やっと冬らしくなってきた、けど寒いのは苦手です | 彫刻刀・木彫鑿の鍛冶屋 河清刃物3代目の日々

彫刻刀・木彫鑿の鍛冶屋 河清刃物3代目の日々

新潟のとある田舎(与板町)で
彫刻刀・木彫鑿・包丁・特殊刃物などの
刃物の切れ味と使いやすさを日々追及しています。

河清刃物の商品紹介、
展示販売会の情報、
工場の様子、
3代目の日常です。

どーも、3年ぶりの宇都宮を楽しんできた3代目です

 

 

久しぶりの宇都宮は、仕事関係者の方々や常連様など笑顔で出迎えてくれて本当に嬉しかったです

 

 

その中でも僕にとっての1番の常連、増渕様87歳あった瞬間に涙が出るほどうれしかった

(増渕様はサングラスの奥にうっすら涙目だからマジでもらい泣きしそうになった)

 

で、会期中にもう一度来てくれて、娘二人と孫に包丁を合計3本

『また来年も必ず来ます、だから元気で!またね!』と約束しました


 

そんな気候も人もあたたかい宇都宮から新潟に昨日帰ってくると

 

波~~~

 

まーけど、やっと少しは冬らしくなってきましたね

俺自身はあんまりうれしくないけど、それは大きい声では言えません汗




 

ただ暖かかった宇都宮から寒波とともに新潟に帰ってきて寒くてしょうがない

蓄えてきたミートテックは役にたちませんね笑

 

 

こんな寒いのに明日からは研ぎの仕事ーーー。

そして休みはサッカー漬けーーー。

両方頑張りますよ 寒いけど

 

ではまた