紅白豆腐で、打つ手は無限(販促、客単価up、新市場開拓) | マーケティング・デザイナー☆川崎啓太のブログ☆

マーケティング・デザイナー☆川崎啓太のブログ☆

景気に左右されないビジネスを築け!
中小零細企業と個人事業に特化。事業規模とターゲットに合った[マーケティング×戦略]のマーケティングコンサルタント。


テーマ:

その歴史が長く、

すでに飽和状態の価格競争で

困っている市場って多いですよね。

 

例えば豆腐市場

 

工場の低価格商品がスーパーに並び

街の豆腐屋さんは減るばかり。

 

 

商品のライフサイクルに当てはめてみると?

豆腐の様に、成熟期、成熟期後期になると
「量、サイズ、色、数量、香り、味、使用場面」etc
横展開が増え、さらに価格競争に。

 

 

そこで豆腐市場に、紅白豆腐
※白い豆腐は既存なので、厳密には紅い豆腐
 



 

めでたい席の椀物、紅白の豆腐。
先付の一つに紅白奴
必ず、白と紅の2丁買うことにも。


などなどなど、ハレの日市場は美味しそう。

ちなみに、豆腐の大豆使用割合や、

味(甘み)の目安ってわかります?

ジュースなら100%

日本酒なら、本醸造、純米、純米吟醸など。

 

豆腐なんかも、そう言った基準を可視化すると

良いんですけどね(実際は基準策定の動きあり)

 

 

 

 

差別化マーケティング・デザイナー 川崎啓太さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス