ねこはしるの衣装

テーマ:
ねこはしるでは
池の藻と池をやりました


こちらが池の藻

{5F71FBA7-0B48-4C46-8614-3C735BD14D6F}


{DEFFD3F5-651C-473D-9B8C-0EAB55DC7AC9}

{6C16AEA2-D5CD-4832-BA92-58232CE6345D}


ああ魚はあの日、石になった…と魚の絶望と決意を歌う大切な場面でした。

魚は微動だにせず前を向いてステージに立ち尽くします。
池の藻のわたしは魚の背後に立ち尽くしたまま魚をただただ見つめて静かに歌い語ります。
池の藻のダンサーの藤崎みどりさんが芸術的な踊りを踊る静かな場面でした。

わたしはとくに5公演目くらいから、池の藻として魚の気持ちが痛いようにわかるようになりました。

魚はわたしの池に棲む一人ぼっちの魚でした。
ほかに魚はいなかったのです。
池の藻と魚。
心の深いところでユラユラとつながっていました。
小さなやんちゃな魚が生き生きと泳ぎ回ることが、池の藻にとって希望でありました。。。




そしてこちらが池。
{3867A6A0-1A65-46C6-8FC1-818CAA921D50}
池で繰り広げられる猫たちと魚の競争。
逃げる魚も追う猫も命をかけて
「一生懸命」なのです。
そして池も
「ふたつの一生懸命のあいだで、わたしも一生懸命な池であった…」
とうたいます。

ドレスの裾はこのようになっています。
{B784ACF3-3742-4C2B-96E3-FBDCC39167E7}

そしてヒール12センチのこの靴を履いていました…
{99407016-A3CD-4A95-8BA6-23599ACCC060}

倒れないよう一生懸命な川島由美でした笑


わたしの池に棲むたった一匹の魚役の神田恭兵さん
{A6DD09BB-50DC-448E-8C0A-F15E2FB58EA2}

まっすぐな声とまっすぐな瞳とまっすぐな心を持ち、思慮深く努力家で、明るく前向き。
とても良い役者でした。

このあとは屋根の上のバイオリン弾きにも出演されます。
今後の活躍がとても楽しみな俳優さんです。




まだまだねこはしる話題はつづく(かも…)



AD