「どうしてみんなと同じように生きることができないのか」と自分を責め続け | 帝王算命学鑑定・講座・風水・気学・奇門遁甲

帝王算命学鑑定・講座・風水・気学・奇門遁甲

算命学鑑定・算命学講座・断易講座・各種セミナー

( 算命学・風水・気学・奇門遁甲・家相・姓名学・トートタロット・西洋占星術・手相 )

算命学占術研究会
イデアビジョン 河村共華(旧:しおり)


こんにちは、
占いサロン・ジュピター河村共華です。

算命学鑑定を受けて下さったお客さまから
とても真剣なご感想を頂きました。

エアープラント

長文で個人的なこともあり、
ブログでご紹介するのは躊躇いましたが
ご本人から改めてご承諾下さいましたので

皆さまの参考になるのではと思い、ご紹介させて頂きます。

~~ここから~~

河村共華様

昨晩は有難うございました。

帰宅してから、お腹がじんわりと暖かくなり、
そして何か有難い思いがして、涙が出ました。

これを書いている今も泣けてくるのですが・・・。

これまでの数々の行動から「ぶっ飛んでいる」
「何を考えているかわからない」と言われてきました。

「こういう人は、まともな人生は送れない」と言われたことも多いです。

子どもを産んでから、そんな自分を自分でも認めることができず、
「どうしてみんなと同じように生きることができないのか」と
自分を責め続け


結論は「自分がダメな人間だから」と、
落ち込むことが多くなっていました。

共華さんに私の宿命を説明してもらい、
私のこれまでの行動、出来事は、星の通りであることを納得しました。

私は、自分の星の質を、
その時に出来る形で精いっぱい活かそうとしてきたのでしょう
(もちろん、失敗も多々あったことは反省しています)。

そして、自分の星を知ることなく、
他の宿命の星のようになろうと努力しても、
自分は活かせないのでしょう。

だから自分を知ろう、もっと自分を認めようと思いました。

親に暴力を振るわれ続けて、若いうちに家を飛び出し、
親の回忌にも呼ばれない・・・、

そのことで親を恨みに思い、また他人を羨ましく思っていました。

しかしそれも、昨日の共華さんの話から、
それでよかった、それが一つの親の愛の形であったと理解できました。

これは衝撃的なことでした。

まだ親を許すとまではいきませんが
「親のおかげ」という気持ちは、急速に私の中に育ち始めています。

生きている間に、私なりにできる親孝行を考えていきたいと思います。

共華さんの鑑定全般で一番感動したのは、
共華さんの言葉には、人を否定する言葉が一切ないということです。

ビジネスならば「お客」である私を否定しないというのはわかりますが、
他の人のことについても、否定的な言葉はなかったです。

人は多様であり、その多様さすべてを認めているというのが、
すごいことだと思いました。

こんなふうに、それぞれが他者のことを認めることができたら、
社会はどんなによくなるだろうか・・・と思いました。

「違い」を見つけて排除するのではなく、
その違いを宿命として受け入れ、
活かす方向にみんなが進めば、
もっと優しい、もっと生きやすい社会になると思います。

そんなことまで考えさせてくれた共華さんの鑑定を、
今度はぜひ子どもにも受けてもらいたいと思っています。

またよろしくお願い致します。有難うございました。

(武蔵野市在住 45才 医療研究職 H.Sさま)
~~ここまで~~

共華より

苦しい時にも、ちゃんとそこから学びがあり
そのお陰で前進できるのです。

前さえ向いていれば
ベストのタイミングで自分に必要な変化があると
私は信じています。

S.Hさんの場合は
その行程が、
人よりちょっと過激(笑)だったですね。

S.Hさんは牽牛星(プライドの星)で締めくくるのだから
牽牛星を目指し、
牽牛星らしく、
自信に満ちたS.Hさんであって下さいね。

*************************