みんな楽しいケーキ屋さん「ウィーン菓子工房 リリエンベルグ」 | 川崎グルメぐり
新型コロナウイルスに関する情報について

川崎グルメぐり

かわさきグルメをイラストルポで紹介。雑記も。


川崎グルメぐり!

※さらに大きな画像はこちら

新百合ヶ丘駅からお散歩気分で歩くこと12分。
静かで美しい街並みに、ひときわ目に付く森の中のようなピンク色のかわいい家。
ウィーン菓子工房「リリエンベルグ」さんです。

「楽しい気分でお菓子を作れる、お客さんも楽しめる店にしたかった」という店内外は、
花壇のレンガや緑の中にいる木製のトナカイ、チョコレートの型を使った看板、
そして店内のタイル画など、スタッフみんなで作り上げたものがたくさん。
それらを見ていると、とてもわくわくした気分になります。

店内に入ると、オーナーシェフの横溝さんが現地で学んだウィーン菓子を
ベースにした「横溝流」のお菓子でいっぱい。
ショーケースには、ウィーン菓子の代名詞「ザッハトルテ」や、
季節の旬の素材を使ったケーキが並んでいます。
生産者さんを訪問し、目と舌で確かめた厳選素材の風味を最大限に生かしたケーキです。
一番おいしい旬の時期しか使わないので、ショーケース内は1ヶ月も経つとガラリと変わります。
取材した時は、栗の風味がたまらない「モンブラン」や、
ウィーン版アップルパイ「アッフェル・シュトゥルーデル」、さつまいもやぶどうのケーキが並んでいました。

リリエンベルグさんでは、果実の色や味・香り、バターの香りをとても大事にしています。
風味に影響するのでお酒はほとんど使用せず、また余計なものは入れたくないと、
添加物類はほぼ使用しないそうです。
色鮮やかなコンフィや焼き菓子も、新鮮なうちに(香りが良いうちに)お早めにどうぞとのこと。
日持ちするものはつい安心して長く置きがちですが、作り手のお菓子に込めた想いを大切に、
おいしいうちに頂くようにしたいものですね。

ピンクの建物が出来る前にお店だった隣の山小屋は、平日限定のティールームになっています。
リリエンベルグさんのケーキをお茶とともにどうぞ。
ケーキにも使用している質の良いフルーツを使ったフレッシュジュースも頂けるそうです。
夏にはアイスクリームも登場するそうですよ。

川崎グルメぐり!
【DATA】
ウィーン菓子工房 リリエンベルグ
神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17   [MAP
Tel:044-966-7511
営業時間:10:00~18:00 
定休日:毎週火曜日、第1・第3月曜日
交通:小田急線「新百合ヶ丘駅」徒歩12分

【MENU】
ザッハトルテ 400円
リリエンベルグのロールケーキ 320円
アッフェル・シュトゥルーデル 400円
モンブラン 600円
ポルボローネ 5袋入り 550円
こぶたのマドレーヌ 160円
幸せを呼ぶフクロウ 160円
季節のコンフィ 700円~


※価格は2009年10月現在

↓↓記事が参考になりましたら、クリックをお願いいたします!