【爆売れ】商品の秘密 | 毎日だんだん〜笑売繁盛日記〜

毎日だんだん〜笑売繁盛日記〜

ビストロ・バル だんだんのオープン前~現在までの日々を書いて行きまーす。

とある、商品を営業しに来た営業マンとのやりとり

 

営業マン
「この商品東京で爆売れしてるんですよー」

「へー!すごいですねー!」
「こういうのが人気なんですね!」
営業マン
「そうなんです。メニューに入れてみてはどうですか?」

「そーですねー。ところで、【爆売れ】との事なんですが、
東京のどのジャンルのお店で、月間どのくらい売れたんですか?
そのお店の客席数は?だいたいでいいので、そのお店の客単価は?

営業マン
「。。。。。。。。」

 

別に、営業マンをいじめたいわけでも、詰めたいわけでもなくて、
(多分、上司にPOPだけ渡されて、「売ってこーい!」って言われたんだろうし。)

 

【爆売れ】の原因というか、根拠というか、そこを知りたかっただけで。。。


だって、漠然と「東京」って言われても、東京広いし。。。


ジャンルによっては、アプローチ違うだろうし。。。


【なぜ売れた?】がスッポリないし。。。


商品 「唐揚げ」だし。。。。。汗


ウチ、イタリアンだし。。。涙

 

まー、唐揚げだろうがイタリアンだろうが、それを売るのがプロだろー!

って言われたら、それまでだけど。。。

お店のコンセプトとか顧客のニーズとかあるじゃん?


別に、愚痴でも営業マンをディスってる訳でもないんだけど、


やっぱり、購買意欲って、お店に来店してくれるお客様にもその商品を仕入れる側にも
あるわけで。そのポイントズレるとヒットしないよね。

結局ベネフィット(その商品買ったらどうなんの?)ってのが大事よね。

結果、やんわりと丁重にお断りさせてもらいました。

 

でも、「。。。。。」ってなっちゃったから、

月間の出荷数とか、どういうジャンルでどのくらいの客単価のお店に売れたよーっとか、
一個あたりの原価とか、このドリンクを抱き合わせてメニューにしたら、客単価上がるかもですー!とか
提案したら、居酒屋さんとかは食いつくんじゃないの?

ってアドバイスしときました。(僕優しい)

要は、営業マンが「その商品を売りたーい!」

だけじゃなくて、

「この商品でこんな事できますー」とか、双方にメリットが無いとね。

自分だけ得しちゃいかんよ。って事でした。