高次エネルギーとつながってできること | 自分とつながり、すべてとつながる

自分とつながり、すべてとつながる

「生まれてきてよかった」と言わせるヒーリング×瞑想ティーチャー、伊豆大島リトリートスペース「Retreat&Stay BHOGA」オーナー。世田谷との2拠点生活。オンラインセッションもやってます

こんばんは、エクタです。

昨日の牡羊座新月は
いかがお過ごしでしたか?


今後の流れを作って
スピードに乗せるのに
最適な新月でしたので

アファメーションを
しっかりされた方も
多いのではないかと思います。




私はと言うと

実はそうしたことは
ほとんどしないんです、が

意識せずとも

新月や満月に
適したプロセス

になっていたりします。


気づかなくても
天体の影響を受けている

それで充分かな、という感じで。


自分の自然を生きていると

宇宙のサイクルとも
同調してくるのかもしれませんね。


さて、先日のアンケートでは

185名の方が

「召喚能力に興味がある」と

お答えくださいました。

ご協力くださったみなさん、
ありがとうございました!


それでは今夜も引き続き

高次エネルギーと
つながることについて

お話ししていきますね。


────────── 

まだ知らない自分と出逢う

────────── 

突然ですが、クイズです!


私がこれまでに伝授してきた
50種類ほどの
高次エネルギーの中で

一番印象的だったのは
何だと思いますか?


それぞれ違った魅力があり

もちろん優劣は
つけられないのですが


個人的に大好きなのは

【エンジェルリンク】!


一人の熾天使(セラフ)と
4人の大天使(アークエンジェル)と

のコネクションを創る伝授です。


エンジェルのエネルギーは
ハートへの働きかけが鮮明。

微細で優しくてあたたかくて。


「これが無条件の愛‥‥」

「私が味わいたかったエネルギーは
 まさにこれだ!」

とつながる度に満たされました。


でも、もともと

エンジェルをはじめとする
キリスト教的な世界観には

それほど馴染みもなく

こんなにスイートなエネルギーと
自分が響き合うなんて

ちょっとした驚きでしたネ。


同時に、
知らなかった自分との
出逢いのようでもありました。

自分が思っている自分には
含まれていない自分のエッセンス。

先入観や思い込みが
邪魔をしていて

本当はそこに広がっているのに
見えない景色。


私はエンジェルたちと
つながることで

内なる神聖さの色を
より感じられるようになり、

ただただ
スイートでいて良いのだと

思いきり愛して、
求めて良いのだと

自分を許す
きっかけにもなりました。

理屈ではわからないことを

エネルギーの次元においては
するっと移行できてしまうんです。


ちなみに、数年後に完成した
オリジナルのヒーリングエネルギー

“ライラックプラチナ”にも

エンジェルのエネルギーを
たっぷり注入しています。


──────────
 
高次存在と共同創造

────────── 

去年の今頃、急遽

女性性を目覚めさせる
女神アフロディーテの
オンラインセミナー

を開催しました。


アフロディーテは

「愛と美」を
象徴する女神で

女性としての歓びを
体現した存在

として知られています。


当日は

黄色と白のバラを
セッティングして

「女性性を自由に表現」

をテーマに

さまざまなワークを行ったり

アフロディーテの
エネルギーをダウンロードして

ご参加者全員と
お繋ぎしたりしました。


セミナー終了時には

「顔が女子っぽくなった」

「肌がキレイに見えるような気が」

こんな声が
飛び交っていたんですよ!


他にも

「自分は女性性は必要ないかなと
 言う気持ちでしたが

 やはり女心は隠れていました」


「初めて女性性、
 そしてアフロディーテに
 とても興味を抱きました」


などなど。

これも

「知らなかった自分との出逢い」

ですよね。


アフロディーテに
つながることで

隠れていた女性性が開かれて

「これが‥私?!」



かくいう私も、

セミナーの1週間前くらいから

アフロディーテと意識的に
つながっていたためか

気づいたら
好みがやたらフェミニンに
なっていました。


例えば

優しいパステルカラーで
ひらひらしたシフォン素材に
目が向いたり

ローズやネロリ、イランイランなど
甘くて女性っぽい香りを
選んでいるとか。


普段は

「モアナもしくはリロ」
「ゴーギャンの絵みたい」
「セドナにいそう」

とよく言われる
土着的な感じなのに‥(笑)!


でも、そのフェミニンさも

自分らしくないなー
という違和感はなくて

これも私の一部なんだな、

という発見でした。


このエネルギーを
表現させてあげようかな

とも。


先入観や思い込みを
取っ払う機会になったんですよね。


アフロディーテが
ビューティーアドバイザー?!

そんな共同創造の一例でした。


メイクやファッションを
プロに頼むことでも

そうした効果はあると思いますが

エネルギーリンクをすると

内側から開かれるので
コスプレ感もなくて

もともと、こうだったよね?と
より自然に馴染む気がします。


────────── 

いろんな答えがある中で

────────── 

高次の存在とつながって
できることは

他にもいろいろあります。

アドバンスクラスで
試していただいているのは

「複数の高次存在に
 同じ質問をしてみる」


例えば、

「パートナーシップを
 円滑にするための
 アドバイスをください」


という質問を

大天使ミカエルと
女神アフロディーテに

聞いてみたら

おそらく
答えは同じにはなりません。


それぞれが最適な答えをくれるので

「そんな捉え方もあるんだな」

とか

「そういうのもアリなんだ!」

と視野がぐっと広がります。


なにせ相手は高次存在、

三次元では思いつかないような
ぶっ飛んだコメントもあれば

地球、何十週も生きてます?
というほど模範的回答もあったり。


だけど、

たった一つの正解が
あるわけではないのは

現実の人間関係と
同じなんですよね。


なので最終的には
自分で選ばなくてはならないんです。

(盲目的な存在がいたら別ですが…)


では、どうやって選ぶのか?

といったら

内なる神さま、
高次意識、ハイヤーセルフと

つながることです。

内なる高次存在が

“自分にとって”の正解を
知っているはずです。


では
ハイヤーセルフと
つながるには?

というところに
立ち帰ることになりますが


今ここの自分と
つながること。


今ここの感覚がわかるなら

いくつかの階層を超えて
さらにその奥へと進んでゆくこと。


いつも同じ結論に
なってしまいますけれど。

遠回りのようでいて、
これが一番の近道なんですよ。



いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございます。 

素敵な夜をお過ごしください。



追伸:女性性/男性性について書いています

女神アフロディーテのオンラインセミナー報告

▼考えてもわからないことは〇〇に聞け
https://03auto.biz/clk/archives/pudlsh.html

 


--------- ★ ----------

新しい時代の心と身体へ

生まれ変わリトリート
http://kayam.net/retreat/
 

 

 

 

エクタ 【ヒーリング×瞑想】ティーチャー
 



-------------------------------------------------- 

■主な実績

●50種類の高次元エネルギーを
 4年間で2,500件伝授したエネルギーマスター

●ボディセラピーとエネルギーヒーリングを融合した
 独自セッションを1,000件以上提供

●クライアントの9割が
 「自分と繋がる方法を知って、人生が変わった」

●15年の瞑想歴で、
 瞑想が苦手なヒーラーへの指導を得意とする

●作家、画家、デザイナーなどの
 アーティストからも熱い支持を得ている

●“エネルギーを上げる”インテリア、ファッション、
 ライフスタイルの提案も可能
 
●「心に効きます」「何度も読み返しています」
 ハートに響くメルマガ配信中

 →お申込みはこちら

-------------------------------------------------- 

■プロフィール

1973年、東京生まれ。 

子供のころから何をしても“これじゃない感”があって、
理由もない生きづらさを感じていました。

なぜ人は生きるの?
どうしたら楽に生きられるの?

その答えをみつけるべく
心理学や哲学、カウンセリング、
目に見えない世界の探究を始めました。

WEB制作に携わりながら、
身体と心、魂に働きかけるヒーリングを10年以上学び続け
2010年、独自のセッションをスタート。

2013年、人生観が一変した目覚めの体験後に退社し、
ヒーリングや瞑想の指導を始めました。

-------------------------------------------------- 

■ミッション

すべてはひとつに繋がっている(ワンネス)ことに目覚め、
その中で自分らしく(ユニーク)創造的に生きる”という、
新しい時代の生き方を体現していく。

《エクタという名前の由来は、「ワンネス」と「ユニーク」
相反する2つの意味を持つサンスクリット語です》