取り戻せ!ジャパニーズジャパン!【地震】 | カワムラ社長のブログ

カワムラ社長のブログ

日テレ「世界1のSHOW TIME」「行列のできる法律相談所」に出演!サザンのコピーバンドでお馴染みのKAWAMURA BANDのボーカル。本業は福岡市のカワムラ家具の社長です。もう一つの顔、幼稚園や保育園で「ものまね紙芝居」を続ける「かわむら劇団」も大好評!


テーマ:

夕べネットニュースでこんな記事に目が止まりました。




■「不屈の日本」・・・・米誌称賛!



【北米総局】東日本大震災を受け、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、「不屈の日本」と題する社説を掲載した。社説は地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが間違ってはいけない。日本の産業力は依然として偉大だ」と述べた。

 社説は「1億2600万人以上が住む島国が、(大規模)地震にいかに持ちこたえたかについて言及せざるを得ない」としたうえで、日本が100年以上にわたり「建物の耐震化をしてきた」と指摘。「今回の地震で高いビルは持ちこたえたようだ」と分析した。


 93年完成の横浜ランドマークタワーに触れ「高さ971フィート(約296メートル)は地震大国では驚異的。最先端の建築工学を駆使できる技術と富があって初めて可能になった」と評価。また07年導入の緊急地震速報を「世界最先端の技術」と紹介し、11日の地震発生時にも「高い評価を得た」とたたえた。


 また米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、阪神大震災当時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏の「日本へのお悔やみ、そして称賛」と題するコラムを掲載、日本人の精神力の強さをたたえ、復興に向けてエールを送った。


 クリストフ氏は、阪神大震災時の取材で、崩壊した商店街で略奪がほとんどなかったことや、支援物資の奪い合いが生じなかった事例を紹介。「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、秩序は実に高潔だった」と説明し、「今後、それらが示されるだろう」と期待を寄せた。






この記事を読んで、最近忘れかけていたもの。


経済不安、政治不信、そんな中で起きた今回の大地震。


一旦は「日本はもう駄目になるのか・・・」くらいに


凹んでしまった自分が居ましたが、


冷静に海外から見た日本の姿がここに記されています。


そう、元来日本人が持つモラル感。


遥か昔から脈々と受け継がれてきた日本人の本当の素晴らしさ。


そんな事にふと気がついた時、俄然勇気と元気が湧いてきました。


そして、今こそ島国日本が一つになって立ち直っていく時だと。


日本人の日本。


「ジャパニーズジャパン!」


英文法としてはちとオカシイかも知れませんが、


僕の中でこのフレーズが浮かびました。


日本人の底力が、今試される時です。


とにかく前向きにみんなで進んで行きましょう!

河村和範 KAWAMURA BANDさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス