かわい鍼灸院です。


今回は甲状腺機能低下症の40代の女性患者さんの症例です。


甲状腺の機能が低下すると、代謝機能が落ち、色々な症状を引き起こしますガーン


この患者さんは、甲状腺機能低下症の症状として、全身の疲労感、むくみ、記憶力の減退、便秘、めまいがあります。他に肩こり、腰痛。


治療ですが、この病気は冷え症状(お腹を触ると冷たかった)を表しますので、全身に気血を巡らせ、温めて疲労感を取る方針にしましたメラメラ


鍼をツボに持って行くと、ギュルギュルとお腹が鳴ります目 鳴る事でお腹や全身に気血が巡っている証拠になります。お腹が鳴ると言う事は内臓にも効いていますので、便秘にはもってこいの治療になっています。


当院の行っている経絡治療の本治法と言うものは、身体が本来持っている自然治癒力を最大限に引き上げる物です。


本治法を行ったのちに、肩こりや腰痛の治療を行い、来院時より体がすっきりとして帰られましたニコニコ