目標がはっきり立てられるのは2、3%程度で、残り97%の人は人生の目標もわからず、目先に追われてその日暮らしに人生を過ごしているのです。

5歳の時にソナタを作曲したモーツァルトは、将来は音楽家になるという人生目標が見えたでしょう。10歳で1から100までの1万通りの九九を覚えて暗算したパスカルは、将来は数学者か物理学とはっきりとした目標が見えたでしょう。

文学も芸術もスポーツも、その手のやつは10代になる前からスゴい人は自分も周囲も気づく。その道で行こうと思う。

ところが、勉強もスポーツも文学も人並み以下。100M18秒の人が、短距離ランナーになる人生目標を立てることはありません。たとえ年々か努力して15秒で走れても、誰も評価しないし、社会的な価値がないことも知ってるから。

つまり、他人と比較して著しく優れている才能に焦点をあて、その才能を伸ばそうとするプロセスが人生目標になるのです。他人と比べて抜きん出たものがない人は、何を目標にすればいいのかわからないので、結果として人生の目標が立てられないのです。

さらに、普通の人が人生目標を立てられない2つ目の理由は、人生の長期プランを立てるという作業そのものが、特別難しいからです。普通の人は、何事も体験しないと本当のことはわかりません。人生の長期プランを立てるとは、まだ体験してない将来を事前に予測し、その実行計画を立てるということになりますから、特別に難しくなるのです。

◆栢野のコラム

あとでまた加筆訂正。するかもしないかも。このへんは永遠の課題だな。ドラッカーもぼかしてる。もっとわかりやすくするぞ。栢野が。騙し系でなく。事例も山ほど出しながら。刹那的かもだが・笑

(栢野メモ・が、人並みなら、何かで抜きん出ようと思えば、皆も人並だから、ライバルの少ない分野に絞り、人並み以上の努力をすれば人並み以上になれる)

(今、これを写経しながら気づいた。この本は1994年発行。実は今もそうだろうが、日本の場合、定年後もサラリーマンはなんとか食えるのだ。蓄えもある。ある程度。親の遺産もある。つまり、働かなくても生きてはいける。定年後の10年20年とか。また、学生も卒業の3月には9割以上の学生は就職する。大企業は就職氷河期だが、中小企業にバーを下げればいくらでも就職先はある。一般の失業率も5%以下。95%は仕事している。好き嫌いに関係なく、夢や自己実現とかも関係なく、働かないと生きていけないから。アジアの劣悪な労働条件でも。仕事はある。いくらでも。今でも新聞配達は即日採用ではないか。悪徳商法の訪販も。歩合ならなおさら。ネットワークビジネスや歩合セールスや代理店はいつでも職がある。実力主義で1割続かないが。それはなんでもそうか。自営もね。社会的人生的生活的に強制が働くのだ。自殺やウツも仕方ない。生活保護も。それは誤差の範囲。気にして騒いでもいいが、周囲やお客や他人や世間には関係ない。というか、成功も失敗も関係ない。周囲には。本人もそうかも。どうでもいい。なんとかなる。どうせ死ぬ。すべては本人次第。周囲が助けることもある。それも周囲の自己満足。右も左もどうでもいい。天の摂理では。そう。自分次第。顧客次第。ライバル次第。環境次第。素質次第。運次第。生存次第。死ねば終わり。生きてるうちが花なのさ。病気や寝たきりはツライ。ボケたらわからんからいい。無意識も。そうなったら意味が無い。人生の。の前に意識がなくなるさ。生きてるだけなら死ぬね。俺なら。いや、意識はある。他は全身麻痺なら、それはものすごい強制環境だから、ものすごい文章や思考や発見が出てくるかも。徳田虎雄みたいに、目で文章書くか。そうなってみないとわからんが。栢野メモ)

つづきはhttp://bit.ly/JMPnXI

と売り込みするつもりはなかったが・・笑

◆岡山5/18 日本初!<あなたは何で憶えられたいか?>
「天職と自己実現に活かすドラッカーとランチェスター」
※小さな会社と個人向け。起業目指す人もぜひ!
http://bit.ly/J4F6nN

◆福岡5/21「これぞ社会起業!」九州ベンチャー大学198回
・講師は日本政策投資銀行の女性起業家ビジネスプラン900人中最終選考に残ったソーシャルアントレプレナー光岡真理
http://bit.ly/IN4XkD


◆「人生は逆転できる!」http://bit.ly/KPlg0f
◆山口5/17日本初の日報コンサル+栢野http://bit.ly/JePN8h
◆岡山5/18あなたの天職を極めるhttp://bit.ly/J4F6nN
◆福岡5/21これぞ社会起業!198http://bit.ly/IN4XkD
◆豊川5/24早朝倫理法人会
◆仙台6/1特定企業研修
◆石川6/8宝達志水町商工会
◆大阪6/17人生逆転講師7人セミナーhttp://bit.ly/IXb2AW

◆全国でのセミナー予定http://amba.to/wwkxxI
◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn" width="403" height="600" alt="" style="border: 0px; height: auto; min-height: 100%; position: relative; width: 403px; ">

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆山口5/17◆岡山18◆福岡21◆豊川24◆豊橋25◆仙台6/1

「単に好きなことをするというだけでは、自由はもたらされない。気ままにすぎない。それではいかなる成果も上げられない。貢献も行なえない。自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートする時、人は自由となる。責任を持つがゆえに、自由となる」(明日を支配するもの・ドラッカー)

エラソーに言いやがって!でも深イイ。これは、好きなこと=私利私欲だけで、顧客視点顧客への貢献役立ちメリットがない+その貢献が同業ライバルよりも劣る場合、お客様は買わない=売上粗利がない=成果が出ない=資本主義社会では食えない=自由がない。ということか。こういう説明はドラッカーしてないが。かなり意訳がうまくなってきたか。口先栢野。趣味と仕事は違うと。好きなこと・趣味は自分優先。仕事はお客様への役立ち貢献が優先。理想は、好きなこと=趣味と仕事が一致する場合ですね。私はかなり近いです。有難いです。が、好きな事ばかり=世界放浪なんかもしてるので金は貯まりません(笑)

◆岡山5/18 日本初!<あなたは何で憶えられたいか?>
「天職と自己実現に活かすドラッカーとランチェスター」
※小さな会社と個人向け。起業目指す人もぜひ!
http://bit.ly/J4F6nN

◆福岡5/21「これぞ社会起業!」九州ベンチャー大学198回
・講師は日本政策投資銀行の女性起業家ビジネスプラン900人中
・最終選考に残ったソーシャルアントレプレナー光岡真理
http://bit.ly/IN4XkD

◆「人生は逆転できる!」http://bit.ly/KPlg0f
◆山口5/17日本初の日報コンサル+栢野http://bit.ly/JePN8h
◆岡山5/18あなたの天職を極めるhttp://bit.ly/J4F6nN
◆福岡5/21これぞ社会起業!198http://bit.ly/IN4XkD
◆豊川5/24早朝倫理法人会
◆仙台6/1特定企業研修
◆石川6/8宝達志水町商工会
◆大阪6/17人生逆転講師7人セミナーhttp://bit.ly/IXb2AW

◆全国でのセミナー予定http://amba.to/wwkxxI 

◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※インドのブッダガヤ・菩提樹の前で。

2,所をうる (天職に出逢う・栢野意訳)

強み、仕事の仕方、価値観という3つの問題に答えが出させすれば、うるべき所も明らかになるはずである。ただしこれは、働きはじめたばかりの若いうちに知りうることではない。

うるべき所を子供の頃から知ることのできるものは僅かである。数学者、音楽家、料理人などは、4、5歳の頃に決まっていることがある。医者も10代で決まっていることがある。その他の仕事では、かなり特別な能力をもっていてさえ、自らうるべき所を知るのは20代半ばを過ぎてからである。しかし、やがて自らの強みがわかってくる。自らの仕事の仕方もわかってくる。自らが価値を見出すものもわかってくる。

これら、3つのことがわかれば、うるべき所も明らかである。逆に、うるべきではない所も明らかである。大組織では成果を上げられないことがわかったならば、いかによい地位を提供断らなければならない。意思決定に弱いことがわかったならば、意思決定の必要な仕事は断らねばならない。

おそらくパットン将軍本人は自覚していなかっただろうが、彼の類の人たちは、独立した組織のトップの座を打診されても断らなければならない。

もちろん、自らの強み、仕事の仕方、価値観がわかっていれば、機会、職場、仕事について、私がやりましょう、私のやり方はこうです、こういうものにすべきです、他の組織や人との関係はこうなります、これこれの期間内にこれこれのことを仕上げます、と言えるようになる。

最高のキャリアは、あらかじめ計画して手にできるものではない。自らの強み、仕事の仕方、価値観を知り、機会をつかむ用意をした者だけが手にできる。なぜならば、自らのうるべき所を知ることによって、普通の人、単に有能なだけの働き者が、卓越した仕事をこなすようになるからである。

「明日を支配するもの」ドラッカー212P

◆栢野のコラム

所をうる。辞書で調べると、「その人にふさわしい仕事や地位につく」「よい時勢にあって、勢いが盛んである」。まさに、これが私の生きる道、天職、無我夢中で楽しい仕事。本人にとって。天職だ。天職。これにいつ出逢うか気づくか極めるか。永遠の課題だろう。一風堂もやずやも44歳の時。七転び八起きして。竹田陽一も転職4回44歳で独立した。キューサイも。偶然、私も44歳だった。が、それは意識した。周囲は44歳。それまでダメ人生で、苦し紛れに俺も44歳で目覚めると41歳42歳から目標設定し、本と講演業という天職で目覚めた。ある意味奇跡だ。まさかだった。そんなもんで食えるとは思わなかった。そんな仕事があるとは知らなかった。いや、知ってはいたが、竹田陽一や田中真澄みたいに、自分がなれるとは思わなかった。奇跡ってあるんだなあと思う。まさに所を得た。=所得か。なるほど。

で、いつ天職に出逢うか。気づくか。偶然、そうなるか。これは人によって違う。幼少期に気づく人もいれば、70代で気づく人もいるだろう。マクドナルドのレイ・クロックは50代、ケンタッキーは70代で起業だ。

ドラッカーは20代の頃、イギリスの投資銀行で資産管理のサラリーマン仕事で成功していた。稼いでいた。が、「私は金に興味なかった。私が興味あるのは人なのだ。だから、辞めることに未練はなかった」と。

で、「その天職」にいつ、どうやって出逢うか。昨日見たNHK連ドラ「カーネーション」でコシノジュンコの母物語が。家業の呉服店絡みでミシンに出会い・・夢中になり、そのまま洋装店に。そこで育った娘3人も・・世界的な大成功。理想的で羨ましい。10代で決めてるから。自信もあったのだ。絵やデザイン画がスゴいと褒められている。自分でも抜きん出てるとわかったのだ。

相田みつをは生協の職員や学校の先生になろうとしたが、そして書道教室もやっていたが、あの独特な書で書家として独立起業する。30歳前後か。が、食えずに極貧であれこれデザイン広告制作もやり、60歳前に本がベストセラー。天職の萌芽は中学生の時、学校で書いた書道をほめられたからか。

大半の人は、就職した会社、転職先・・・実際にやった仕事の延長線上にある。はず。天職だから。趣味でなく。食えてないと仕事になりにくい。つまり、なんらかの練習時期=10代20代30代でついた仕事の中で、人よりも上手くこなせ、稼げ、お客や他からも褒められ、自分も生きがいやりがい感じる仕事。それが何なのか?

単に好きだから、だけでは食えない。趣味は楽しいだけでいいが。天職=仕事の場合、お金が稼げねばならぬ。金が無いと死ぬ(親の金や資産ある人は別)。お金を頂くということは、お客様からお金を頂くということは、他にも同業他社がたくさんある中で、奇跡的にも我社にお金をいただけるということは、お客様から見て、同業よりも何か利益になるもの、役に立つものがなければならぬ。だから、単に自分が楽しい面白いウキウキワクワク「だけ」では食えぬ。主観×顧客観×競観で、競争相手よりも、顧客に役立つ商品サービスを提供せねばならぬ。それが何なのか?その商品(天職)は何で、顧客は誰で、競争相手は誰なのか?その上で強みは?

◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ 
◆大阪6/17講師5人スペシャルセミナーhttp://bit.ly/IkPRoq 
◆セミナー勉強会・全国の予定http://amba.to/wwkxxI
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆高校生の妊娠を的中したスーパーマーケット。

購買行動を分析した結果、次はこれを買うだろうと。あり得るね。アマゾンもそうだ。親より先に、娘さんの妊娠を察知したスーパーマーケット。20代前半、丸井からテニスラケットのDM来て驚いた。ちょうど買おうと思っていたので。カードで顧客管理購買履歴管理をしてたから、わかったのだ。これを20代前半でこれを買った独身男は、次はあれを買うだろうと。売り切りではわからん。以下のハガキも同じ。出すだけでは効果なし。で、このフェイスブックも・・・各自の自己紹介や投稿で読んでる本とか好きなもの見れば・・・それが本当なら・・かなりわかる。購買傾向とか癖とか趣味が。そんな本を読んでるレベルかと。私も笑われている。見透かされている。その程度の自己啓発本がスゴいというの?あんたはそのレベルかあ。なら、あの悪徳セミナー・・・すぐに騙されるだろうとか丸見え(笑)。そうかあ。でんかのヤマグチとか、これを普通にやってるな。各家庭・個人の購買履歴・趣味・家族構成みれば、新人でもスグに読める。どの業種でも当たり前のことか。法人営業では普通だ。忘れてた。やるかやらんかだけだ。売った後、または、見込み客の顧客管理カードの作成+フォローを。以下もそういうこと。ハガキだけでは成功しない。

◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ 
◆大阪6/17講師5人スペシャルセミナーhttp://bit.ly/IkPRoq 
◆セミナー勉強会・全国の予定http://amba.to/wwkxxI 
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
☆我ら口だけクソ評論家コンサル大学教授=傍観者の存在意義

アメリカのベンチャー月刊誌「インク」1985年インタビュー

◆ドラッカー:私が30年前に書いた「現代の経営」によって、読者はマネジメントの仕方を学んだ。それまでは、特に才能のある者だけが行うことができ、他の者には真似の出来なかったことが学べるようになった。私はそれを一つの体系にまとめた。今度の「イノベーションと企業家精神」も同じ事をしようとした。

◇インク誌:しかし、その内容はあなたが考えたのではない。

◆ドラッカー:いや、かなりの部分は私の考えだしたものだ。

◇インク誌:戦略の部分はあなたが考えたものではない。あなたが書く以前からあったことだ。

◆ドラッカー:いや、ちがう。

◇インク誌:私が言いたいのは、それらのことは他の人がすべてやっていたものだということ。市場の隙間を見つけたり、社員に起業家精神を発揮させることは、あなたの本が出る前から行われていた。

◆ドラッカー:そうだ。しかし皆が、それらのことができるのは天才だけであって、なかなか真似することはできないと考えていた。わからないから真似できないというのでは体系化されたとはいえない。

私がマネジメントの世界に入った頃、マネジメントのかなりの部分は、エンジニアリングから派生していた。会計や心理学から来ているものもあった。しかし、それらは別なものと考えられていた。しかもばらばらであったために、ほとんど役に立っていなかった。今度のあの本の中のかなりの部分が、そのような意味で私が考えたものだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆栢野のコラム

いいねえ。このインク誌担当者は。素晴らしい。当時も重鎮で著名で権威だったドラッカーにズバズバ食い込んでいる。かなり苦しいドラッカーの言い訳。所詮はこういうことだ。商売人や経営者は4000年前からいた。コンサルや本などなくても読まなくても成功していた。今も成功者の99%は経験と我流で成功している(が、その99%も30年以内に消滅するが。で、生き残っているところには掟がある)。

ドラッカーが「マネジメントを発明した」と言われる経営書(当時世界最大で最高にうまく経営されていたGMの取材本)を出した1950年頃も、すでに累計全世界で数万数十万数百万数千万社の経営者がいて、誰もドラッカーの本など読んでなくて成功していた。※ちなみにドラッカーにはスグ使える戦術はない。戦略もほとんどない。思想、理念、考え方、哲学だ。追い込まれている中小零細企業には役立たない。特に、国語の読解力がない人は無理。もっというと、学校の成績悪かった人は読めない(笑)。何が書いてあるか理解不能。私も。

それは、昔も今もこれからもそうだ。ドラッカーから派生したMBA系の本、ランチェスター、孫子の兵法、なんとかマーケティング、お客を一瞬で落とす(悪徳)営業の本、戦略戦術、自己啓発、成功哲学の本、研修、ノウハウ、なんだかんだいろいろある、が、周囲のそれなりの成功者に聞いてほしい。その手の能書き本やコンサルやセミナー等関係なく、勝手に、徒手空拳で、自然に成功した人が大半だ。口先屋に騙されてはならぬ。

が、私も今まで何度も言われた。聞いた。地場ナンバーワンのテクニカル電子創業者・本房社長に竹田陽一の「ランチェスター弱者必勝の戦略」あげたら、「いや~驚いた。ここに俺が何で成功したかまとまってる・笑」。ラーメン一風堂の河原さんも「いや~ランチェスター最高。うちもそうよ。結果としてだが」とか、それはそれぞれ、ナポレオン・ヒルの本を読んだ人、SMIの教材聞いた人、戦国時代の歴史書読んだ人、何かのセミナー出た人で、その前から成功してた人はよく言う。

「これは俺がやってきたことだ。考えていたことだ」と。

経営思想・理念・使命・戦略・戦術の他、自己啓発、やる気モチベーションの分野も原理原則はある。人生の法則もある。ブッダ、キリスト、アッラー、ヒンドゥーだ。道徳とか、倫理法人会なんかもそう。新興宗教もそうだ。人によっては。

人間関係やコーチングやカウンセリングの原理原則なんかも「人を動かす」とか「道は開ける」に書いてある。デール・カーネギーは自分の話し方教室30年の経験をまとめたのだが、それは万人に共通する。

できている人は自然にやってる法則。

それをまとめたのが様々な本や教材やセミナー。

そうか。学校の教科書もそうだ。国語算数理科社会。英語も、なんやも、料理の仕方も、スポーツも、全部、基本の教科書、バカ教師、参考書、塾、他がある。いる。

(実はそういうことだ。勉強やスポーツには教科書や指導者がキチンとあるが、それは今も有効だが、仕事、経営になると、いわゆる教科書がない。先生も。あるのはあるが、わけわからん状態)

名作「愛と青春の旅立ち」でリチャード・ギア扮する主人公は立派な男に生まれ変わったが、指導したのは黒人の下等な鬼軍曹。同じ訓練をワンパターンで30年はやっている。卒業すれば大した先生ではない。が、恩師となるのだろう。

その程度の存在。先生とか先輩も。そういうことだ。

◆で、我々零細企業には以下↓の小手先戦術!(笑)今さっき、DVD視聴者のコメントがFBに書き込まれました。

「ありがとうございました!葉書の凄みに、あらためてうなりました 山幡さんの凄みがやっている人間にはじわじわ、ビリビリと伝わってきました。葉書を止めたら、この仕事を辞めなきゃならないという言葉に覚悟を感じました」古瀬さん↓↓

◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ 
◆大阪6/17講師5人スペシャルセミナーhttp://bit.ly/IkPRoq 
◆セミナー勉強会・全国の予定http://amba.to/wwkxxI 
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Twitterで出版社の方が「お陰様で25刷」と宣伝だが、控えめなカンジがいいかもと見ると、私が何度目かのドン底時代に立ち読みした本。やはり2001年だった。記憶はスゴいな。で、題名からして、ダメ人間向けの自己啓発本、今の俺にちょうどいいかもと読んだ。内容は覚えてない。が、奇跡は起きた。それは下記にもあるように、トライしたからだ。新しいことに。将来の夢や10年後の目標などわからない。5年後も1年後もわからない。見えない。が、「明日は今日とちがう自分になる」「トライすることに失敗はない」。アマゾンレビュー見ると、やはり大半は行動してないサラリーマン系。起業家なら当たり前のことだが、それでも10年で9割、30年で99%の起業家は消える。それはイノベーションを怠るから。変わらないために変わり続ける努力を怠るから。と、ドラッカーや一風堂もブッダも諸行無常で説くが、そういうお前らもいつかは死ぬ。死んだら会社も終わる。終わらなくてもバカ息子やゆるい二代目で潰れる。それが天の摂理。永遠の繁栄などない。が、そんな夢を追い続ける。のも天の摂理。人間の性。下の方のユニ・チャーム高原さんのコメント見て唸った。また出たなと。お前もドラッカー読んだか?と同時に、バカでも年収1000万伊藤さんも見直した。「木曜日は無条件で新しい事する」とか同じ事を言ってるからな。馬鹿なことをやるのだ。トライ。行動しかない。やるしかない。大半の人はやらずに死ぬ(別にそれでもいいが。流されて生きてもいい。世間に関係ない。あんたや私が成功しても失敗しても、誰も覚えてない。すぐ忘れる。関係ない。自分が悔い残さないかどうかだけ。それも死ねば終わり。すべては自己満足)。やるのだ。自己啓発系の超初心だが。山川雅之もトライの連続で失敗しまくり大成功だ(が、余裕資金の1割以内で。つまり、失敗しても影響ない範囲でと)。私も今、書いて貼った。目の前に。初心に帰るために。「今日は昨日と違う自分になる」「毎日、何か新しいことをやる」と。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下はアマゾンから抜粋

◆出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。

本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。たとえば老人は「目標を立てるな」という。

「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、軌道修正もできないと反論する。しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。

試すこと、日々変化が必要であること、偶然を見落としていること…。本書のこうしたメッセージは特別なものではないが、それを痛切に感じさせる語り口が独特である。

「多くの人は他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしている」

などは、自分を振り返らせるのに十分である。

物語仕立てのビジネス啓発書としては「短編」の部類に入る本書。シンプルながら味わいのある1冊である。(棚上 勉)

◆熊本のある老舗のラーメン店がテレビで紹介されていた。馴染みのお客さんがインタビューに答えて「はい、昔から味が変わらないのでもう何十年も通っています」。当の主人いわく「毎日、工夫して味を変えてきています。だからお客様は、変わらない味だと言って通ってきていただけるのです」。翻って、先日昔よく通ったラーメン店に行ったら味が変わっておらず懐かしかった。しかし、かつては繁盛していたのに店はガラガラだった。「本当に」味が変わっていなかったのである。

私の座右の銘である「日々新たなり」は「荀日新、日日新、又日新」(大学)から引用したのであるが、ある意味、そこからの発展形として伝承しているユニ・チャームのDNA(遺伝子)の1つに“変化価値論”というのがある。社員一人ひとりの思考や行動が変化した分だけ、企業に付加価値をもたらすという考え方である。それらを実に様々な教訓と実例を交えて理解を深めさせてくれ、動機づけしてくれるのが本書である。

「きみたちの計画は、一見申し分なかったように見える。(中略)だけどきみたちは何も試さなかったし、よりよいものになってもいかなかった。ライバル会社にとっては、止まったまま動かない標的だったんだ。新たにやってこようとする会社ならどこでも、きみたちの店を訪れ、どういう展開をしているかを見て、それにちょっと工夫を加えてよりよいものに改良できる。きみたちは、つぶされるべくしてつぶされたってことだよ」。こう述べられている章の見出しはこの本の要諦でもある。

それは、「きみたちの事業は、試してみた結果、失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落してたんだ」――。

事業を起こし、まがりなりにも新規株式公開を果たすと世間は「成功者」と呼んでくれる。しかしながら過ちは人の常、創業経営者が間違いを起こさないと考えることは傲慢の極みである。それでも私を支えた信念は「正しいと思ったことをやらなかったり、正しいと思ったことを言わなかったりしたら、それは企業人以前に人間として価値があることなのか」ということである。

トライ・アンド・エラーではなくトライ・アンド・サクセスをイメージして、試すことが大切である。PDC(Plan、Do、Check)のDoは毎日できないかもしれないが、Tryなら毎日できる。昨年の仕事納めの日に、当社の社長が本書を若手社員に薦めていたのが聞こえたので、私も早速本書を「試して」みたことをつけ加えておこう。

(ユニ・チャーム会長 高原 慶一朗) 
(日経ビジネス 2002/02/25 All rights reserved.)

◆著者略歴 ドーテン,デイル
1950年生まれ。アリゾナ州立大学大学院(経済学)卒業後、スタンフォード大学大学院で学ぶ。1980年、マーケティング・リサーチ専門会社、リサーチ・リソーセス(Reserch Resources)を起業し、マクドナルド、3M、P&G、コダックなど大手優良企業を顧客に持つ全米でもトップ・レベルの会社にまで成長させる。1991年、新聞に執筆したコラムが好評を博し、執筆活動を開始。現在米国を代表する人気コラムニスト。氏が執筆するコラムは、100社以上の新聞社に配信され、毎週1000万人以上に愛読されている。執筆活動のかたわら、企業講演、従業員訓練やキャリア・セミナーを主催し、意思決定論、人材育成、キャリア・アップによる能力開発や成功をテーマに独自の理論を展開している

◆ハガキ15枚で年収2500万円!http://bit.ly/JEKKTZ 
◆大阪6/17講師5人スペシャルセミナーhttp://bit.ly/IkPRoq 
◆セミナー勉強会・全国の予定http://amba.to/wwkxxI 
◆無料動画・成功事例http://bit.ly/xEBlIn
 — 伊藤喜之さんと一緒です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。