あれから30周年...。 | 富士通スタジアム川崎オフィシャルブログ Powered by Ameba

富士通スタジアム川崎オフィシャルブログ Powered by Ameba

富士通スタジアム川崎オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

皆さんこんにちわ。

 

まちに待ったこの日が今年もやってきます。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

 

富士通スタジアム川崎は、かつて「川崎球場」として


1952年から1992年までプロ野球チームの本拠地でした野球

 

 

約2,500もの試合が実施され、

 

王選手の700号ホームラン、ロッテ時代の張本選手の3000本安打、

 

大洋ホエールズの優勝等、多くの歴史的名場面の舞台となった

 

日本スポーツ史上における歴史的遺産とも言える場所です。

 

皆さんが普段利用されるフィールドのフェンスには

 

スポンサー名がうっすらと残っていたり、

 

夜点灯している照明は、川崎球場時代に

 

プロ野球のフィールドを照らしていたものを現在も使用しています。

 

この用に様々な場所に今もなお川崎球場の面影が残っています。

 

 

そんな歴史ある川崎球場の中でも、

 

1988年10月19日に

 

川崎球場(現:富士通スタジアム川崎)を舞台に繰り広げられた、

 

ロッテオリオンズ vs 近鉄バファローズとのダブルヘッダーは

 

今でも多くのパ・リーグファン、プロ野球ファンの記憶に残る伝説の試合として語り継がれており、

 

毎年10月19日には、今もなお、おおくの人々が訪れています。

 

昨年も大雨にも関わらず沢山の方がいらっしゃいました。

 

 

そこで、「10.19」の舞台となった川崎球場(現:富士通スタジアム川崎)で、

 

あの日から30年が経過し、平成最後となる今年。

 

「10.19」を中心に、プロ野球ファンだけでなく

 

あの頃が大好きな皆さまで

 

80年代パ・リーグを語るイベントを開催いたします。

 

(当時にゆかりあるゲストも?)

 

当日はひとりひとりの「10.19」を語り合いながら、あの日を振り返ってましょう!!

 

(大規模なイベントは来年2月開催予定です。)

 

当日のイベント内容は、

 

■「10.19」座談会

今から30年前の1988年(昭和63年)10月19日、この場所で何があったのか?

今日ここに集まった人たちは、あのとき何を想い、なぜ今日ここにいるのか?

DVDの映像で試合展開を時系列で追いながら、

ひとりひとりの「10.19」を語り合いながら、当時を振り返って行きます。

※当時にゆかりあるゲストも?

 

 

■川崎球場リアルタイム実況

川崎球場に来られない方々に向けて、この3年間、

毎年10月19日に「#ここだけ〇〇年前の川崎球場」

(※今年は「#ここだけ30年前の川崎球場」となります。)として

Twitter上でリアルタイム実況を行っている

「瀬戸阿波(@setup1019)」様

にご協力頂き、

今年は川崎球場からリアルタイム実況を行って頂きます。

 

■ミニスタジアムツアー

毎年恒例!!富士通スタジアム川崎支配人による

ミニスタジアムツアーを今年も開催致します。

富士通スタジアム川崎へと変化を遂げた今でも、

川崎球場の面影はところどころに残されています。

そんな各所を巡るスタジアムツアーを今年も開催します。

当時を知る方には懐かしいだけでなく、また新しい発見もあるはずです。

当時をご存じない方にももちろん楽しんでいただけるツアーです。

 

 

■肉うどん販売

川崎球場名物のひとつ「肉うどん」。当時の味を新たに再現し、

ケータリングカーで一日限り復活します。

懐かしの「肉うどん」を食べて、心もお腹も満喫してください。

 

 

などを行います。

ぜひ皆さん10月19日は富士通スタジアム川崎にお越しください。

ご来場お待ちしております。

 

富士通スタジアム川崎 くま

富士通スタジアム川崎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース