スタンプラリー2011『松綱編』 | もっと着物を楽しもう!  かわちや店長着物ブログ
2011年10月31日(月)

スタンプラリー2011『松綱編』

テーマ:産地


先日のスタンプラリーでお邪魔した『松綱』さんは江戸小紋のメーカーさんです。




江戸小紋の用途をおさらいしますと、基本的には小紋ですが、江戸時代に武士の裃などに使われたことから、江戸小紋三役と呼ばれる柄(鮫、角通し、行儀)は色無地などと同じように紋を付ければ準礼装として着用することができます。




でも、江戸小紋の本当の魅力は、いわれ柄といわれる柄です。


例えば、大根とおろし金の柄の意味は、大根がどんな食べ方としても当らないことから、当らない役者(大根役者)、おろし金は大根をおろす、つまり大根役者が役をおろされることから(役者にとっては縁起のいい柄ではありませんが・・・)、厄落との意味が込められている柄です。




江戸小紋は柄が細かく遠目には無地に見え、一見おもしろみがないですが、近くに寄ってみるとこんな面白い柄が隠されていて、とっても粋です。






さて、先日のスタンプラリーでお邪魔した『松綱』さんは江戸小紋のメーカーさんです。










もっと着物を楽しもう!  かわちや店長ブログ


江戸小紋の柄の型紙を掘るための道具です。

もっと着物を楽しもう!  かわちや店長ブログ




もっと着物を楽しもう!  かわちや店長ブログ


職人さんが一つずつ手作業で染めていきます。

もっと着物を楽しもう!  かわちや店長ブログ




もっと着物を楽しもう!  かわちや店長ブログ


松綱さんの柄数は5000種類にも及ぶそうです。






これらの商品は11月19日からの展示会にてご紹介いたします。



落合ほたる展



11月19日~21日

河内家店舗にて



江戸更紗、江戸小紋、東京友禅の作品が一堂に集まります。

もっと着物を楽しもう!かちゅうあんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス