HCK48 「ヒヤリングセンター神奈川48」のブログ

「世の中の補聴器普及にお役にたちたい思いを持つ」メンバーよる、「補聴器にまつわる生の声」をそのままアップしていきます!!第一期メンバーは、9名。年代も職業も趣味もバラバラですが、全員が「補聴器を愛しています。」


テーマ:
補聴器に対する要望 こんな補聴器があったらいいな


補聴器の場合、眼鏡と違って補正する要素が多いので理想とされる補聴器にするのは
生半可なことではないと思います。
ちなみにてつおくんの眼鏡は遠・中・近三用のフルコースです
素人考えですが補聴器のお世話になって1年強、こんなの欲しいな!を思いつく
ままに・・・何々が何々ならいいな~いつかもやってましたっけ!
完全に笑点のパクリです


素人考えですが音は振動と置き換えることが出来ると思います
振動の要素は振幅、周波数、加速度と3つ要素があります、てつおくんこれでも計装設計
という仕事をしていて圧力や温度、流量、位置検出等、もちろん振動も!
を計るを考える人なのです。
振幅は音の大きさ
周波数は音の高低
加速度は音の音色?声色???、これが曲者では?
思うにこの加速度に相当する要素が声を聞く為に必要な要素が一杯詰まっていると
感じています。
ヒアリングセンター神奈川さんのチラシによれば声は母音は低い周波数成分で子音は
低い母音の周波数成分と高い子音の合成音と思います。
聴力検査で1000Hzと4000Hzの検査をする理由なんだと今頃
になって判り独りゴチた次第です。
想像するに理想的な声は母音のきれいな正弦波に子音の高い周波数の2種類だけの成分
でアナウンサの人はこれに近く、聞き取り難い人の声はよけいな成分がいっ~ぱい
含まれているのでしょう。

だから難聴になるとよけいな成分に邪魔されて聞き取れないのではとてつおくんは
思うのですが、何分にも勝手で個人的な感想なので御容赦下さい、なんか理屈っぽくなって
きたな職業病と人のせいにしておこうっと!
ひまわりさーん!間違っていたらコメント下さいね!


その1 声紋分析機能付補聴器

特定の声を聞き分け設定を切替えてくれる機能付補聴器
でも、ヘルメットぐらい大きくなってしまう?
それ以前の大問題があることに気付きました!
どうやって声紋分析するの?、あの大層な器材は?
声紋分析なんて科捜研の女とかサスペンスの見過ぎかな?
でもあったらいいな!


その2 耳鳴り吸収機能付補聴器

インターネットによれば耳鳴りの原因はよく判っておらず
症状も千差万別だとか・・・
てつおくんも耳鳴りは以前から続いており寝ている以外は鳴りっぱ状態なのです、
某メーカのスピーカみたいに余分な音の逆位相の音を発して耳鳴りを打ち消し迄
はいかないまでも低減出来る補聴器が効果絶大!と思うのですが・・・


その3 ボイスレコーダ付補聴器

聞き難い声の人や、不快な音をここぞという時に録音して記録しておける
機能付補聴器、後で周波数分析等が可能になります



その4 周波数分析器付補聴器

その3の発展型、録音だけでなく周波数分析も同時に記録しておける補聴器に外部メモリを外付け
にすれば出来る?、通信は今の設定切替の方法(赤外線?)ではだめかな?
先日、“聴こえてます?はせがわさん!”でやっていた分析です
「どこから、どこまでの周波数が聴こえますか?はせがわさん。」

http://ameblo.jp/kanagawa-kagayake/entry-11421569854.html
おそらく、声の大きさ、周波数、声色?
を3Dのグラフで表示していたあの機能です。



その5 フィルタ機能付補聴器

 その3やその4で分析して判った余計な成分をそこだけカット出来るフィルタ付補聴器、周波数の
フィルタ実はある周波数を頂点に減衰させていくしかない(偏差値のグラフの半分の様な)のです。
この周波数のところだけというフィルタは今のところ存在しないのです。
将来的に補聴器メーカに開発してもらうことは出来ないもんですかね!





てつおくん
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

HCK48 ヒヤリングセンター神奈川48さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。