本日(9日)の本会議で、

決算の是認審査と警告決議が採決されました。

 

 

川田議員は、

今回の決算の「警告決議」

のあることについて、

14年間の議員活動で、

初めて知ったことがあったそうです。

 

現在、党の行政改革部会長として、

決算の警告決議文案の作成過程に関わり、

そこで、

「警告決議は、

決算委員会の中で発言された

議事録から作られる」ということを

初めて知ったそうです。

 

「なんだそんなこと」

と思うかもしれませんが、

 

通常、他の決議案を作る際には、

委員会の中での発言内容から、

作るという作業はしていないのです。

 

来年以降、決算委員会で質疑に立たれる際には、

決算の警告決議に盛り込むことができるよう、

委員会での質疑(発言)内容に気を配ることが、

大変重要であると感じ、

恥を忍んで、皆様にお伝えしたいと思いました。

 

また本日の本会議では、

 

先週、金曜日に川田議員が

熱く反対討論した、

特商法改正案の

本会議採決がされました。

 

消費者を守るという立場からは、

預託取引の原則禁止など、

消費者庁が法案提出する前の内容には大賛成でした。

 

消費者団体も、弁護士会も弁護団も、

野党も皆が切望していた内容でした。

 

しかし、今回の改正法案に突如盛り込まれた、

紙による契約書の書面交付を、

特定商取引においても

紙を使わずにデジタルでの取引にしてしまう条文は、

 

消費者の利益どころか、

消費者被害、詐欺被害を助長、拡大する恐れのある、

大変、大きな問題であり、

消費者団体、弁護士会、地方議会など、

143団体が反対に回ってしまう、

大問題の法案になってしまいました。

 

川田議員は、

参議院での法案を修正できず、

全会一致の内容にして賛成できなかったことを

大変悔しがっており、

この法案への熱い思いが

伝わってきました。

 

しかし、衆議院で

2年の施行延期と

見直し時期を2年に短縮

することができました。

 

川田議員は、施工までの2年間で

法案の改正に取り組んで参ります。

 

 

ここで再び、オンラインイベントについての

追加のお知らせです。

 

明日(10日)19時から、

オンラインイベントを開催します。

 

内容は、ローカルフード法案の

進捗についてです。

 

ゲスト出演者は、

 

鈴木宣弘(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)/

印鑰智哉(川田龍平政策顧問)/

堤未果(国際ジャーナリスト)他、

を予定しております。

 

YouTubeライブでの放送になります。

 

19時になりましたら、Live配信いたします。

 

川田龍平参議院議員のチャンネル登録を、

是非とも、よろしくお願いします。

 

お知らせ

 

6月17日(木)夕刻にも

オンラインイベントを

予定しています。

 

是非チェックをお願い致します。

詳細は、またご報告させて頂きます。

 

 

引き続き、皆様からの御意見、

ご感想を頂ければと思います。

 

メールも一つ一つ読ませていただいています。

 

お問い合せをしていただく際は、

お手数ですが、お名前と

ご連絡先を必ず書いて頂きますよう、

お願いいたします。

(匿名希望の場合はその旨記載よろしくお願いします。)

 

ただいま、動画を

二つのYouTubeチャンネルで配信しています。

チャンネル登録とシェアをぜひよろしくお願い致します。

 

 

 

 

引き続き、

川田龍平参議院議員を支え頑張ってまいります。

以上、秘書Tでした。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍