みなさまこんにちわ

毎度お馴染み

秘書○🤓です。

最近は

「桜を見る会」の話ばかり

取り上げられていますが、

 

そんな話ばかり、

国会で話されているわけではありません。

 

本日、

全会一致で

「改正・外為法」が成立いたしました。

「原子力やIT(情報技術)など

安全保障上重要な日本企業への出資規制を強化する」法律です。

Twitterなどを見ていると、

本日の参議院について

エキセントリックな話題ばかりですが

きちんとした法律も成立しています。

このニュースも

日本経済新聞位しか

取り上げていませんが😥

 

さて、

本日の

川田龍平議員🐲の公務は・・・

素晴らしい動きが!!!!

 

ついに

 

「食の安全議連」!

発足準備のための

初会合が開かれました。

川田龍平議員

篠原孝衆議院議員。

田村麻美議員

徳永エリ議員

大河原雅子議員の5名が集まり、

最初の話し合いを行いました。

 

「食の安全でいのちを守る」は、

以前のブログでも取り上げましたが

川田議員の

10の公約の一つです。

川田議員🐲は

こう訴えています。

 

「日本政府は

アメリカからの要求で

農薬(イザマリル)を

添加物として許可したり、

食に関しても

押されっぱなしだ。

行政と消費者

両方に

正確な情報と

選択肢を提供し

食の安全についての

意識を高めてゆかなければならない」

 

TPP交渉の際に

アメリカの

バイオ企業群は

遺伝子組み換え食品規制や

食品表示規制を

撤廃することを望む

要求書を

提出しています。

(「日本が売られる」食の安全が売られる 参照)

日本はそれに合わせて

残留農薬も

添加物も

基準をどんどん緩め

「遺伝子組み換えではない」の

表示を出しにくくし、

ゲノム食品は

規制しない、などと

言っています💀

 

12/1には↑この本の3章に登場する

「MamasAcrossAmerica~

農薬に反対する母親たちの会」を立ち上げた

ゼン・ハニーカットさんも来日✈️

 

これ以上

アメリカに忖度して

日本の食の安全を

売るな!と

込み上げる怒り🔥で

海を越えた

連帯が始まります。

 

正しい情報を

国民に届け、

みんなが

安全な食品を

選べるように

 

川田龍平議員🐲は

これからも

全力で頑張ってゆきます🏃‍♀️💨

 

こちらの動きは

これからも

どしどし

伝えてまいります。

 

食を愛する

秘書O🤓も

全力でサポートいたします!

 

🐲いのちを守る参議院議員川田龍平&秘書O🐲