魔女の一撃 | 宇部 かわむら歯科スタッフのブログ

宇部 かわむら歯科スタッフのブログ

かわむら歯科スタッフのブログ~☆
よろしく~☆


テーマ:
かわむら歯科、スタッフのあっきーです。

診療休みの木曜日。
朝からヘアカットとパーマかけて、午後から買い物や布団干したり掃除したりして、最後に掃除機を定位置に置こうとした瞬間

ぐぎっ⁉️

ドイツ風に言うと、魔女の一撃🧙‍♀️

つまり、ギックリ腰です。

しばらくその場で動けませんでした(~_~;)

ギックリ腰は、実に3年振り

前回は、年末掃除を頑張りすぎて、更に餅つきとおせち料理を頑張って大晦日の夜から寝込んでしまい、完治まで1月いっぱいかかってしまいました。

とりあえず、簡単に夕食を済ませ、お風呂に入って、夜は早めに布団に入りました。


真夜中の3時です。

寝返りを打とうとして、

痛い‼️

思わず大声で叫んでしまいました。

とりあえず、起き上がって痛み止め飲もう!

しかし痛すぎて布団から起き上がれません💧

少しずつ体勢を整えて、なるべく痛くないように、それでも数回腰に激痛を走らせながら何とか起き上がって、階下に降りて痛み止め飲んだら、既に30分経過しています。

このまま、また上に上がって布団で寝たら、朝起き上がるのにまた30分の要するかと思うと気が遠くなり、とりあえずリビングのソファーに横になってうとうとして、朝を迎えました。



朝起きたら痛み止めが少し効いているのか、真夜中ほどの激痛はありませんが、くしゃみをしても腰に響くし、靴下もさっさと履けません💦
いつものことなら1週間は様子を見て、それでも治らなければ、初めて病院行きを考えるあっきーですが、今回ばかりはさっさと病院に行こう!
朝イチ、院長先生に断って、最寄りの整形外科を受診しました。

この整形外科の先生は、うちの院長が師匠と仰ぐ長距離ランナーの第一人者でして、早く行っておいでと言ってもらい、診療開始10分前に到着。保険証を出し、問診票を書いて待つこと数分。
待合室にいた10人位の私よりもお兄さんお姉さんな患者さんたちは、ほぼ全員がリハビリ室に移動。
程なく診察室に呼ばれて、お話聞いてもらって、レントゲン撮影して、また診察室で色々みてもらって、先生が、注射が嫌いでなければ、注射しましょうか?
と言われるので、注射、痛いですか?どれくらいの太さですが?クスリは何ミリですか?
と、色々聞いて、今晩また眠れないくらいなら、注射は好きではないが、打ってもらうことにしました。
いわゆる、神経ブロックという、あれです。
レントゲンを見ながらポイントに打つということで、またレントゲン室に移動して、背骨の辺り、二ヶ所にぶすぶすっと打ってもらいました。
全く痛くない訳ではないですが、腕をつねっていたら大丈夫でした。
鍼灸の、鍼を刺すような感覚でした。

後で、明細書をみたら、薬名はキシロカインでした。
毎日のように、うちの院長先生が患者さんの歯ぐきに打っている麻酔と同じです。

結局、痛み止めというより、麻酔で痛みを麻痺させるということらしいです。

念のため、湿布と痛み止めももらって、整形外科を後にし、1時間遅刻して出勤しました。

注射が効いてきたのは、夕方になってから?
そう言えば何となく動きやすくなってきたような?
でも、まだ完全に痛まない事はない
注射したので、夜お風呂には入れません(~_~;)
昨夜のことがあるので、一階のベッドでその夜は休みました。

真夜中、寝返り打っても痛くありません!
朝もさっとベッドから立ち上がれました‼︎

その日も1日ゆるゆるとすごしましたが、3年前と比べたら遥かに治りが良いです。

まだまだ油断は禁物ですが、今度またギックリ腰になったら、早めに整形外科に行こうと思います。

身体が硬いとなりやすいそうなので、治ったら、最近サボっていたストレッチをまた始めようと思ってます。



お断り

この記事の内容はあくまでもあっきー個人の体験による感想です。
ギックリ腰になった方は、それぞれかかりつけのお医者さんにご相談くださいね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス