ミツバチを守ると社会が変わる | 命を守る参議院議員 川田龍平 公式ブログ

ミツバチを守ると社会が変わる

秘書○です。

 

本日は大妻女子大学で行われた

「食」と「農業」から子供を守り、

社会を変えてゆく事を目指すイベント。

🐝「Foods for Children」🐝

「食の安全でいのちを守る」を公約に掲げ、

永田町で「食の安全議連」を立ち上げた川田龍平議員と

食ビジネスをめぐる国政情勢を取材している堤未果さん夫妻が

来賓で参加しました。

 

食に関するセミナーは、

思っている以上の驚きの事実があるので

毎回楽しみにしています。

 

 

教室は満席でした。

最初は

「奇跡のリンゴ」でおなじみの木村秋則さん、

養蜂家ハニーさんでおなじみ船橋康貴さんの対談からスタート。

 

この二人のしゃべりは、

絞り出すような言葉の数々で、

聞いていると名言の連続でした。

 

「海外のある経済学者がAIに人類の未来について聞いた所、AIはこう答えた

『人間は、自然を超えられない』。

皆さん、子供達が健やかに育つ為に、大人が本気になって食べ物を考えて下さい。

一歩前に出た生き方をして欲しい」

 

「日本のミツバチを支えてるのは沖縄。沖縄が倒れたら日本の食が潰れるという事実は知られていない」

 

「元気が出る食材は楽しい楽しいといって作った食材。

 嫌々作った作物は、食べるとどんどん元気がなくなってくる」

 

「味を見れば、その作った人の人生が写し出る。

 木村さんが作ったりんごを食べると感動するのはそういうことです。」

 

聞いていて、目がウルウルしてしまいました。

ハニーさんこと養蜂家船橋さんは、

食料品を売っているお店に、社会を良くする力になってもらうために

ミツバチが健やかに住める社会を作るためのステッカーを

配布する活動をされています。

そのステッカーと川田夫妻と一緒にパチリ。

ハニーさん🐝「ミツバチのこと本に書いてくれて嬉しかった!」(堤さんに)↓

 

トークセッションでは、

おなじみ汐見先生や

自然欠乏症で注目を集める山本先生、

出雲大社のゆめの森こども園の前島先生。

「給食といじめ・非行・暴力の相関関係」を研究されている、

大塚貢先生などとのセッションがありました。

 

大塚先生自身の研究として、

大きな犯罪を犯した人の食生活、

学校生活、家庭環境などを調査しているそうです。

内容も衝撃的で、

情操教育の重要性を改めて教えてくださいました。

また機会があれば、ゆっくり聞きたいと思いました。

朝霧高原診療所の山本先生とパチリ🎥

 

食に伴う、驚きの報告。

 

これからも川田議員をはじめ、

子どもたちのいのちと健康を守るために、

無農薬の地産地消給食など、

食の安全の働きかけを

続けていければと思っています。

 

このように考えられる機会を作っていただいた皆様

本当にありがとうございました。

また、今後色々な地方でも開催されるようですので

機会があれば、

また川田議員とともに訪れたいと思っております。

 

🐲いのちを守る参議院議員川田龍平(秘書O)🐲