広告が正しければ、短期間で売れる好例!(Indeed) | マーケティング・デザイナー☆川崎啓太のブログ☆

マーケティング・デザイナー☆川崎啓太のブログ☆

景気に左右されないビジネスを築け!
中小零細企業と個人事業に特化。事業規模とターゲットに合った[マーケティング×戦略]のマーケティングコンサルタント。


テーマ:

しかし「Indeed」のCMは素晴らしいですね!



短期間で、求人サイトの上位に食い込んだのでは?

ターゲットの脳内シェア(その人の記憶に占める割合)は

もしかしたら1位かもしれません。

 

実は、それを成功させるには

たった3つのポイントをおさえるだけで良いんです!

 

それが

マーケティングの3M

これは後述するとして

 

まず、このCMが良い理由は

・聞くだけ、観るだけでサービス内容がわかる
・目、耳をひく(キャッチー)
・サービス名を一回で覚えられる
・行動を喚起する(検索)
・エンドユーザーとクライアントに同時に呼びかけている
・何と言っても、ターゲットが良いと思えるデザイン(演出)である。

 

 

もちろん、サービス内容も、シンプルでユーザビリティにあふれていますし

クライアント、エンドユーザー、競合(同業他社)、全てにメリットがある。

※競合を邪魔していなんですよね。

 

細々とは色々ありますが…

 

その、気になる

マーケティングの3Mというのは…

(皆さんも、自分の広告に当てはめてみて下さい。)

 

・マーケット

・メディア

・メッセージ

 

この3つのをおさえて

広告を出すことだけなんです。

 

まず、

マーケットとは、ターゲットの塊のこと

今回なら、スマホでバイトを探している層(比較的若年層ですね)

 

次に

メディア

そのマーケット、ターゲットの塊が観ているメディアに出すこと

 

そしてメッセージ!
これは、そのターゲットに「伝わる言葉で伝える」なんです!
例えば女子高生に、中高年男性が使うようなビジネス用語で

メッセージを作っても、意味は理解しても共感されないってこと。

 

 

この、

マーケット、メディア、メッセージ

Market , Media , Message

3つそろって、はじめて 広告効果が発揮されるんです!  

 

さすがマーケティングの本場

アメリカ発祥のサービス!

 

みなさんも、

広告を考える際は

この3つを忘れないで下さいね!

 

 

 

 

差別化マーケティング・デザイナー 川崎啓太さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス