鹿の燻製作り | 鮎料理の川の駅おか多 店長ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

鮎料理の川の駅おか多 店長ブログ

ありがとうございます。岐阜県揖斐郡大野町にある
川の駅 旬の味 おか多の店長です。根尾川沿いで鮎料理、宴会料理をだしています。
川の駅から無計画に趣味の釣りのこと、その日の出来事などを綴ってみたいと思います。

ありがとうございます。
川の駅おか多です。

ブログの方は久しぶりになっちゃいましたね。
コロナ禍で酷い状況ですが、時間がたっぷりあるのでいろいろ試作しています。

その中の1つが「鹿の燻製」
加工品として販売できるようにしたいですね。

今まで親父に指導してもらいながら作ってましたが、一人でも作れるようにやってます。
筋を取ったり整形した鹿肉を、特製のソミュール液に漬け込んでいるところです。
味を決める大事な作業ですが、肉の量と液の量とのバランスがなかなか難しい。
今までは言われたようにやっていたので、何故その量なのかの理解が足りず、味にバラツキがありましたが、何度もやってみてようやく微妙な割合が掴めてきましたよ。
1週間漬け込んで、しっかり味を染み込ませたら燻煙します。それはまた報告しますね。