山口ゆめ花博を振り返って | 宇部 かわむら歯科スタッフのブログ

宇部 かわむら歯科スタッフのブログ

かわむら歯科スタッフのブログ~☆
よろしく~☆


テーマ:
かわむら歯科、スタッフのあっきーです。


花博のボランティアをさせていただいての学びは沢山ありました。 お客様から見ると、ボランティアもスタッフの一員です。いろんなことを質問されます。可能な限りお答えできるように予習したり、メディアチェックで情報を集めたり、電波を張り巡らせることが大切です。 


花の谷に咲くお花は約115種類。まとめノートを作って覚えました。 ノートをガイド中に持ち歩くことで、ど忘れしたり、覚えていないお花の名前を聞かれても対応できました。
お花の名前をよくご存知のボランティアさんから教えていただいたお花の名前を写真を撮ってノートに追加していきました。お客様から聞かれて答えられなかった事も調べて書き込みました。
予習と、復習。基本中の基本ですが、大切です。


感謝の言葉も沢山いただきました。 私のお話に時間を割いていただいて、こちらこそありがとうございます。 感謝の気持ちを素直に言葉に表せる方って素敵だと思います。
自分は、どちらかというと苦手で、嬉しいと思っていても上手く表現出来ないんですね。
これからトシを取ってくるといろんな方にお世話になることが増えると思います。そんな時、上手に感謝の気持ちを伝えたいですね。 


ボランティアをしている同世代の人が少なかったです。 子育てや仕事で忙しいのかと思いますが、中にはお子さんと一緒に参加している方もいました。ボランティアはお子さんにとっても格好の社会勉強になると思います。また、お子さんと一緒ではなくても親の姿を子どもに見せることでお子さんにもプラスになるのではないでしょうか?


 現役をリタイアした、いわゆるアクティブシニアの方が多数を占めていましたが、大学生や高校生も何人か花ガイドをしていて、彼女達との交流も刺激になりました。 


チャレンジしてみたいと思いながらも出来なかった事もありました。それは、英語での花ガイドです。 山口という土地柄、外国人のゲストは多くはないですが、何人かはお見かけしました。 その方達に英語でご案内出来れば良かったのですが、準備ができませんでした。 


いろんな学びのあった山口ゆめ花博のボランティアですが、今後の仕事に応用して生かしていければ良いですね。


山口ゆめ花博の会場後は、既に立ち入り禁止で元あった通りに戻すそうです。 花の谷は、芝生広場に戻ります。 花の谷は、まさしく52日間の夢の世界でした。 咲き誇るお花たちの姿をいつまでも心に焼き付けておきたいと思います。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス