週末を待ちわびる人生ですか?  | 自分と繋がりすべてと繋がる【ヒーリング×瞑想】をマスター講座

自分と繋がりすべてと繋がる【ヒーリング×瞑想】をマスター講座

頭の理解から、リアルな体験へ。愛やワンネス、空やエネルギーの仕組みを腑に落とすための“体感型”の講座です。新しい時代のヒーラーを目指す方や、クリエイティビティを開花させたい方にも。


テーマ:

こんばんは、エクタです。

 



ハワイ島滞在6日目、
早くも明日帰国します。

今回の旅の目的は
“コロンハイドロクレンズ”
(洗腸プログラム)

ジャングルで過ごす
デトックスリトリートに
参加してきました。

洗腸の話、興味ありますか?

かなりマニアックな健康法なのですが
興味ある方が多そうでしたら
体験談をシェアしますね。

興味ある方はクリックしてくださいね
http://abaql.biz/brd/archives/zghpbw.html


さて今夜は
今回の旅でご一緒した方と
おしゃべりした中で

同じように感じている方も
多いであろうテーマ(?)

「あの場所ならできるのに」
「その時はいいのに」

についてお話していきます。


──────────
“あの場所に”行かなければ
──────────

今朝、最後のクレンズを終えて
毎週末、地元の人たちが集まる
ダンスイベントへ。

道中の会話です。

エクタ
「ダンスは本当に解放されますよね~
 私の講座でもガンガン踊ってもらいます♪」


Aさん
「去年セドナに行ったとき、
 ダンスヒーリングがテーマで
 本当に気持ち良かった!
 
 大地と一体になって~、とか
 リードしてもらったのもあったけど
 踊った時、それを感じることができて。」


エクタ
「わーー!良かったですね
 一度でもそんな風に踊れたら
 踊るの楽しくなりません?

 すっかり踊るのが好きになって
 キッチンで踊りながらお料理作るっていう
 生徒さんもいましたよ」


Aさん
「えーーーー
 それは無理だなぁ

 家ではそんな気になれない。
 あの場所とリードがあったから
 踊れたけど、家じゃ無理」


エクタ
「そんなことないよ、
 いつだって“あの場所に”繋がれるよ。
 
 そうじゃないと
 “あの場所に”行かなければ
 ハッピーに踊れない、ってことに
 なっちゃうよね」


Aさん
「私、まさにそうだな、、、、

 だから年に1度は海外に出たくなる。
 どこかに行かないと気分が変わらない。
 リセットするには環境を変えないと」

──────────
我慢して、ご褒美?
──────────

そういえば20代の頃、
私も同じでした。

年に1度、ハワイやアジアの島に
一人で旅に出ていたものです。

文字通り、息抜きでした。

一人っきりで
気のおもむくままに。

自由になるための場所が必要でした。

その頃は
心が自由ではなかったから。

外側を変えるしか
方法を知りませんでした。

帰国すればまた、いつもの日々。
少しずつ不自由に戻っていきます・
そしてまた次の
一人旅を夢見て

それまでは頑張る、、
という繰り返しでした。

週末の休みを待ちわびる
平日みたいに。

私は、会社員だったこともあるのです。

そのサイクルに慣れてしまうと
疑問は持たないでいましたが

我慢して、ご褒美。
みたいな感覚があることに
いつしか違和感を覚えました。
(ある意味ボーナスも似てますね)

こんなやり方は続けられないし
続けたくもないと。

そうした働き方を
否定しているのではありません。

その時の私のやり方、
週末のために
犠牲になっている平日を
取り戻したいと思ったのです。


──────────
あれこれ必要という信念
──────────

こんな話があります。

インドのあるところ。
毎日海辺に座って
のんびり過ごしている青年がいます。

一方、
毎日時間を忘れて
忙しく働いている青年もいます。

海辺の青年は尋ねます。
「なんでそんなに働いているんだい?」

忙しい青年は答えます。
「今できるだけ頑張って働いて、
 大きい家と車を手に入れて、、
 リラックスするためさ!
 もう働かなくていいように」

海辺の青年は驚きます。
「リラックスなら、今すぐできるのに!」

この話の要点は
「今すぐ手に入る」ものがある、
ということです。

忙しい青年は
リラックスするためには
家や車を持ち、仕事をしない時間が
必要だと考えていました。

海辺の青年は
リラックスには何も必要ない。
ただ、今そうなれば良いことを
知っていました。

私たちも、忙しい青年に似たことを
気づかずにしていることがあります。

幸せになるためには
あれこれが必要、
自分を愛するためには
あれこれが必要、

大地と繋がるには
あの場所が必要、
ダンスでハッピーになるには
あの人のリードが必要、

そんなふうに!

でも私が思うに、
これらは「今すぐ手に入る」ものです。

幸せになるために
条件はいりません。

幸せに「なる」のではなく
幸せで「ある」に切り替えるのです。


自分を愛するために
ダメなところをぜんぶ
どうにかしなくても大丈夫。
「愛する」の定義を変えるのです。

どこでだって大地と繋がれるし
自分で踊ってハッピーになれる。

週末を待たずに
平日の1日1日を
エンジョイすることだってできる!

気がつきましたか?

幸せ、愛、ハッピー、エンジョイ、、
これらは「状態」なんです。

私たちが体験したいのは
行動そのものよりも
行動した時に感じること、
その「状態」です。

なのについ、
行動ばかりを優先し
気づいたら
「なんでこんなことしてたんだろう」
ということになったり。

冒頭のAさんも
海外に行っては、帰国してからの
ギャップに苦しんでいるそうです。

「あの場所なら自分を解放できたのに、、」

あなたにもそんな経験はありますか?

それが本当にできたなら
どの場所でも
自分を解放できるようになります。

そして解放された自分のまま
存在し続けていきましょう。

その時限りのこと、と決めるのではなく。

確かに存在したそのあなたを
もう一度、登場させてあげることは
難しいことではないんですよ。

あなたがそれを許すだけで。

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

素敵な夜をお過ごしください。


 

エクタ 【ヒーリング×瞑想】ティーチャー




-------------------------------------------------- 

■主な実績

●50種類の高次元エネルギーを
 4年間で2,500件伝授したエネルギーマスター

●ボディセラピーとエネルギーヒーリングを融合した
 独自セッションを1,000件以上提供

●クライアントの9割が
 「自分と繋がる方法を知って、人生が変わった」

●15年の瞑想歴で、
 瞑想が苦手なヒーラーへの指導を得意とする

●作家、画家、デザイナーなどの
 アーティストからも熱い支持を得ている

●“エネルギーを上げる”インテリア、ファッション、
 ライフスタイルの提案も可能
 
●「心に効きます」「何度も読み返しています」
 ハートに響くメルマガ配信中

 →お申込みはこちら

-------------------------------------------------- 

■プロフィール

1973年、東京生まれ。 

子供のころから何をしても“これじゃない感”があって、
理由もない生きづらさを感じていました。

なぜ人は生きるの?
どうしたら楽に生きられるの?

その答えをみつけるべく
心理学や哲学、カウンセリング、
目に見えない世界の探究を始めました。

WEB制作に携わりながら、
身体と心、魂に働きかけるヒーリングを10年以上学び続け
2010年、独自のセッションをスタート。

2013年、人生観が一変した目覚めの体験後に退社し、
ヒーリングや瞑想の指導を始めました。

-------------------------------------------------- 

■ミッション

すべてはひとつに繋がっている(ワンネス)ことに目覚め、
その中で自分らしく(ユニーク)創造的に生きる”という、
新しい時代の生き方を体現していく。

《エクタという名前の由来は、「ワンネス」と「ユニーク」
相反する2つの意味を持つサンスクリット語です》

エクタ【ヒーリング×瞑想】ティーチャーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります