【ポンコツ】の必要性 | 毎日だんだん〜笑売繁盛日記〜

毎日だんだん〜笑売繁盛日記〜

ビストロ・バル だんだんのオープン前~現在までの日々を書いて行きまーす。

アマチュアのスポーツチームには

1人、2人は「ポンコツ」がいるもんで、

 

意外とムードメーカーだったりもする🤪

 

 

先日、とある野球の試合のワンシーンで、

 

試合の流れが変わりそうな場面で、「ポンコツ」の所に打球が飛びました😎

周りから見たら、「打ち取った打球」しかし、「ポンコツ」はスタートが遅い。

落下点には何とか入ったものの、見事なくらいにグラブをすり抜けた😳

 

おかげで、試合の流れは完全に変わってしまい、そのままゲームセット😑

 

当然、試合後に「ポンコツ」は責められます🙄

 

しかし、「ポンコツ」だって好きでエラーをするわけでは無い。

もちろん、それはみんな分かってる。

試合に勝つには、上手い人間が出場した方が勝てる確率は上がるが、

時には、大差がつき、普段出れない選手が出場出来る機会もある。

 

もちろん、先発メンバーだって、共に戦ってる仲間の全員を出場させたいと思ってる。

 

となると、「ポンコツ」を出場させるには、「大差」をつけなくてはいけない🤔

 

「ポンコツ」の為に上手い選手は頑張る。

(大差をつけようとする)

 

又、

「ポンコツ」は、チャレンジするが、ミスやエラーをする。

そうすると、他の連中も

「アイツがトライするなら、俺も!」

と触発させたり、

「俺が見本みせたる!」

などなどしてくる。

 

ザックリ言うと、これが、「ポンコツ」の必要性だ✨

 

もし、「ポンコツ」がいなければ、相手より1点多く取ればいいのだから、必要以上の無理はしなくなる。

 

つまり、そんなに頑張らない。

 

チーム力を上げるには、「ポンコツ」を何とかしてあげよう。

という、心理が働く。

 

 

これは、スポーツでなくても、プロジェクトチームにも言えるのでは?

「アイツ、ポンコツだから、ちゃんとチェックしないとね!👀」

とか。

「ちゃんと出来てるか確認しよう。👀」

とか。

 

一見、「ポンコツ」がいない方が、早く事が進みそうだけど、

そうやって、みんなで進もうとする所に「チーム力」ってのが育まれると思う😊

 

チームに1人くらい「ポンコツ」がいるとチーム力が上がるかもね。

条件は「愛されるポンコツ」だね。

 

でわでわ~✋