骨酒用のイワナさんを作りました。 | 鮎料理の川の駅おか多 店長ブログ

鮎料理の川の駅おか多 店長ブログ

ありがとうございます。岐阜県揖斐郡大野町にある
川の駅 旬の味 おか多の店長です。根尾川沿いで鮎料理、宴会料理をだしています。
川の駅から無計画に趣味の釣りのこと、その日の出来事などを綴ってみたいと思います。

ありがとうございます。
川の駅おか多です。

今日は久しぶりに良い天気だったので、骨酒用のイワナさん作りをしました。
今試作しているテイクアウトメニューのサブ的なところでイワナの骨酒なんてどうかな?って思って。

まずは、生簀に活かしてあるイワナさんから22〜23センチぐらいのを選り出し、一夜干しにする感じで捌きます。

内臓を取り、よく洗って、
軽く塩味を付けるために塩味ソミュール液に漬けます。

そして、それを干します。
(干しながら、あっこれをブログに書こうと思いたったので、写真はここから)
このまま夕方まで干しておきます。

そして夕方。
良い感じで干しあがりました。
お日様と風が良い仕事してくれましたね。

で、これを焼きます。
遠火でじっくり焼いては
冷まし、

焼いては冷まし、また焼いて
カリカリにしました。
こうすることでより美味しい骨酒ができるんですよね。

そして、今回は
テイクアウト用に、
1匹づつ、真空パックしてみました。
完全真空だとせんべいみたいにペラペラになってしまうので、70%真空(上の方の物)のも作ってみましたよ。

5月から販売予定です。
またご案内しますね。