七色の風

七色の風

AKB48の岡田奈々と岩立沙穂、村山彩希の記事を中心に、
その時々で感じたことを本音で語ります。
みなさんのコメントをお待ちしています。
ただし、宣伝目的など記事の内容に無関係なコメントはお断り
します。

岡田奈々 選抜総選挙応援サイト2016





http://saranokada.wix.com/mysite








《AKBの予定》


10/22     舞台『赤毛のアン』              東京国際フォーラム
11/3      秋祭り                     パシフィコ横浜
12/17    『LOVE TRIP』個別握手会           インテックス大阪


  



《その他の予定》

テーマ:
最近、いやかなり前から、会場に一日中いるのが体力的に辛くなってきている。今日も昼に行われる生誕祭のミーティングに合わせて到着し、さも朝からいたような顔をしている。


沙穂が韓国の仕事(プロデュース48)から帰国できずに不参加だが、私は落胆するどころかワクワクしている。


第5部 岡田奈々


奈「あ、横さん」
私「《浜ちゃんが!》見たよ」
奈「ありがとう、時計GETしたよ!ねえ、どうだった?」
私「最初はかなり緊張してたみたいだけど、途中からはきちんと話せてたし、良かったと思うよ」
奈「みんなが本当に優しかったから」
私「AKBじゃない番組に出るのは本当に意味があることだと思うよ」
奈「うん、そうだね」
私「時計見せてよ」
奈「今日ね、家からして来なかったの」
私「じゃ今度ね」
奈「うん、必ず」

総選挙5位といっても一般の人は誰も奈々のことを知らない。だから、こういう番組や一般の雑誌などに出ることは重要だ。


第5部 村山彩希


彩「あー、久しぶり」
私「ってほどでもないけどね」
彩「先月会ったね」
私「そうそう。あのね、彩希は絶対に覚えてないと思うけど、昇格した頃かな。俺は彩希に、将来キャプテンになれる、彩希は向いているって言ったことがあるんだ」
彩「ホントかなあ?後付けじゃない?」
私「いやいや、本当だって。そしたら彩希は、今は全然ダメだけど、そうなれるように頑張ります、って言ったんだ」
彩「へー、そうだったんだ。まあ、みぃちゃんというお手本があるからね。頑張るよ」
私「期待してるよ」

6年またはそれ以上前に「奈々はAKBの中心メンバーになる」「彩希はキャプテンになる」と言った私は天才予言者なのではないかw


第6部 岡田奈々

私「ねえ、そろそろ演技の仕事したくない?」
奈「したい!舞台やりたいなあ」
私「本当はテレビドラマがいいんだけど、あれは体力的にキツいからなあ」
奈「さすが、よくわかってるね。そうなの」
私「単独のCMとかいいよね」
奈「やりたいね」
私「ちょっと声が出にくくなってきたね。気をつけなよ」
奈「うん、ありがとう」

その後手術するだろうということは、この時だいたいわかっていた。


第6部 福岡聖菜(推し増し券・1回目)


聖「あー、奈々さん。めっちゃチョコミント(Tシャツ)じゃないですか」
私「わかった?」
聖「うん、すごーい」
私「あのね、せいちゃんとしゃべってたらね、沙穂が来て、何でせいちゃんと仲良くしてるのって…」
聖「え?」
私「そういう夢を3年前くらいに見た」
聖「なんだ、夢かw」
私「でも、それが怖くて、せいちゃんに会うのを我慢してきたんだ」
聖「もう、そんなこと言わないで来てよ」
私「沙穂ってそういうこと言いそうじゃない?」
聖「言いそう!」
私「それも言葉より態度で」
聖「わかる!今日はいないから大丈夫だね」
私「うん、またね」

せいちゃんを避けてきた最大の理由は、会えば必ずハマってしまうと思ったからだ。


第6部 福岡聖菜(推し増し券・2回目)

聖「あ、また来てくれたんだ」
私「うん。今、穴子の話をしてたよね。俺は穴子の天ぷらが大好き」
聖「おいしいよねー」
私「ねえ、せいちゃんって研究生のパジャドラの時13歳?」
聖「12歳で入って13歳かな」
私「あー、8月生まれだからそうか。せいちゃん綺麗になったよね」
聖「そう?ありがとう」
私「せいちゃん次もBだよね」
聖「そうだよ」
私「じゃそのうち劇場でも会えそうだね」
聖「そうそう、来てね!」
私「握手券もしばらくは推し増しだけど、次のシングルはせいちゃんのを買うから」
聖「うん、待ってるよ」

せっかく奈々と沙穂のチームが分かれたのに、また悩みの種がw


第7部 岡田奈々

私「暑いから着替えてきた」
奈「やっぱり横さんは赤だよね!赤の似合う男」
私「ありがとう。さっきね、せいちゃんにチョコミントT見せたら喜んでたよ」
奈「へえ、そうなんだ」
私「明日、九州に行くの?」
奈「うん、行く」
私「薬持ってるんだよね」
奈「うん、先生もついてるから」
私「そうか、気をつけるんだよ」
奈「ありがとう」

全握に行かせるのは心配だが、気をつけてやってもらうしかない。


第7部 向井地美音(推し増し)


私「みーおん!」
美「あ、久しぶり…でもないか」
私「5月の写メ会以来だね」
美「そうそう、写メ会」
私「総選挙、まずは選抜おめでとう」
美「ありがとう!」
私「俺が言うことではないけど、去年は悔しかったし、この一年は辛かっただろうから」
美「それはね…本当にそう」
私「来年は奈々と一緒にもっと上に行きたいね」
美「うん、一緒に神7入りしたい」
私「みーおんならできるよ」
美「ありがとう、また来てね!」

ほとんど写メ会しか行かないのに、みーおんはいつも友人のように迎えてくれる。


沙穂のいない握手会は物足りなくもあったが、その分リラックスして楽しめた気がする。




テーマ:
昨夜は打ち上げの後ネットカフェ泊まりで、なんとなく疲れがとれない。睡眠は十分に取れたはずなので、総選挙が無事に終わって精神的な疲れが出ているのだろう。

普段よりスタートが遅い(第2部は11:30から)のと、ドームの座席が使えるのはありがたい。しかし、


こんな並びにすることはないだろう。歩かなくて済むようにしてくれたのかなw


第2部 岡田奈々


私「奈々、お疲れ!」
奈「あ、横さん、お疲れさま!」
私「座ってる時さ、ずっとこっち(推し席)から見えてたじゃん」
奈「うん」
私「背筋伸ばして座ってたね、去年と比べて」
奈「やっぱりね、麻友さんがきちんと真っ直ぐにしてたから」
私「意識してたんだ」
奈「そう」
私「スピーチの時は、結構厳しい表情だったね」
奈「うん、ありがたい順位なんだけど、悔しさもあったから」
私「また1年頑張ろう!」
奈「そうだね、これからもよろしく!」

総選挙5位で満面の笑みではない、その状況がすごいと思う。


第3部 岡田奈々

奈「横さーん」
私「ねえ奈々、Teacher Teacherで番手が落ちたじゃん。あれ、どう思った?」
奈「悔しかったよー」
私「あれね、運営からのメッセージじゃないかと思うんだ。センターやったからってフロントが当たり前じゃないんだぞ、っていう」
奈「あー、なるほど」
私「だからね、今回の選挙の結果が必要だったんだ」
奈「うん、わかる」
私「奈々に対してより、ファンに向けてのメッセージだと俺は解釈してる」
奈「えー、深い読みだね」

岡田奈々のファンは常に試されている。悔しかったら結果を出してみろ、と。そして、それに応えてきている。


第5部 岩立沙穂


沙「やっほー!」
私「選挙緊張したー」
沙「うん、緊張したねー」
私「でも、今年はネクストの時も、まだ呼ばれるな、って思うことができたから」
沙「それは私も。入ってることは間違いないと思ってたから」
私「めぐとかせいちゃんとか、Bって言われるたびにドキッとして」
沙「そうそう、チームBって言葉にね」
私「沙穂としては、今回の結果はどうなの?」
沙「うーん、もうちょっとっていうのもあるけどね、でもね‥」
私「これでまた上を目指せるね」
沙「そうだね、本当にありがとう」

単純に「おめでとう」ではないような気がして、少し慎重に話した。


第6部 岩立沙穂

沙「あ、横さん」
私「もし来年も総選挙があったら出てくれる?」
沙「その時、選抜を目指せる状況だったら出ます。もう目指すものは選抜しかないから。もちろんそのために一年間頑張ります」
私「そうだね。選抜を40000票としたら、あと7000だからね。一緒に選抜を目指したいと俺は思ってるよ」
沙「はい、そのために頑張ります」
私「わかった。俺もできる限りのことをするよ」
沙「よろしくお願いします」

沙穂が私に敬語を使うのは珍しいが、これは、真面目な話を正確に伝えたい時だ。そして、この冷静さ。22位に入った翌日という状況なら「もちろん来年は選抜目指すよ!」という反応が多数派だろう。それを「もしそういう状況なら」と言うことができる。この冷静さと頭の良さが沙穂の本質である。


第6部 岡田奈々

奈「横さん」
私「昨日、栄で打ち上げしたんだよ」
奈「お酒飲んだ?」
私「俺は幹事だからコーラ。それに、普段からそんなに飲まないし」
奈「あー、そうか」
私「ゆみりんのファンも来てくれたんだよ」
奈「わー、楽しそう!」
私「全部で35人くらいいたかな。これ、○○さんにもらった」
奈「あ、1位のバッジ!」
私「また来年の目標だね!」
奈「もちろん」
私「じゃ、また来月ね」


握手券をすべて消化したらドッと疲れが出て、お見送りをパスして帰路に就いた。ここが名古屋でよかった。



テーマ:
今朝、岡田奈々界隈の仲間と話していて「僕たちは戦わない」の選抜発表でギリギリ32人に入って「やったー」と言いながら深夜まで語り合ったことを思い出した。前年の秋「希望的リフレイン」で涙を流し、その翌春のことだ。そんなに昔のことではない。それが、今は総選挙で選抜の発表が始まっているのに「まだ呼ばれるな!」と念じている。流れの速さに意識がついていかない。


第5位、75067票。速報からの伸び率も申し分ない。横山、武藤に勝って本店1位。


AKB48の未来は、ここにある。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス