かわさき自慢の納豆!「カジノヤ」 | 川崎グルメぐり
新型コロナウイルスに関する情報について

川崎グルメぐり

かわさきグルメをイラストルポで紹介。雑記も。

川崎グルメぐり!

※さらに大きな画像はこちら

昭和21年から麻生区岡上の地で納豆を作り続けている「カジノヤ 」さん。
今や住宅地となったこの地は、以前大豆がよく採れていたので納豆製造を始めたそう。

現在では国内や海外(中国・カナダ)から12種類の大豆を仕入れ製造しています。
使う大豆は国内外全て残留農薬検査・遺伝子組み換え検査をクリアした減農薬大豆。
特に小粒大豆は、北海道や中国の契約農家が農薬や化学肥料にできるだけ頼らず栽培した、
安全で健康な大豆です。

また、国産大豆の納豆には、無着色で余計な添加物を使用しないカラシや、
合成添加物不使用のタレを添付するなど、安心・安全に力を入れています。

商品や衛生管理がしっかりされた工場は平成5年に優良施設の厚生大臣賞を受賞、
また、焼却時に有毒ガスが発生しない紙容器を採用するなど環境にも配慮しています。

そんな取り組みが評価され、カジノヤさんの納豆は、食品の安全に対する基準が厳しい
生活クラブなどの生協や、大地宅配、らでぃっしゅぼーやなどの食材宅配企業、
自然食品店などでも多く扱われています。

人気の秘密は安全だけではありません。
季節によって変動する大豆の給水倍率(水分を含む量)に気を遣い、
ふっくらやわらかに仕上がるよう食感を特に大事にしています。
また、創業時から続けている総桧造りの「石室炭火発酵」でしっかり発酵させ、
風味豊かな納豆を作っています(一部商品)。
(外壁は石、中は床以外は全て桧(納豆を入れる箱も桧!)の室で、
七輪に炭をたいて発酵させていました!)

納豆菌は低温時は活動休止していますが、暖かい所では活発に活動し、
発酵が進みすぎてアンモニア臭が出たり食感が悪くなるので、夏場の流通は特に気を遣うそうです。
家庭でも、食卓に出しっぱなしにはせず、食べる直前に冷蔵庫から出すのが、
おいしく頂くコツだそうです。

また、冷蔵では賞味期限がありますが、冷凍保存すれば何ヶ月も持つそうです。
解凍は過発酵を防ぐために冷蔵庫で。

♪お得情報♪
工場併設の直売店では、パックが変形したり大豆がはみ出たりした「訳あり品」が
お買い得価格で販売されています。
中身は正規品と変わらないので、普段使いに最適。
冷凍できるので、まとめ買いしていく方もいるそうですよ~

【DATA】
川崎グルメぐり!
株式会社カジノヤ
神奈川県川崎市麻生区岡上488-1   [MAP]
Tel:044-988-4577
川崎グルメぐり!
工場併設直売店「蔵の豆」
営業時間:9:30~18:00
定休日:なし
交通:小田急線「鶴川駅」徒歩12分

↓↓記事が参考になりましたら、クリックをお願いいたします!