前記事と区別し難いのでタイトル変更しました(2018.11.17)

(今回、いつもに増してかなり長文となります。)

 

 

 

前回の返事に対して、質問の答えになっていないことを指摘してから1ヶ月。

市教委からは返信がなく、返信が遅くなるなどの連絡もなく。

またもや放置です。

 

そこで再度、県教委に電話して「市教委が問い合わせに答えない」と再度相談したら、やっと返事がきた。

 

返事がないときは敢えて他機関へ放置されている件を相談し、そこから催促を。

すると なぜか すぐに返事が来る不思議。

 

1ヶ月、意図的に放置してましたと答え合せしているような茶番です。

 

今回は前回と打って変わってかなり長文。

 

されど、細かく読む必要はない、

前回の、質問の趣旨からずらした短い返事

さらに理想論を加え、それらしく長い文章に変換してきただけ。

 

今まで同様、こちらが逐一記録していることは認識しているためか、こちらの指摘は認めるが、対応していないことについては一切触れていない。

そして やはり こちらの質問の答えにはなっておらず、教員、学校へ指導したことをアピールするだけの内容。

お得意の技、論点ずらし。

当たり前の理想論を加えて長文にしてあたかもきっちり返答しているかのように見せているように感じる。

 

 

 

〜とりあえず、論点がずれている点、こちらが事実と違う点を根拠も添えて指摘できる点を 書き出してみたらほぼ全部だった(笑)〜

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

(以下、 ■→ 市教委からの返信 ・ → こちらの意見)

 

 

■音楽の評価において、当該教諭が提出物への評価を適切な時期に行わず、返却が遅れたことにつきましては、〇〇様のご指摘の通りだと認識しております。教育委員会といたしましては、事実確認を行った後、学校の管理職と情報共有し、教育委員会及び管理職により当該教諭への指導を行いました。当該教諭の提出物の返却等については、その後改善されていると学校長より報告を受けております。

  • 提出物の返却についてではなく、こちらが指摘しているのは、「1年半の期間、すでにつけられてしまった不正評価の通知表についてどう対応するか」ということ。正しくない評価であることはすでに認めているにもかかわらず回収、訂正もせず、保護者、生徒への説明もないことについてを聞いています。教師に指導したというのはもう3回以上説明を受けているので不要です。

 

■学習評価に関する学校の対応の差異につきましては、発生した事案の内容や要因が異なるため、それぞれの状況に応じた対応をとっておりますことをご理解ください。

  • ニュースの小学校の件は、「受験に影響がないレベル」で、誤表記。こちらの中学は「受験に影響が出るレベル」で意図的「偽表記」(担当教諭本人が認めた)、さらに中学校3学年全員が対象。 明らかにこの中学で起きている件の方が悪質と判断できるのに、通知表の回収も訂正もせず、生徒にも保護者にもきちんと説明がないのはなぜでしょうか。「それぞれの状況に応じた対応をとっております」とありますが、どういう理由で公表しないのか。

 

■お子様が欠席を余儀なくされた期間におきましても、効果がすぐに現れるような指導を行うことは難しい状況がございましたが、教職員は複数の生徒に対する問題行動と真剣に向き合い、全ての生徒が安心して学校生活を送ることができるよう、日々努めておりました。また、問題行動を繰り返す生徒については、学校と教育委員会が連携を図るとともに、茅ヶ崎警察署や県警本部少年相談・保護センターをはじめとする関係機関・団体との連携も積極的に図りながら、更生に向けた指導・支援を行なってまいりました。

  • すぐに実行できる提案を、虚偽の理由で却下された点、3ヶ月以上経った後に校長が、当初こちらが提案した指導をしたところ、すぐに効果があったことがわかっています。「効果がすぐに現れるような指導を行うことは難しい状況」ではありませんでした。また、担任Nは実際は指導を放棄していたことを認めていること、それを校長も知っていたことも判明しており、やっと緊急保護者会が開かれたのが年度末です。その保護者会の内容をみても、他の保護者への対応が放置されていたことは明らかで、「教職員は複数の生徒に対する問題行動と真剣に向き合い」というのは間違いであると考えます。
  • そもそもこちらのいじめが発覚し、それに派生する形で 春からの学年崩壊状態が発覚した経緯、他の保護者からも夏前から苦情が相次いでいた件、担任の放置が発覚した経緯、を考えると「日々努めておりました」とは矛盾していませんか?放置がバレない努力を日々努めていたのでしょうか?
  • 学校と教育委員会が連携を図った時期はいつでしょうか?こちらが県に通報した時には、報告がされていないことは確認済み、こちらが問い合わせた機関すべて話が通っていませんでしたが?
  • 「茅ヶ崎警察署や県警本部少年相談・保護センター等との連携」とありますが、校長が「たとえ万引きでも指導しない」と治外法権を認める発言をしていたので、たとえ警察と連携を取っても意味はないのでは?また、校長が加害保護者と面談したのもすでに不登校3ヶ月をすぎた2月のことです。問題発生後すぐに連携を取っていたとは思えない。また、連携をとっていたとしても効果がなかったということになりませんか。

 

■当時1学年担任の一人であったN教諭の不適切な発言につきましては、学校長からも報告を受け、事実として認識しております。学校長から当該教諭による生徒たちへの謝罪も行なったと聞いております。また、当該教諭において、通常の学習活動に影響を及ぼす問題行動があったことは認識しておりますが、問題行動が発生するたびに、学校は当該生徒に対する指導をねばり強く行なっておりました。

  • 担任Nの「不適切な発言」については謝罪がされていないことを、障害と言われた複数の生徒の保護者に現時点で確認がとれています。担任Nが加害保護者への指導を放棄していたことも発覚後、本人が認めています。また、緊急保護者会(校長欠席)でも「いい人にみられたいから保護者へいい難かった」と本人が発言しております。なので、「当該生徒に対する指導をねばり強く行なっておりました。」というのは間違った情報であると考えます。

 

■御指摘にある学校長の当時の対応等につきましては、県教育委員会への報告は行なっておりませんが、当該学年の対応に課題があり、学校が生徒指導上苦慮していたことについて、平成27年度に県教育委員会へ相談し、県の指導主事とともに学校を訪問し、実体の把握に努めました。

  • 「生徒指導上苦慮していたことについて、平成27年度に県教育委員会へ相談」とありますが、これは学年崩壊の件ですよね?私が指摘しているのは「いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。」の「重大事態にあたる息子の件が報告されていないこと」について指摘しています。問題点をすり替えないでください。

 

■いじめの適切な対応等につきましては、平成26年7月に策定した茅ヶ崎市いじめ防止基本方針をベースに、各学校においても学校の実情に応じた基本方針を策定しております。

  • 策定しているのは存じており、それに沿った対応を求めたにもかかわらず、「放置」というまるで違う対応をされた点について指摘しています。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

最後まで、保護者や生徒への今後の対応については一切触れていない。

なんのための教育機関なのでしょう。

 

結局後から、上に書いたように、ひとつひとつ矛盾点などを書き出して再度問い合わせることになりましたが、

当時は、この文書を受け取って、またいちいち書いて、放置され、他機関へ相談、を繰り替えすことが明らかで、もううんざりしてとりあえず、市教委に電話で伝えることにしました。

すると、衝撃の対応をされました。

 

 

 

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村