2017年進路希望調査結果が発表!川越南高校の倍率は2.42倍!? | 川越南高校2年理系クラスの日々ブログ

川越南高校2年理系クラスの日々ブログ

川越南高校、通称かわなんの2年生の誰かが書いているブログです。
高校生活での小ネタを中心に、川越南高校について色々書いてまいります。


テーマ:
本日、埼玉県より進路希望調査の状況発表されました!





進路希望調査とは現在の中学3年生がどんな進路を志望しているかの調査ですニコニコ

そんな言葉聞いてないよ!って言う中3生の皆さん、中学校側が今まで三者面談などで話し合った際の進学希望についての調査を出しているので大丈夫ですよ爆笑

この調査によって各高校のほとんど正確な倍率を知ることができます。

倍率については志望人数から募集定員数を割ったものです。

倍率について、詳しくはこちらのページをご覧ください下矢印

ワンダートレンド 『高校入試の倍率とは! 何人中何人が合格になる?』

(リンク切れの場合もあります)

それでは、肝心川越南高校の倍率を発表しましょう!

川越南高校の倍率は…?



2.42

でした!
(前年同時期2.23 募集定員358人)

昨年よりも大幅に倍率が上昇しており志願者数は今のところ865人となっておりますびっくり

ざっくり言ってしまうと、このままの状態では507人もの人がいわゆる不合格になってしまう計算です。

これは荒川南部の同学力レベルの高校よりかは群を抜いて高い倍率です。

次回、1月に出る調査結果では現実的に川越南高校が難しいと言われる人が下に落ちるため倍率は低下しますが、それでも最終の倍率は1.5程度になることは理解しなくてはいけないと思います。

学力検査まであと5か月程度残っているため、北辰テスト、私立入試までに力を使い果たさないようペース配分を考えて勉強してくださいね爆笑


さぁ、ここからはその他周辺の高校(普通科)も見てみましょう!!

川越高校:1.41
(前年同時期1.63 募集定員来年度397人)

川越女子高校:1.51
(前年同時期1.63 募集定員来年度397人)

川越西高校:1.58
(前年同時期1.35 募集定員来年度318人)

川越初雁高校:0.47
(前年同時期0.61 募集定員238人)

市立川越高校普通科:3.28
(前年同時期3.91 募集定員140人)

狭山清陵高校:0.95
(昨年同時期0.82 募集定員238人)

入間向陽高校:1.58
(昨年同時期1.40 募集定員年度318人)

豊岡高校:1.02
(昨年同時期1.20 募集定員318人)

坂戸高校普通科:1.71
(前年同時期1.71 募集定員318人)

松山高校普通科:1.02
(昨年同時期1.22 募集定員278人)

和光国際高校普通科:1.64
(昨年同時期1.78 募集定員238人)

所沢北高校普通科:2.30
(昨年同時期2.36 募集定員320人)

所沢高校:1.76
(昨年同時期1.56 募集定員358人)

全体的には倍率が1に近くはなりましたが、これは埼玉県側が状況に応じて定員の増減をした結果と言えましょう学校

この中では定員を増やしたのが川越、川越女子で、減らしたのが川越西、入間向陽です。

川越南高校も定員増やせばいいじゃないですかと思った人もいるでしょうが、さすがに教室不足で自習室もまともに用意できないぐらいなのに定員を増やすとなると…想像もつきませんえー


その他の高校については埼玉県ホームページ(以下URLのページ)にてご確認ください。

埼玉県ホームページ 『中学校等卒業者の進路状況調査』


まもなく始まる高校受験爆笑

合格と言う結果を掴むためにも、受験生は残りの5か月を悔いの無いように過ごしてくださいウインク

kawanan-studentsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス