以前より厚生労働委員会で、

遺骨の収集と遺族への引き渡し、

遺骨のDNA鑑定の実施を

求めてまいりました。

 

 

6月25日の全国紙において、

「沖縄・硫黄島・タラワ岩礁(キリバス共和国)の

戦没者遺骨をご遺族のもとへ」

という広告が掲載されました。

 

しかし、川田議員は全国紙ではなく

地方紙に掲載すべきだとして、

厚生労働省に要求ををした結果、

7月末までに沖縄の地方紙に

掲載されることになりました。

 

国会は閉会しておりますが、

閉会中審査で

遺骨の問題についても

審議していこうと考えています。

 

引き続き、

閉会中審査を開催するように

強く要求してまいります。

 

川田議員は、

「戦没者遺骨を家族の元へ連絡会」

の方と面談しました。

 

 

YouTubeライブ配信などで

戦没者遺骨の問題も取り上げ、

対談形式でお話をお聞きしようと

思っています。

 

引き続き、皆様からの御意見、

ご感想を頂ければと思います。

 

ゲストに呼んで欲しい方などおりましたら

ご連絡いただければと思います。

 

メールも一つ一つ読ませていただいています。

 

お問い合せをしていただく際は、

お手数ですが、お名前と

ご連絡先を必ず書いて頂きますよう、

お願いいたします。

(匿名希望の場合はその旨記載よろしくお願いします。)

 

ただいま、動画を

二つのYouTubeチャンネルで配信しています。

チャンネル登録とシェアをぜひよろしくお願い致します。

 

 

 

引き続き、

川田龍平参議院議員を支え頑張ってまいります。

以上、秘書Tでした。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍