12月版進路希望調査結果が発表!川越南高校の倍率は1.78にダウン!? | 川越南高校2年理系クラスの日々ブログ

川越南高校2年理系クラスの日々ブログ

川越南高校、通称かわなんの2年生の誰かが書いているブログです。
高校生活での小ネタを中心に、川越南高校について色々書いてまいります。


テーマ:
本日、埼玉県から12月15日実施の進路希望調査の結果が発表されました爆笑





進路希望調査とは、埼玉県が行っており、中学卒業予定者の進路希望を調査するものです。

この調査によって、非常に精度の高い倍率が発表される、と言うのは以前も掲載した通りです。
(以前の記事についてはこちらをご覧ください)

以前とは違って、進路希望調査についてもよく話されたことでしょうグラサン

まもなくの私立受験、そしてそのあとは公立高校に向けての勉強と切り替えられると良いですね。

そんなにダラダラと書くのは良くないので、川越南高校の倍率を発表しましょうウシシ

川越南高校の倍率は…?



1.78でした爆笑
(10月倍率2.42 前年同期倍率1.78 募集定員358名)

10月に比べて倍率がダウンしています下矢印

これは、川越南高校が現実的に難しい、と言う人が学力の低い他校に移ったからでしょう。

そもそも、川越南高校は付近だと和光国際、所沢と並んで学校選択問題実施校内では学力の低い部類となります。

それ以上の学力が必要な所沢北とはかなりのがありますので、川越南高校を志望する人が更に上の高校へとステップアップできず、十分な学力があっても川越南高校止まり、と言うケースが多いのです。

逆に、これより必要な学力が少し低い学校は多く、その学校を志望する人がステップアップして川越南高校を志望するケースは多いです。

そのため、川越南高校は倍率が高止まりしているのではないかと推測できる訳ですねニコニコ

今度は願書提出の際に倍率が発表されるのですが、これよりもさらに落ちることが予想できます。


ここからは、その他の高校(普通科)も見てみましょうニコニコ

川越高校:1.33
(10月倍率1.41 前年同時期1.49 募集定員来年度397人)

川越女子高校:1.37
(10月倍率1.51 前年同時期1.56 募集定員来年度397人)

川越西高校:1.35
(10月倍率1.58 前年同時期1.28 募集定員来年度318人)

川越初雁高校:0.62
(10月倍率0.47 前年同時期0.81 募集定員238人)

市立川越高校普通科:2.31
(10月倍率3.28 前年同時期2.56 募集定員140人)

狭山清陵高校:1.11
(10月倍率0.95 昨年同時期0.89 募集定員238人)

入間向陽高校:1.29
(10月倍率1.58 昨年同時期1.20 募集定員年度318人)

豊岡高校:1.17
(10月倍率1.02 昨年同時期1.28 募集定員318人)

坂戸高校普通科:1.45
(10月倍率1.71 前年同時期1.49 募集定員318人)

松山高校普通科:0.99
(10月倍率1.02 昨年同時期1.13 募集定員278人)

和光国際高校普通科:1.34
(10月倍率1.64 昨年同時期1.59 募集定員238人)

所沢北高校普通科:1.95
(10月倍率2.30 昨年同時期1.96 募集定員320人)

所沢高校:1.59
(10月倍率1.76 昨年同時期1.43 募集定員358人)

全体的に更に1に近づいた感じですね爆笑

倍率が1を下回っていて安心している人もギリギリになって志望する人が出てくるかもしれません滝汗

入れない可能性があることを理解して、気を引き締めて勉強しましょう。

その他の高校については埼玉県ホームページ(以下URLのページ)にてご確確認くだい。

埼玉県ホームページ『中学校等卒業予定者の進路希望状況調査』


ラストスパートの高校受験爆笑

合格と言う結果を掴むためにも、受検生は残りの1ヶ月半を悔いの無いように過ごしてくださいウインク

kawanan-studentsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス