米トレーサビリティ法施行

テーマ:
さてさて
もう10月になりました

巷で密かに噂になってる・・・
なってない?
あれ。

「米トレーサビリティ法」が施行されました

平成22年10月1日の米トレーサビリティ法施行に伴い
対象品目となる米(玄米、精米、砕米等)・米加工品
(米飯類、米粉、もち、だんご、米菓、清酒等)の
仕入・販売等を行う事業者は、その記録を原則3年間
保存することが義務付けられました。
また、平成23年7月1日から産地情報を伝達する必要があります。

以上が概要です。

「米」追跡管理体制の整備ですね。

ここではMA米については触れません。


実は・・・
味噌も「米加工品」に属します

どこの米を
いつ仕入れて
いつ加工し
いつ味噌として出荷したか
(誰に)

記録を残さなくてはいけません
(実際は既に実施してます)

特にご心配をお掛けすることも無く
当たり前の事を当たり前にするだけです(^_^)v

この・・・
「当たり前」をしない方々がいるから問題になるのですね~


確かに・・・
根本の「米」自体の実態が分からなければ・・・
ごまかされれば・・・

出荷前に混入されれば・・・ね。

意味の無い事になりかねないんですけど。



結局は個人の良心が基本ですね。
(人の質?)

それには農政ももっと農業者に・・・
すべき事があるのでは???


いずれにせよ
その警鈴となればいいのですが。




AD

コメント(2)