川田龍平参議院議員は、

離島振興議員連盟に加入しています。

先日、離島振興議員連盟の総会に

出席してきました。

その際に思った事を語っていただきました。

 

 

日本には沢山の離島があります。
離島があるからこそ二〇〇海里や

EEZを維持出来るのです。

 

ですが、住んでいる人はどうでしょうか?

医師がその島にいるかどうか、

住んでいる人にとっては死活問題です。

例えば、沖縄の離島など診療所があるか、

沖縄離島マップというサイトで紹介しています。

地域の医師を増やす、いい手段ですね。

 

 

また、離島の診療所だけでは手に負えない治療も

ドクターヘリで組織を組んで行っている所もあります。

東京都では東京消防庁が、

その紹介をしています。

 

 

川田議員は、ドクターヘリだけでなく

情報共有のシステムを国内で組むだけでなく

他にも出来ないかと探っています。

 

医療のためには様々な進化を考える必要がある

川田龍平参議院議員は、

医療を届ける仕組みを考えて

皆様の暮らしをよりよくするよう

努力しております。

 

龍いのちを守る 参議院議員 川田龍平龍