中和滴定の実験 | 川越南高校2年理系クラスの日々ブログ

川越南高校2年理系クラスの日々ブログ

川越南高校、通称かわなんの2年生の誰かが書いているブログです。
高校生活での小ネタを中心に、川越南高校について色々書いてまいります。


テーマ:
生物基礎に引き続いて科学基礎では中和滴定の実験が行われました。




これが高一で最後の実験となったのは言うまでもありませんほっこり

中和滴定とは、濃度のわからない酸か塩基を濃度のわかる酸か塩基で中和させて濃度を求めることです。

中和滴定はかなりシビアびっくり

液体の量がほんの一滴違うだけでも結果が大きく異なっていきます。

例えば、メスフラスコやホールピペットなどで液体を正確にはかりとりますが、もし中和される酸、塩基の濃度の濃い場合、一滴の差がかなり開くこともアセアセ

また、ビュレットを使う時にも、たった一滴出すか出さないかで指示薬の色が大きく変わってしまうことも。

実験を行う身としてはとてもハラハラしますね滝汗

でも、シビアな実験であるからか成功すると喜びの声も。

実験の内容は濃度を求めるまでなのですが、もう全て終わったような感じになってしまっていましたねニヤリ

来年度はさらに多くの実験が行われるとは思うので、この実験や、今までの学習で得たことを生かしていけると良いですねニコニコ

kawanan-studentsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス