9/27(日)から10/5(月)まで、書家で友人の佐藤華炎さんの個展

「The Blue Egg たましいのかたち」が中本誠司現代美術館で行われます。

個展会場にて、佐藤華炎さんの書パフォーマンスと

わたくし川村かなえのクリスタルボウルサウンドの

コラボパフォーマンスライブを行います。

 

た。ぜひ華炎さんのほとばしる青い魂たちをご覧いただきながら、

秋の夜長のコラボレーションライブをお楽しみください。

 

ライブは入場無料、定員15名、予約あり。

ライブご予約は各出演者もしくは中本誠司現代美術館までお早めにどうぞ。

 

また、会場では華炎さんとのコラボCDBookも販売再開いたします。
ブックを眺めながら味わってほしいセットです。

1冊2000円、ご希望の方は送料370円にてお届けも可能です。

 

■佐藤華炎個展~The Blue Egg たましいのかたち~

期間:2020年9/27(日)~10/5(月)11時~19時(最終日18時)

会場:中本誠司現代美術館 https://www.seishi-nakamoto.com/

 宮城県仙台市青葉区東勝山2-20-15/ 022-272-7100

 

 

 

10/3コラボレーションライブ(18時より 定員15名・予約あり)

また、この模様は「癒しの響き~キャンドルの灯火とともに~

Blue Candle & Crystalbowl Sound Action」October」として

配信を予定しています。配信については以下をご覧ください。

 

----------------------------------

 

癒しの響き~キャンドルの灯火とともに~

Blue Candle & Crystalbowl Sound Action」October

 

10/3(土)は「佐藤華炎個展」開催中の中本誠司現代美術館より

書とクリスタルボウルサウンドのコラボレーションパフォーマンスをお届けいたします。

ゆらゆら揺らめくあたたかなキャンドルの灯火とともに、

水晶の楽器「クリスタルボウル」の極上な響きを添えて。

カラダとココロの安らぎを求めている皆さま方の元に、

心満たされる光と音の世界をLive stream でお届けします。

どうぞゆるやかな時間をお過ごしください。

■日時

2020年10月3日(土)18:00ごろより

■Live stream URL

https://www.facebook.com/www.freeplanet

■配信会場

佐藤華炎展「The Blue Egg たましいのかたち」

中本誠司現代美術館 (仙台市青葉区東勝山2-20-15)

※会場でも直接ご覧いただけます(定員15名・予約あり)

※個展は9/27(日)~10/5(月)開催

https://www.seishi-nakamoto.com/

 

【Calligraphy Performance】書家 佐藤華炎

筆の種類や使い方を探求しながら、墨の滲みを生かした作品や、金・銀・アクリル絵具などを組み合わせた墨の表現をしている。個展開催のほか、グループ展の出展、パフォーマンス、書のワークショップなどの活動を行う。

2008 初個展 「aqua」 (ギャラリー杜間道) 2011 「海の記憶」以降 自作詩による書作を始め、近代詩文書と墨象およびその組み合わせによる作品を発表。

仙台市在住。 https://www.instagram.com/kaensato/

 

【CrystalBowl SoundPerformance】クリスタルボウル演奏家 川村かなえ

長年「音とからだとこころ」に携わってきた実践経験を元に、ひとつひとつの存在の音を尊重しながら、その世界は「命の音」「水の音」「地球の音」「空(くう)の音」と称賛されている。30年以上に渡る音活動を通じ、声やさまざまな音と身体を用いたプライベートセッションやワークショップ、コンサルテーションなどを国内外のクライアントを中心に行いながら、からだとこころと世界の音を聴き続けている。

 

【キャンドル提供・製作】
キャンドルとこだわりのぬくもり雑貨のお店 Lamp Of Hope


オリジナル/輸入キャンドルと関連インテリア雑貨を中心に、ビンテージ家具、つる細工など、日々の暮らしの中で癒しやぬくもりを感じられるインテリアをご紹介しています。
http://www.lampofhope.com/

 

後日、配信のダイジェスト版を以下に掲載予定です。

https://www.youtube.com/FreePlanet888

■配信主催:Free Planet

HP: https://www.freeplanet888.com/

■共催・後援:Lamp of Hope、ink blue

■助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団