人生熱く生きようとする不器用な人間のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-10 19:02:28

良い会社創り進行中!

テーマ:ブログ

フィリピン4日目の11月30日。

 

マニラから成田空港に到着。

 

成田空港から直行でBP本社に帰社する!

 

 

なぜなら、12月1日はBPが最も重要視する社員総会の日。

 

 

社員総会では、毎年色々な試みをしている。

 

 

今年の試み。

 

「自分たちの会社は自分たちで創る」という事。

 

 

 

総会の最初はいつも、僕の話をさせてもらっている。

 

社長からの一言。

 

大まかに2つのことを伝えた。

 

 

 

1つ目は、決算報告!

 

決算に関しては、全てオープンにしている。

 

BL(損益計算書)もBS(貸借対照表)もね。

 

一応、簡単なBLの見方も伝えながら。

 

 

全ての情報をオープンにする理由は、簡単だ。

 

当事者意識を持って欲しいから。

 

 

「儲かっていない!踏ん張りどきだ!みんな、頼むぞ!」

 

って、言葉。

 

 

経営陣は、数字や人の流れや時流などの情報を把握しているから言えるが、数字を知らない人たちはわかるのだろうか?

 

何がヤバくて、何が危機的状況なのか?

 

 

「もしかしたら、本当は儲かっているのかもしれない?」と、思った事ないっすか?

 

 

数字を共有することが、大切だと思う。

 

だから、後悔している。

 

 

 

おかげさまで、BPは今季業績は良かった!

 

だから、微額だったけど決算賞与を支給できた。

 

 

どの分野が調子良かったのか、どの分野がもっとテコ入れが必要なのか?

 

その情報が、正しい行動へと繋がると信じている。

 

 

 

2つ目に、エンプロイーエンゲージメントサーベイの結果だ。

 

BPはリンクアンドモチベーション社のサーベイを実施している。

 

 

このエンプロイーエンゲージメントサーベイは、広義でいう従業員満足度調査(厳密には、従業員との契約・信頼度調査)。

 

何を社員たちは不満に思っているのか?

 

 

いや、何を社員たちは望んでいるのか?

 

 

を調査する。

 

BPの弱み、強みを洗い出す。

 

そして、弱みを消して強みを伸ばす。

 

その施策も、データをもとに正しい方向性と正しい方法でやることが効果的。

 

 

 

これまでに、2回サーベイを行なってその結果を基にアクションプラン(具体的な施策)を立ててきた。

 

社長の自分がね。

 

 

それを、今回からやめた!

 

会社の弱みのピックアップ(=BPが一番取り組むべき課題の抽出)は経営陣で行なったが。

 

その具体的な施策は、今回から全社員で考えてもらうことにした。

 

この2つをしっかり伝えさせてもらった。

 

 

 

 

具体的な施策については、午後のグループワークで決めていく。

 

例えばを一つ。

 

「会社の一体感、連帯感が弱み」と結果に出た。

 

BPは、7事業所あるため、各々が別々に運営をしている。

 

あまり、細かいことは口出さずに現場の管理者とスタッフが各々の判断で運営できるようにしている。

 

自由度はあるが、一体感がない。

 

他店舗の良いところはパクれば良いし、悪いところは反面教師で学べば良い。

 

それらを総称して、全社一体となって取り組むこと。

 

それが「一体感と連帯感」なんだと思う。

 

 

そこが、弱みとして今回出た。

 

 

だから、どうしたら一体感・連帯感が出るのか?

 

そもそも、一体感・連帯感とはなんだと思っているのか?

 

どんなことを、望んでいるのか?

 

 

それをヒアリングした。

 

そして、総会の午後にグループワークで各々のアクションプランに向けた具体的な施策を提案してもらった。

 

ここまでは、どの会社にもすぐにマネできるだろう。

 

 

ここに、ちょっとプラスアルファの試みをした。

 

その場で、経営者として回答した。

 

「良いね、その施策採用!」

 

「理念に沿っていないので代替案を出してください!」

 

など、その場で会社の意志を示した。

 

 

 

パートであろうが正社員であろうが。

 

男性であろうが女性であろうが。

 

新卒であろうがベテランであろうが。

 

そんなものは関係ない!

 

 

「自分の会社を自分で作るんだ」という強い想いを抱いて欲しい。

 

自分の提案が本当に会社の制度やシステムを変えていけるんだと信じて欲しい。

 

 

 

確かに。

 

BPは、小さい会社だ。

 

でも、会社としてのケツの穴はデカくいたい!

 

 

 

現場の声は、必ずクライアントを豊かにしてくれる。

 

僕は、その現場の声を信じる。

 

そして、社員には信じて欲しいものがある。

 

 

それが、BPの理念だ。

 

 

だから、理念を基に動いて欲しい。

 

今年も、理念テストをした。

 

皆にとって、理念テストが負担なのは知っている。

 

 

でも、理念を覚えずして理念を基したサービスは絶対にできない!

 

これが、会社のメッセージ。

 

 

最後には、理念に基づいて動いてくれた社員を表彰。

 

表彰は全社員による投票形式。

 

今年のベストスタッフは伊藤さん(写真ない、ごめん)。

 

そして、伊藤さんの所属するデリッシュキッチンがベスト店舗賞を受賞!

 

 

 

ベストスタッフの伊藤さんのスピーチにあった一言。

 

「ベストスタッフを狙いに行きました!」と。

 

ありゃー、一皮剥けたね。

 

 

そして、ベスト店舗賞の店舗管理者・鈴木さんの一言(写真ない、ごめん)。

 

「ベスト店舗賞を取りに来てください。負けません。」と。

 

ありゃー、一段と強い店舗になったね。

 

 

 

「BPはいい会社ですか?」って聞かれたら、こう言います。

 

「今は、まだ良い会社ではありません。ただ、良い会社に向かって爆進中です!」と。

 

 

2019年。

 

 

このメンバーで理念を基にBPに関わる全ての人が「豊かに生きる」社会を創りにいきます!

 

 

 

 

2018-12-08 17:30:36

フィリピン3日目

テーマ:ブログ

フィリピン3日目のブログ書いてなかったっすね。

 

大したことしていないので、書くこともないのですが。

 

フィリピン3日目は、部屋で出版の原稿確認と原稿修正の仕事をしてました(笑)

 

 

今更ながら、ネットが繋がっているって本当に便利ですよね。

 

世界中どこでも、ネットさえあれば日本での仕事と同じことができますね!

 

 

ちなみに、フィリピンは世界中の会社のコールセンターが置かれているようです。

 

・フィリピン人は、英語が話せる。

 

・低価格で雇用できる。

 

・ネット、電話で世界中どこでも繋がれる。

 

上記3つの条件により、フィリピンは絶好の場所だそうです。

 

 

さて。

 

お仕事の後に、現地の日本語学校の先生2名にマニラを少しだけ観光させてもらいました。

 

観光といっても、観光地に行ったわけではなく、マニラの街を散策!

 

 

観光地はある程度整備されていますが、マニラの街中を歩くとそこら中にゴミと穴が。

 

 

塀は崩れてるし、道路はガタガタだし、発展途上国のインフラ環境を感じました。

 

 

 

ちょっと場所を変えれば高層ビルが立ち並んでいるんすけどね。

 

それが、マニラの現状です。

 

 

 

さて。そんなこんなで。

 

行ってきたのは射撃場!

 

生まれて初めて実弾を撃ってきました!!

 

バンバーン!!!!!

 

 

50発撃って1500ペソ(約3,000円)。

 

ちなみに、フィリピン人は1000ペソだって!!!

 

 

なんで、外国人価格があるんすかね??

 

日本じゃ、絶対にそーゆーことしないけど、海外では結構外国人価格ってありますよね。

 

 

ま、しゃーないわな。

 

射撃の後は、プールバーへ!

 

プールバーと言っても、泳ぐプールじゃないっすよ、ビリヤードっすよ!

 

現地人が集まるバーの一角においてあるビリヤード!

 

 

僕たちが入っていくと、中にいたフィリピンの女性たちが一斉に立ち上がって迫ってくる。

 

何かと思えば

 

「You're nice guy.Shall I Massage?」と。

 

「良い男ね、マッサージしようか?」ってね。

 

続々と申し出があるわけ。


 

 

 

日本人って、モテるみたいです(笑)

 

あれね、勘違いするよ。

 

「俺って、こんなモテたっけ?もしかして、俺ってグローバル?」って思ったわけ。

 

 

でもね、

 

「3,000ペソで良いよ」って。

 

「ヘイヘーイ、ビジネスかーい!!」ってオチだけどね(´・ω・)

 

 

 

その後も、続々とセクシーウーマンが誘惑に来ました。

 

全部、現地のアテンドが断ってくれましたが、断ってるように見えて結構嬉しそうだったなー!

 

タガログ語だから、よく分かんなかったけどね。

 

 

 

でね。

 

ビリヤードで球入れると、セクシーウーマン達がめっちゃ「すごーい」って持ち上げてくれました。

 

あれね、勘違いするよ。

 

「俺って、ビリヤードうまくね?」って。

 

 

 

しかし、スポーツっていいっすね。

 

国は違っても、ルールがあるから一緒に共通して楽しめる!!

 

 

 

 

と、まぁ。

 

そんなこんなでマニラの街を堪能し、夜は皆で日本食を食べにいきました。

 

写真撮り忘れたけど、めっちゃ美味かった!

 

日本より高いけどね。

 

 

日本料理店を出ると、それを見計らって現地の子供達が

 

「お金ちょうだい!」って集まってきます。

 

 

「お金はないけど、今度来るときは、靴持ってきてあげるね。あと、お兄ちゃんが飴ちゃんあげるね。」って飴ちゃんあげました。

 

不思議なことに、3日目となると少しこの光景に慣れている自分がいるんす。

 

 

子供たち皆が未来を明るく思い、希望を持って生きていってほしいという願いを込めて、ホテルに戻りました。

 

そんなこんなで、フィリピン3日目を終えました。

 

 

 

 

2018-12-05 18:22:52

フィリピン2日目の夜

テーマ:ブログ

今日は、二日目の面接後の話ね。

 

面接を終え、作戦会議をしました。

 

 

作戦会議といっても

 

「6番が良い。」

 

「5番は、少し目が泳いだ」

 

「1番の子の体型は、ガテン系に向いている」

 

など、花一匁(はないちもんめ)の「あの子が欲しい」っていう作戦会議です。

 

本当に、本当に、本当は、皆採ってあげたいけど・・・・。

 

ふぅ・・・、こーゆー事もしんどい仕事なんだね。

 

 

それで、決まった採用2名!

 

 

カワイローラ(株)で来年から頑張ってください!

 

自分はいないっすけどね(爆)

 

 

 

 

さて、さて。

 

僕は、別個でちょっとした時間を。

 

それはね!

 

 

さくら日本語学校が来年4月から開校する介護福祉士養成学校を見学させてもらいました。

 

 

 

 

日本から道具や備品を持ってきたらしいっすよ。

 

 

結構、本格的!

 

 

 

カーテン開けたら、「人が寝てるーーー!!!!」って、まじビビった!

 

養成校あるあるだよね。

 

 

 

 

 

 

面接と見学を終えて。

 

ディナーは、天皇皇后両陛下が宿泊された老舗ホテル・ナントカ?って言うところでのビュッフェディナー。

 

 

自分っすね、、、あんま食えないから、ビュッフェ苦手なんすよねー。

 

 

飲むのは全然オッケーなんすけどねー(笑)

 

日本のホテルのビュッフェと比べても負けないぐらい美味しかった。

 

くーぅ、でも、あんま食べれなかった( ´Д`)y

 

 

 

飲むしかねーって思って、飲んでたら飲み物代は別料金!!!!

 

デターーッ!つい日本の居酒屋感覚(2時間飲み放題付き)で飲んじゃったー!!

 

 

 

 

で、このブログをお読みの男性諸君!お待たせ!!

 

 

ビュッフェの後は、マニラの夜の街へ。

 

夜の街と言っても、

 

大丈夫です、安心してください!!

 

健全なキャバクラにご招待いただきました。

 

 

 

でもね、ここでも衝撃!!!

 

マニラでは、キャバ嬢が溢れまくってるんすよ。

 

各店の前に15〜20人ぐらいが短いスカートと露出の多いドレスで客引きしてます。

 

そこら中にセクシーウーマンだらけ。

 

マジで、目のやり場に困る!

 

 

 

でも、わたくしは。

 

アテンドさんの紹介なので、安心なお店に入れましたよ。

 

 

 

ソファー席に着くと・・・

 

ズラーーーーーーーーーーーーーーーってソファー席の前に並びます。

 

 

 

で、お店の方が

 

「誰にします?」

 

って。

 

 

「一人選んでください!」

 

って。

 

 

 

面接でもそんなことをずっとやってきて、夜もそんなことするんかーいって感じ。

 

もう、ムリ。

 

俺には、ムリ。

 

 

「〇〇(アテンド)さん、僕選べないっす!選んでください。僕は、誰でも良いっす」

 

って。

 

 

そしたら、

 

「これもマニラです。そして、経験です。ちゃんと自分で選んでください。」

 

 

一緒に同行した方は、サッサと選んでいく。

 

アンパンマン、僕に愛と勇気をください!!!

 

 

 

いや、もしかして自分はいい人ぶってんじゃねーか??

 

そんな疑問すら抱いた。

 

 

 

 

 

でも、やっぱ選べないので「日本語喋れる人?日本に来たことある人?その中で一番右側の人にしてください」

 

という、謎のオーダーを出して選びました(爆)

 

 

 

 

なんだかんだ、隣りに座ったお姉さんとは90分ほど楽しくお話をして帰りました。

 

 

安心してください、夜はお供していません!!

 

 

 

フィリピンはすごくバイタリティ溢れる良い街です。

 

ココロの置き方に悩みますが、人として考えさせられ、成長させてもらえた時間でした。

 

 

 

いつか、自分も慣れるのかもしれない。

 

それが、悪いとも良いとも思わない。

 

 

 

ただ、いっぱい挫折をしてきた自分としては。

 

選ばれなかった人の気持ちに自分を置き換えてしまう。

 

 

普段は、まーーーーーーったく意識はしていないが、こーゆー時だけ思ってしまう。

 

皆が笑える世界、皆が幸せな世界。

 

 

つまり、世界平和。

 

やっぱ、それが一番なんだなって思う。

 

 

てへ、なんてね♫

 

 

2018-12-04 13:17:34

フィリピン2日目「ココロやられました!」

テーマ:ブログ

さ、昨日の続きね。

 

2日目のフィリピン。

 

ホテルからスカウティング会場まで移動。

 

フィリピンってさ、渋滞すごくてねー。

 

 

ずっと渋滞Σ(゚д゚lll)

 

 

フィリピンの大通りを通って向かったんだけど、普通にスラム街がそこら中にあるんすよねー。

 

 

上半身裸の人多いし、自殺する気?ってぐらい平気で道渡ってくるし、車は平気で割り込んでくるし、プップーって簡単にクラクション鳴らすし、そんな大渋滞のところをバイクがするする抜けていく。

 

 

自分は絶対に運転できないと思った!

 

 

ま、そんなこんなで着いたよ。

 

 

桜日本語学校!

 

写真は、日本語学校なのに、日本食品卸商店(笑)

 

 

 

今回、日本から8社の募集があり、カワイローラ(株)は、男性スカウティンググループへ。

 

 

4社の合同面接会場へ。

 

合計6人の枠に40人弱の応募。

 

 

事前に、応募者の学歴、職歴、家族構成、適性検査、IQなどがぎっしり書き込まれた書類を読み込んでおく。

 

さらに、面接側から飲酒や喫煙の有無、海外渡航の有無などを聞いていく。

 

 

 

片言の日本語で自己アピールしてくる。

 

彼らの目はみんなまっすぐで、「日本で働きたいんや!信じてーな!僕を採ってーな!!!」って。

 

関西弁かはわかりませんが、そんな想いが伝わる面接、4時間。

 

 

本当にね。

 

全員採ってあげたい。

 

日本で、なかなかこんな真っ直ぐな目をした若者に会えない。

 

日本人がダメだって言ってるわけじゃないよ、フィリピン人の若者たちは必死だってこと!

 

 

文字通り、人生懸けて挑んできてるんだよねー。

 

それに圧倒される。

 

 

応募者の一人にね、こんな若者がいたの。

 

「小さい時に父親は失踪した。母親は若い時に亡くなった。今は、弟と一緒に暮らしている。」と。

 

月収2万円で弟を食べさせながら頑張ってる若者。

 

 

こんなん採用しない訳にはいかんやろ?

 

自分が助けてやるしかないやろ?

 

 

でも、適性検査(語学、数学力)は高くはない・・・。

 

そりゃ、そーやん。

 

生きてくだけでも必死だし、弟を食べさせるだけでも必死だよね。

 

勉強は二の次で、生きていくのが先決の人生を歩んできてる!!

 

 

同行したカワイローラ(株)の社長には、「採ってあげてや!」ってめちゃ言いたかった。

 

でも、皆、同じだ。

 

情で流された採用は、決してプラスは産まない。

 

自分だって、それはBPで経験してきたじゃないか・・。

 

 

グッと堪えて、時間を過ごす。

 

 

 

昨日もブログで書いたけど。

 

フィリピンは、労働人口層が溢れかえってる。

 

なのに、仕事がないんよ!

 

だから、悪条件で労働環境で働いてる。

 

応募者の9割は『月4日の休暇。月2〜2万5000円の月収(日本でいうと8〜9万円の価値)』で働いている。

 

なんとかしてあげたい!!

 

今は、何もできないけど、何かチカラになってあげたい!

 

そう思った。

 

 


 

 

4時間の面接を終えて、おそーいお昼ご飯。

 

フィリピン料理食べられるかなーなんて期待してたら・・・

 

 

ケンタッキーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

もちろん、フィリピンの若者には、日本ほど簡単に選択できない高めのランチになる。

 

あの子ら、お腹すかしてないかな?俺のチキンあげよっかな。

 

 

元々、小食なので食べきれないし、あげたかったけど、ダメだってさ。

 

まぁね、そりゃそーだよね。。。

 

自分は、こーゆーところが経営者として弱いんだろうな。

 

 

 

そんなこんなで、フィリピン2日目の面接は終えてホテルへ。

 

なんか、めちゃ疲れた。

 

 

 

面接しながら、自問自答した。

 

僕が、彼らと同じ側に並んだ時。

 

僕は、選ばれるのか?

 

 

 

僕は、たまたま日本人だった。

 

彼らは、たまたまフィリピン人だった。

 

たった、それだけの違い。

 

 

人に勝ちも負けもない。

 

人に優劣はない。

 

そう教わってきたが僕がこの日、目にしたものは優劣がはっきりした光景だった。

 

 

だからって、自分は何ができるのか?

 

余ってるお金をハイってあげたら解決するのか?

 

自分の日本での立場を譲ったら解決するのか?

 

 

 

きっと、違う。

 

いや、絶対に違う。

 

 

 

僕は、決めたのさ。

 

フィリピンと日本を繋ぐ仕事を創出することを!

 

今まで、やるって言ってきたことは絶対にやってきた!

 

継続できないものもあったけど、必ずやってきた!

 

だから、僕はやるよ!!

 

 

明日のブログで続きを書くつもりだけど、僕は僕のやり方でやるよ。

 

そんな二日目のフィリピンでした。

 

 

 

2018-12-03 19:02:16

フィリピン1日目の活動報告!

テーマ:ブログ

いやー、久しぶりのブログ更新になっちゃいました!

 

師走っすからねー。

 

まぁ、忙しっちゃ忙しいわけっす。

 

 

さてさて、先週27日から30日までフィリピンに行ってきました!

 

え?何しにって?

 

仕事ですよ、し・ご・と!!

 

 

遊んできたんだろって?

 

だーかーらー、仕事ですって!!

 

 

 

それを一つ一つ説明しましょう(笑)

 

フィリピンてね、最近人口1億人超えたらしいっす。

 

 

日本の人口比率と真逆のピラミッド!

 

もうね、町中若い人しかいない。

 

むしろ、高齢者探す方が難しい街だった!

 

 

 

で、フィリピンの平均給与は日本の約10分の1ぐらい。

 

物価は3分の1ぐらい。

 

つまり、皆が質素に生活しています。

 

なので、フィリピン人の多くは「日本で働きてぇー!!」って訳。

 

日本は労働人口がどんどん減少していってるので、「誰でも良いから働いてくれー!」ってことになっているので、どんどんん日本にフィリピン人が働きにきているんです。

 

 

今回のフィリピン出張は、そのスカウティングに!

 

BPんスカウトすんのかって?

 

 

いやいや、僕ちんね。

 

カワイローラ(株)の社外取締役でもあるので、それで一緒に同行。

 

今回は、その仕事に徹しながらも「ゆくゆくは、介護業界にフィリピン人を労働者として雇いたい!」があるので、その視察が主な目的でもあったんすけどね。

 

 

ブログに書き綴りたいことが山ほどあるので、今回は1日目の話だけ。

 

えっとね、1日目のPM11時にマニラ空港に着いたんだー。

 

だから、ホテルに直行だったんだー。

 

だから、何もなかったんだー( ;∀;)

 

 

 

ちょっと、旅行会社のミスでホテルがミスブックが起きて、良いホテルに泊まることになったんす!

 

 

ハイアットホテル!

 

広すぎだろ、この部屋!

 

自分ね、けっこービジネスホテルのあの狭さ好きなんすよねー。

 

 

ま、いーや。でね!

 

ホテル内に大きなカジノがあってね、たくさんの富裕層が遊んでいたよ。

 

出張前に片付けるべき仕事を徹夜でやりまくっていたので、眠くて眠くて・・・

 

コンビニでビールとお菓子を買って部屋で一人寂しく飲んだのさ。

 

 

日本で午前中ずっと仕事してて、空港までの移動のバスでずっと仕事して、空港に着いてからも仕事してて、飛行機の中でも仕事してた。

 

飛行機でビール飲んだらさ、眠くなっちゃって。

 

寝ようかなって思ったんだけど、横にいた香港人と思われる奴がね。

 

わたくしと同じMacBook Airでカタカタカタカタカタカタやってるから、負けるまいとやってたら、すんげー仕事してて、あっとゆー間にマニラについた(爆)

 

 

何をそんなに仕事することあんの?

 

って自分でも思うけど、仕事いっぱいあるんだー。

 

でも、楽しいんだケッコウ(笑)

 

 

 

さ、ビールを2、3本飲んで寝るかーって思ったんだけどさ。

 

 

フィリピン版のプリングルス買ったらさ、缶切りが必要であんのo(`ω´ )o

 

バカやろー!缶切り持ってるわけねーだろ!

 

 

でも、食べたい、食べたい、食べたーい!!

 

ってことで、部屋の中を探し回ったら・・・・

 

 

見つけたのさ、スプーーーーーンをね♫

 

 

そ、それで、ちゃんと食べられたよ♫

 

 

ってことで、がっつり仕事とスプーン探しで1日を終えましたフィリピンの1日目。

 

では、また明日。

 

2018-11-20 22:41:25

今日の学び

テーマ:ブログ

正解か正解じゃないかで判断しないほうがいい。

 

世の中にはほぼ正解はない。

 

 

良いか悪いかで考えたほうがいい。

 

自分がいいと思ったことをやろう。

 

 

今日の学び。

 

 

学んだけど、少し虚しさを感じながら立ち飲み。

 

 

 

 

2018-11-14 16:56:37

ただの愚痴

テーマ:ブログ

今月は、個別面談月。

 

全社員と3者面談を行います。

 

めちゃエネルギー使うんすけど、この面談が社員の成長に繋がっていると実感しまくりなので、自分の大切な役割だと思っている。

 

正確にいうと、「成長につながっている社員と全く成長につながっていない社員の二極化している」と表現した方が良いだろな。

 

よって、個別面談をやればやるほど社員間の実力差が拡がってくる。

 

 

 

昔は、「皆で、〜しよう!」や「一緒に、〜しよう!」が自分の中で美学だった。

 

もちろん、今でもよく使う言葉だが。

 

一人でも、一緒でも、皆とでも、やらない奴はやらない。

 

 

 

だから、自分は言葉としては等しく「皆で、〜しよう!」、「一緒に、〜しよう!」と言うが、求めない。

 

やらない奴は、平気で裏切ってくる。

 

だから、求めない。

 

 

 

成長は基本的に自分で気付き、自分で目的と目標を設定して動く人にだけ訪れるハッピー要素やと思ってる。

 

その目的と目標を叶える行動に少しだけ寄り添わせてもらうことが基本だと思ってる。

 

 

「あれがないから、できない。」

 

「やったんだから、評価(金銭的報酬)がほしい」

 

など。

 

社長として間違っているのかもしれないが、「自分が無能だ」と表現しているのになぁって思ってしまう。

 

 

仕事の報酬は仕事!

 

 

この本当の意味を分かっていない。

 

 

 

そこに気付いてほしく個別面談・個別評価で過去の3ヶ月を見直し、気付きから新たな目的と目標に動いて欲しく次の3ヶ月の課題を設定、共有していく。

 

 

3ヶ月に一度のルーティーンな面談だと思ってるやつは、どこに行っても結局環境のせいにする。

 

この3ヶ月に一度を社長と管理者から正確なフィードバックを受けて、自分のキャリアに繋げるんだと言うやつは、どこに行っても成長する。

 

 

 

自分の貴重な時間と労力を費やしてるのに、成長することを放棄してる奴のルーティーンな個別面談はアホらしくて仕方ない。

 

 

それでも、自分の目の前にいる人は自分を写しているのだろうから、自分も過去にそうやってきたのだろうし、自分の想いが伝わっていないのかもしれないと自己責任に最終的に落とし込んでいるが・・・。

 

 

ただ、どんどん社員間で成長の差ができてきてるのは事実だ。

 

BPも自分も、どの道を進んでいくのか問われてるフェーズなんだろと思う。

 

 

長々書いたが、ただの愚痴っす(笑)

 

 

2018-10-31 21:11:13

変わった人、一緒にやろう!

テーマ:ブログ

今後、セラピストの働き方は二極化すると思う。

 

 

一途に臨床・教育・研究など専門性を突き詰めていく王道

 

臨床+αで何か別のスキルも身につける道

 

最後に、フリー。

 

 

 

今回、フリーは置いといて。

 

前述の2つの道。

 

どちらも正解で、どちらも自分で決めるべきだと思うが、自分がどう生きていきたいかの話。

 

 

 

そして、それは個人単位だけではなく組織単位でも言われることだと思う。

 

 

で、僕たちBody Pioneerもどちらかに振り切ったセラピストがほしい。

 

  • IllustratorやPhotoshopを使用できるセラピスト!

 

  • Webdesignできるセラピスト!

 

  • プログラミングできるセラピスト!

 

  • アプリ作成できるセラピスト!

 

  • 出版部門DTP作業、編集作業できるセラピスト!
 
  • 他に何か特殊技能、スキルがあるセラピスト!
 
 
を、募集する。
 
新しいカタチ、新しいサービスは掛け算で創られると思ってる。
 
 
「私、〇〇で頑張りたいです!」って、言える人。
 
その〇〇は問わない。
 
一緒にやろう。
 
BP、来年、変わった人、一途な人、3名募集しています。
 

https://www.bodypioneer.net

 

 

 

是非!

2018-10-30 21:26:03

半田会長の想いを僕の言葉で

テーマ:ブログ

先週の土曜日にNPO在宅リハビリテーションを考える会の懇親会に参加して来ました。

 

懇親会には、PT協会の半田会長やOT協会の中村会長も来られており、熱いメッセージを頂きました。

 

geneの張本社長のご配慮もあり、半田会長と膝を突き合わせてお話しさせていただきました。

 

 

 

そんな中で、一番感じたこと。

 

半田会長は、本当に理学療法士の未来を真剣に考えてくださっている。

 

そして、その為に政界にも財界にも強いパイプを作り、私たちの代表として強く意見を述べていただいている。

 

ということでした。

 

 

ちなみに、僕はあまり人を信用しません。

 

特に、綺麗な言葉やキャッチフレーズなどを簡単に使うやつほど信用できない性格です。

 

そんな中で、半田会長のお言葉は震えました。

 

お酒大好きな自分が半田会長とお話しさせて頂いた時間はノンアルコールで前のめりで話を聞けました。

 

 

思うんです。

 

半田会長のメッセージを皆にも聞いてほしい。

 

半田会長がどれほど移動し、どれほどの圧力に耐え、ビジョンを持ってミッションを達成しようとしているのか知ってほしい。

 

 

2回目ですが、僕はあまり人を信用しません。

 

でも、半田会長の言葉に嘘はなかったです。

 

 

届けたい。

 

半田会長のメッセージを伝えたい。

 

しかも、僕の言葉で。

 

 

ボキャブラリーはないですし、文才もないですが僕の言葉で綴ることが半田会長の話を聞いた自分としては重要な役割ではないかと思いブログに書かせていただきます。

 

今、理学療法士をはじめリハビリテーション専門職の発言力は徐々にチカラをつけて来ています。

 

組織として一致団結したこともあり国会議員もいらっしゃいます。

 

誰が政治を行っても公平で公正な綺麗な政治であってほしいものの、現実としてやはり政治上で発言力を高めていくことは重要で、しっかり現状の問題点やリハビリテーション業界としてのメッセージを発信していく上で国政や地方自治体に議員を輩出していくことが大切です。

 

 

そんな中でリハビリテーション業界の発言を無視できなくなってきているにも関わらず、理学療法士のコンプライアンス意識の低さが政界でも問題になっているようです。

 

 

今一度、みなさん!

 

しっかり言葉として思い出してほしいです。

 

・そもそも理学療法士は開業はできない。

 

・「痛みを取る」や「変形を改善する」などの「治療」は医師の指示の下でなければできません!

 

・理学療法士という資格を名乗る以上、理学療法士法を遵守する必要があります。

 

 

みなさん、ご自身のSNS状に

 

上記の言葉を平気で謳う人の投稿を見たことありませんか?

 

そして、それに『いいね』つけていませんか?

 

今のご時世。

 

「やりたいことやれ!」や「他人の目を気にするな」といった風潮です。

 

僕も、その通りだと思います。

 

 

ただ、『法を守った上でやりたいことをやる』って当たり前ではありませんか?

 

『他人に迷惑をかけない上で、他人の目を気にしない』って前提じゃなりませんか?

 

 

同業者で医師の指示なしで『痛みをとりますよー!』や『疾患治します!』なんて平気で言ってる方達のせいで、『理学療法士法を守れてないやつ多いじゃねぇか』や『開業権ないのに開業してるってどういうこと』と理学療法士を一括りにして評価されている現実を知っていますか?

 

 

政界や財界で闘っている方達に泥を塗っている人が同業者でいるのです。

 

そして、その人たちは何も罰せられず、法律下でコンプライアンスを守っている真っ当な理学療法士に最終的に責任が問われています。

 

これって、本当に現実ですよ!

 

 

保険外サービスを否定してるわけではないです。

 

『予防事業』は理学療法士が声高に謳って良い『武器言葉』です!

 

この言葉を勝ち取った背景にだって協会の働きがあったの知っています?

 

 

保険外をやるなら保険外で許されているワードを使用する。

 

保険外で許されているサービスを提供する。

 

それでもどうしても『保険外で治療をしたい』なら理学療法士の名を名乗らない。

 

 

これをスタンダードにしていく必要ありません?

 

僕も友人に保険外サービスを提供しているセラピストがたくさんいます。

 

コンプライアンスを遵守して活動してる友人がほとんどです。

 

ですが、『保険外でやっちゃいけないサービス、謳ってはいけないフレーズ』を使ったら『いいねは押さない。無視をする。』という確固たる自分の意思を示す必要があると思っています。

 

 

「協会の働きって実際に何やっているか分からない」という方も、いまはそれで良い!

 

ただ、必死にリハビリテーションセラピストの未来を創ろうとしてくれている協会の邪魔だけはしちゃいけない。

 

その為に、もう一度『理学療法士法』と『作業療法士法』などのコンプライアンスを遵守することを徹底するべきだと思います!

 

 

 

2018-10-24 21:00:52

とんがってナンボ!

テーマ:ブログ
決めた‼️

15ヶ月以内に、コンサル会社作ろうと思う。

逆算して決めた数字。



現況では、BPとは、切り離して考えてる。



介護、福祉に特化したコンサル会社。

介護、福祉に特化したブランディングサポート!!

これは決めた!!


その為にも、自分ののビジョンを達成する!!

加速する!!



あー、スッキリしたぁ。




セラピストって、閉鎖的っていうより自閉的だよね。


もっと、とんがろー!

もっと、特化しよー!

やれる事、もとめられてること、もっとあんぞー!!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス